nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
山ランは難しい
以下は、あくまでもnaoさんの所感ということで...

ロードの場合、例えば30㎞走をキロ5分でと思っても、調子がイマイチの場合、ペースを落としせば走りきれることが多い。
ところが、山ランの場合、調子が悪かったら、ペースを落として走りきるというのが出来ない。ダメだと思った後は、平地どころか下りも歩きになってしまう。文字の通りの”撃沈”である。

ダメならダメなりに走れるはずだけど、歩くのも苦痛なのである。これが不思議?
とくにハセツネコースの場合、2回に1回はダメで途中敗退である。先日、撃沈した時は、浅間峠までなんとか辿りついたが、5時間21分もかかってしまった。その時に撃沈したのは入山峠からすぐのところ。
だいたい撃沈する場合、入山峠先までなので、その点では救われる。戻るのが下り基調で楽だからね。でも、それでも戻るのに四苦八苦してしまう。
土曜日は早くも今熊神社先でダメになりなんとか今熊山まで登ったが、それからの帰路は長かった。7/2(日)は広徳寺で引き返した。その時もわずかな距離の武蔵五日市駅まで戻るのが大変だった。

昨日は、一昨日の撃沈だったので、ビビりながらの日の出山〜御岳山行きだった。日の出山をチョイスしたのは、今まであまり撃沈がないということと、撃沈しても下り基調だからである。
結果、前日とは別人のように3時間18分ほど走れた。なんだかなあ、さっぱり分からん。

コースやタイムに縛られずに、もっと楽しく山に行こうよ...と思うし、言われることがある。57歳のおっさんの行動とも思えないしね。でも、まっ、いいじゃない。

やっぱり今熊山辺りでぶらぶらしているのが、性に合っているようである。それ以上は1mも入山峠方面へ行こうとは思わない方がいいようである。
c0206177_15592694.jpg

モヤモヤな天気、モヤモヤな気持ちである。

# by nao-yamaniiku | 2017-08-21 21:41 | トレイルラントレーニング | Comments(0)
日の出山ラブ
c0206177_20524645.jpg

昨日はまるでダメ。そうなると体調も悪くなる。なので昨夜はさっさと寝た。超早で起きるためでもある。

思惑通り3時に目覚める。が、休んだ方がいいかなあと思った。だけどワンコの散歩をするうちに少し気持ちが入ったので、五日市に向けてクルマを走らせた。たまにはワンコ達もいいことをしてくれるよ。

用事があるので、9時までには戻らないとならない。なので日の出山へ。その先は体調次第。日の出山の途中で戻るかも知れないし。なにせ昨日は下りも歩きだったからね。

武蔵五日市駅をスタートする。
ナイトランをした帰りのグループに会う。楽しそう... その後、山で2グループとすれ違った。
c0206177_20524783.jpg

五日市会館を通り過ぎる。ロードは問題なし。金比羅山に向けて走る。心拍数に気をつけながら走り続ける。まだ、薄暗い。
橋を渡る時に今日は大丈夫だと思った。でも、体調は分からないので、心拍数はずっと気をつけた。
c0206177_20524712.jpg

気温は高くないが、汗でびっしょり。
走りながらホッとしたよ。今日もダメだったらねぇ。救いようがないからね。
c0206177_20524829.jpg

日の出山直下の木道は目が回るよ。
c0206177_20524899.jpg

武蔵五日市駅から日の出山までは1時間28分だった。まあ、いいだろう。

3分休んで御岳山へ向かう。
19分で御岳山へ到着。参拝する。実は2年ぶりかな?

折り返すが、時間も迫って来たので日の出山は巻いた。

今日の下りは昨日の雨で多少ウェットだけど、なかなか良かった。転びそうになることもなかった。
御岳山から五日市会館まで1時間14分で到着。
さらに駅までジョグ。

駅はちょうど電車が来たようで、ランナーも多かった。8時過ぎで昨日と同じ時間。でも、今日は堂々と出来たぜ。
c0206177_20524913.jpg

久しぶりにけえこさんと遭遇。ソロで浅間峠、あるいはその先までだって... 強えなあ。
c0206177_20524932.jpg

ピストンだとミミズみたいな線で、あまり面白くないな。

その後は岩槻まで行った。夕方になって疲れがドッと出たさ。
日の出山はいつも撃沈しなくて優しいなあ。それに比べてあいつら(今熊山、市道山、醍醐丸)はバカヤローだぜ。
# by nao-yamaniiku | 2017-08-20 21:30 | ハセツネ試走 | Comments(2)
不調...
今日もダメ。
浅間峠ピストンなんて思っていたが、今熊神社からの登り10mで立ち止まってしまう。ダメだこりゃ。どうも力が出ない。
一応、今熊山まで行くが、それが精一杯。下りも歩き、立ち止まったり。眠くもなって、ボーッとした。

武蔵五日市駅まで戻って来てもまだ8時頃なので、これからスタートするランナーが多数。恥ずかしいので下を向いていた。見ようによっては、一晩山に入って来たとも思える。でも、ドリンクボトルは満タンだからね...

武蔵五日市駅始発だったので、自転車で昭島駅まで行った。テロテロと自転車に乗っていたら、昭島の体育協会会長のタマ先輩に会っちゃった。ちょっと恥ずかしく言い訳もおかしなことを言ってしまった....

家に戻って寝た。
起きてから30kmほど気分転換にバイクに乗った。でも、どうも頭がだるい。
いろいろ思うこと、思ったこともあるけれど、今日は調子が悪いので、もう、寝るわ。
c0206177_19485975.jpg

このキノコ、最近FBでみんな写真撮ってるから、マネ。

# by nao-yamaniiku | 2017-08-19 20:35 | ハセツネ試走 | Comments(0)
駅伝マン
c0206177_09182542.jpg

『駅伝マン』著者アダーナン・フィン。この本は2015年11月に発売された。
ランナーのくせに、マラソンや駅伝にはあまり興味がなく、オリンピックのフル、箱根駅伝などは見ず。自分の走りとは違う世界のお話だし、人様が走るのを見ても面白くない。長時間だしね。TJARやUTMB、MFの動画も興味なし。ランニングレースで観るのはトラック種目1万メートルまで。

なのでタイトルの本は自分が買うはずなく、借り物である。2016年の春、脳疾患で療養中に何冊か借り貰いした?本のうちの一冊だった。
当然、もともと駅伝に興味は無いので読むつもりはなかった。でも、通勤電車で読む本がなく、片道だけでも繋ぎでと思ってカバンに入れた。完読するつもりはなかった。

ところが最初から夢中で読んでしまった。もっと早く読めば良かったと後悔。タイトルだけでは本の価値、内容は分かるものでない。

著者のイギリス人、アダーナン・フィン氏に駅伝のことを、日本の長距離界と世界の常識、走り方... そして、日本のことを教わったよ。
彼は外国人のため、変な配慮は必要なく、日本の長距離界の有名人に対しても思ったことを記述している。この本は日本人では書けなかったと思う。

良く見れば出版社は早川書房だった。初めから出版社が分かっていれば、翻訳本のスペシャリスト版元なので、単なるスポーツランニング本ではないことが、分かったはずである。失敗... でも、読んで良かったよ。

日常的に本を読む習慣のあるランナーには超オススメである。
# by nao-yamaniiku | 2017-08-17 22:12 | 最近のこと | Comments(0)
雨が続く、ランも続く
8月は17日連続の雨で、記録更新中だという。
この時期、ピーカンの外回りはシンドイけれど、時折、激しく雨が降ったりするのも困ったものだ。昨日の昼過ぎなんて、カサは役に立たなかったよ。

だけど走るのと寝るのには絶好の天候である。気持良く走れ、睡眠時間は短いがぐっすり眠れる。そのせいか連続トレーニングはひと月を超えている。
昨日も今日も走り出しは、Tシャツ+ランパンじゃ、肌寒いぐらいだったよ。しかも夏至から2ヶ月近く経ったので、5時ぐらいは薄暗くなった。もう、夏じゃない感じである。
だけど、そんな気候なので、感じるペースよりキロ30秒ぐらい速い。秋のランだね。
今週いっぱいはこんな天気が続きそうなので、ランニングは続けてみるよ。

困っちゃったのは、先日の撃沈ハセツネ試走。本当は上手く走って、また、今熊山に通おうかと思っていた。ところが、まるでダメな走りだったので取り返そうと企んでいる。
精神的に強い人は、ダメでもなかったことにして、次に進める。ところが脳疾患に現れているように、常に気持ちが揺れているnaoさんは、次に行けないのである。
この場合、またヤラレてだんだん自信が無くなるのがいつものことである。
c0206177_20122012.jpg

まあ、そうは言うもののまたコースに入るよ。日曜日は仕事があるので土曜日しかない。全部は時間的に無理だけど... 次週の週末は予定が立たず。休みがないかも。可哀想過ぎるのである。
せめて土曜日は、この天気が続けばいいが...
# by nao-yamaniiku | 2017-08-16 22:19 | 最近のこと | Comments(0)
8月15日
記念日というのに違和感があるけど、終戦記念日である。戦勝国では9月2日のミズーリー号での調印が第二次大戦の勝利日としているよう。

戦後72年が過ぎて、世間的には徐々に記憶が薄らいでいくようである。6日の広島、9日の長崎の両原爆投下の日も東京での扱いは少なくなっている。

20代、30代の頃より先の大戦の知識を得ようとしている。毎年、この時期は戦争に関する本を読むのが定例となった。知らなかった、知らなければならないことを教わらないとね。

50歳も後半になり、自分のゴールが遠くに見え始めると、子供達や孫世代の将来のことを考えてしまう。末長い人生を堪能してもらいたいものである。
c0206177_07190378.jpg

今年は、人気作家の西村氏が書いた戦争体験の本を買った。西村氏の本はもう何年も読んでいないが、当時15歳の少年が経験しなくていいような体験をする様は、同じ日本人として考えさせられるものがある。

何にせよ、当時の日本のリーダーは国民のことを考えて戦争をしたとは思えない。他国の人も多数殺害した。アメリカのリーダーは、日本の国民を人間と思っていなかったに違いない。だから原爆の投下が出来たのだろう。
異常な時代からまだ72年が過ぎただけである。周辺を見渡せば、恐ろしいことでいっぱいである。

もしもの時があったら、若い未来ある若者の代わりに、オレが盾に...と思ってしまうなあ。



# by nao-yamaniiku | 2017-08-15 22:07 | 最近のこと | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
山ランは難しい
at 2017-08-21 21:41
日の出山ラブ
at 2017-08-20 21:30
不調...
at 2017-08-19 20:35
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ