nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ハセツネ事務局にもの申す…
ハセツネ30kは17㎞の短縮レースになり、本日、グリーンフェスティバルも終了した。これでハセツネ30kはすべて完了。

何も言わないつもりだったけれど、たまにはオヤジの文句も言わせてもらおうかな。文句と言うか『へぇー、そうなの?』という疑問かな。

今回は、前週に降った雪が積もった。そして、レース2日前の金曜日にも雪が降った。コースはさらに積雪したようである。
大会関係者、選手の誰もがコース状況を知りたかったに違いない。雪がはどれぐらいあるのか、レースは開催されるのか?

自分は今回、レーサーでなく伴走者として参加が決まっていた。試走は続けて、パラアスリートと一緒に走ってはなかったけど、なんとなくイメージはつかんだと思う。
だけど、この降雪で事情は変わった。心配だった。果たしてきちんとエスコート出来るか。sasashinさんと相談して土曜日にコースに入ることにした。

でも、これはリスキーなことだった。伴走するパラアスリートは30歳である。伸び盛りのワカモノなのだ。昨年は5時間50分ほどのフィニッシュのようだが、年齢的に1、2時間の短縮は可能である。自分も下手に疲れて、パラアスリートについて行けないなんてことになったら本末転倒である。
だけど、結局、コース状況の確認の方が勝った。

この時の試走はブログにも書いた。

武蔵五日市駅をスタートしたのは、10時半と自分としては遅かった。当然、関係者が山に入っていると思っていた。実際、北沢峠に向かっている時に、10台以上の大会関係者であろう車とすれ違った。てっきり山に入った帰りだと思った。

だけど、北沢峠からの峰見通りは、人が通った形跡はなかった。10kポスト手前から第1関門まで6kmほどは、10㎝~15㎝の積雪が続いた。
雪だからね。足跡があるかどうかは、このマヌケなnaoさんでも分かるよ。
雪のトレイルに足跡はなかった。

不思議だった。なぜ大会関係者はコースに入らないのだろう。積雪があろうがなかろうが、レース前日にコース確認をするのは、当たり前だっと思っていた。いや、自分が通った後にコースに入ったか。でも、それじゃ遅すぎる。コース短縮の情報をsasashinさんから聞いた時は、まだ入山峠に向かったいる最中だった。
なので大会関係者は、少なくとも全部コースに入らなかったに違いない。

でも、ただ一ヶ所、『醍醐丸0.8㎞』の道標のある手前、300mほどから15kポストまでは1人の足跡があった。でも、15kポストから第一関門の下りまでは足跡はなかった。FBの動画はその時の模様である。足跡の主は大会関係者でなかった可能性の方が高い。

コース短縮は降雪の影響でなくて、盆堀林道の法面の崩落だと思った。実際、通った時、これは危ないと思った。
c0206177_21084910.jpg
だけど、ハセツネHPのインフォメーションは…
(ハセツネ30kコース短縮とプログラム変更のお知らせ)として
『3月31日と4月1日までの降雪と4月1日に発生した盆堀林道の八王子側で発生した法面の崩落によりコースを短縮して開催をすることを決定しました…』とある。
(『発生』がダブっているけど原文のままです)
『降雪』って書いているが、全部、確認してないだろう。

大会関係者は、腕に、いや足に覚えのあるトレイルに慣れている人がたくさんいるはず。頼めば何人、何十人もコースに入っただろう。また、いつか大会前に降雪があるかも知れない。後学のために入れば良かったのに…

日頃、映画やTVで観たことがあるような会議室で決まる仕事が多い自分である。せめて、ハセツネぐらい現場主義を貫いてほしいな。
c0206177_21084645.jpg
ここは峰見通の例の開けている降り。初めてここを通る人はどこが登山道か分からない様な状態だった。
自分は、ここを尻もちつきながら降った時、こりゃ、ダメだと思い、レースは中止になると思ったよ。



# by nao-yamaniiku | 2017-04-08 21:46 | ハセツネ徒然 | Comments(6)
春本番
今が春と言うのだろうなあ。5月の連休は夏と同じ暑さだからね。

今週は、疲れているのか、腰から背中が重たい、凝ってる。右膝のお皿の上?お皿の下か?指で押されているような痛みがつづく。
ちょうど桜も咲いているので、ゆっくりと花を見つつのランである。でも、まだ、今朝は寒かったし手は冷たい。日中の暖かさからすれば、もう少し暖かくなって欲しいものである。ジャケットや手袋、バフは外せない。もっとも他の人に比べればひ弱だからね。
日中は暖かいが夜は風が吹いて少し寒くなった。でも、明日の朝の寒さは和らぐかな。

今朝も多摩湖自転車道から野山北公園の10kmほどのラン二ング。キロ6分20秒ぐらいのペース。
早朝にウォーキングする人が多くなって来た。ランナーもね。
暗いうちのランが終わって、明るい中でのランになる。冬は孤独で自分と向き合うようなランニングだけれど、春から夏は賑やかになる。自然と気持ちも弾んで来る。
c0206177_08193060.jpg

c0206177_08193191.jpg
今日は制服姿や入学式仕様の学生たちが大勢いた。どうやら学校が始まったらしい。子供が成人になったので、さっぱり分からないのである。会社で聞いて情報収集である。

春なんだなあ...
地元の桜、カタクリも見頃を迎えて来た。だけど、夜や早朝より、やはり花は昼間に見るものだ。花が映えるよ。
c0206177_13133119.jpg

# by nao-yamaniiku | 2017-04-06 22:01 | 最近のこと | Comments(0)
花見週
せっかく日本に住んでいるので、春になったらお花見をしないと。

昨夜は、2年ぶりに夜桜見学。昨年は不調で夜桜どころではなかった。
c0206177_08251346.jpg

c0206177_08251314.jpg

ここ数年話題の目黒川へ。
まだ、満開ではないが、中目黒駅からの人は初詣のような混雑ぶり。人気スポットなのですね。
このエリアはおしゃれ。日本酒なんぞ飲んでる輩はいない。というか屋台で売ってない?みんなワインだよ。ワインだらけ。酒を止めた自分からすれば、別に花見だからと酒を飲む必要はないのに、と強がり。

池尻大橋駅まで歩いて、そこから電車で半蔵門駅まで行く。夜桜鑑賞のハシゴである。
c0206177_08251459.jpg

c0206177_08251552.jpg
千鳥ヶ淵の桜。
ここは大人の雰囲気だね。
しかし、皇居から流れて来たと思われるランナー集団が目についた。こんなとこ走るなだよ。一緒にいた人が『暴走族だな』と言っていた。おおっ、うまい。その通りだ。

そこから靖国神社へ。今夜は催し物があるようで18時で閉門になっていた。
写真はないけれど、オヤジ軍団ばかり。これがニッポンの花見だよなあ。
c0206177_08251531.jpg

c0206177_08251603.jpg

c0206177_08251638.jpg
今朝は、野山北公園のカタクリを見に行った。今年は、花数が少ないように思える。
c0206177_12563754.jpg
昼は春の暖かさになり池袋のさくらは満開に近くなった。
都内は今週、わが街は来週までが見頃かな。
だけど、いい季節はすぐに過ぎ去るのだよなあ。

# by nao-yamaniiku | 2017-04-05 21:48 | 最近のこと | Comments(0)
さて次に進もう
さてさて、ハセツネ30kが終わった。
伴走をして偉いなんてみんなから言われたりするが、偉いというか、凄いのは一緒に走ったパラアスリートの方である。彼からはいろいろ教わったよ。

とにかくこの2ヶ月ほどは、伴走という初体験をこなすこと、そして100マイルの練習のため、ハセツネ30kのコースに通い続けた。前にも書いたけど、このコースは、初心者用、あるいはロードが多くてトレイルランではない、そもそもつまらないコースという意見が多い。でも、自分的には、きつくトレーニングになるコースだと思っている。毎年、春の練習コースとなる。

これからどこを練習場所とするか? 昨年秋にFT50kのコースに通い続けたように彩の国100マイルのコースに入るべきか… 

今後の予定は4月は名栗、OTKとレースが続く。もちろん、ロング山対応に身体を持っていかなければならない。だけど、今のところイマイチな感じ。昨年の病気をまだ引きずっている。長時間練習もしたいが、あまり無理をしない方がいいだろう。
病気を再発させない、身体の疲労を抜きながらというトレーニングを続けるしかないかな。

目標のトレニックワールド彩の国100マイルまで、あと7週間となった。さて、どうするか?と考え中である。
c0206177_18460815.jpg
夕方は天気が悪くなっていつものように寒くなったが、日中はお花見の気候になった。あとは、早朝が快適な温度になることだ。


# by nao-yamaniiku | 2017-04-03 21:47 | 最近のこと | Comments(0)
ハセツネ30k2017年レース
c0206177_12400055.jpg
パラアスリートの伴走をsasashin女史から依頼があったのは、ハセツネ30kのエントリー費が高くてエントリー出来ず、『やめた』と呟いた頃だった。だったら伴走をと言われだが、当初は自信がなかった。やったことがなかったので、イメージがイマイチ分からなかった。
それでも、一歩間違えば介護が必要な身体になっていたので、元気なうちに少しでも役に立てばと思った。
聞けばパラアスリートは、自分の長女と同じ年代である。同じ時代に子育てをしたご両親の代わりに頑張ってみるか。

kouさんに送ってもらい会場へ。伴走するパラアスリートとそのご両親にご挨拶。sasashin女史から"伴走"のビブを受け取ったら緊張してきたぜ。
c0206177_12400164.jpg
先ずは、すでにスタート最前列に並んでいる強者達と挨拶。といっても昨日も会ったけど... 見城語録さん、昨日はガーミンの最新のが当たったみたいで上機嫌のよう。羨ましい...

伴走は、8回の試走で勝手にシュミレーシュンをしていたので、ちょっぴり自信があった...
ところが、スタートしてからの彼の速いペースに早くも『そんなあ...』と行く先に不安を覚えた。30歳の若者の瞬発力は目を見張るものがある。4kmぐらいでようやく落ち着いてくれてホッとした。
c0206177_12400149.jpg
コース変更で林道を入山峠まで。そこからゴールまで下り基調という17kmの短距離戦である。

いいペースで走っていたけれど、入山峠まであと2kmぐらいで歩き出す。まあ、仕方なし。
ここからはボイスモード。いろいろ話したが、特技や資格をいろいろと持っているようで、自分なんかより、よっぽど上である。障害を持つ方の努力は、われわれ健常者の比でない。なるほどと教わることの方が多い。
c0206177_14583126.jpg
手前で渋滞。入山峠まで20分かかり通過はスタートから1時間20分ほどだった。
c0206177_15004032.jpg
入山峠から先も数珠繋ぎ。いつもは立ち止まって景色を見ることがない場所で周囲を見渡し、なるほどこんなになっているのか、と思ったりした。たまにはのんびり山歩きもいいかもね。
でも、下りに入ると前が空き始める。彼は下りの段差が苦手なよう。声をかけながらゆっくり進み、所々で後ろの選手に先に行ってもらう。
c0206177_14585068.jpg
無事に変電所に出てきた時はホッとした。ロードは得意のようなのでスピードアップ。というかインターバル的な速さでごぼう抜き。ついて行くのがたいへん...
山へは1人で行けないという制限があるけれど、これから力をつけて行くだろう。来年は伴走どころでないかもね。
c0206177_18202672.jpg
今熊山への登り。マラソンモンクさんより(サンクスです)


フィニッシュは2時間37分ほどだった。
なかなか勉強になった。こういう機会を与えて頂いて感謝です。でも、フルコース走ってみたかったなあ。
c0206177_15410371.jpg
暖かくなると春になる.

# by nao-yamaniiku | 2017-04-02 15:41 | ハセツネレース | Comments(3)
ハセツネ30k試走2017年8回目
ハセツネ30kの試走も8回目となった。
野暮用を済ませてから武蔵五日市駅を出発したのは、10時半過ぎとnaoさん的には遅いスタートになってしまった。

小雨の中走る。雨はすぐに止むと思ったが、結局、今熊山手前まで、雨・雪だった。レインウェアを持たないというリスク管理ゼロな奴なのである。

北沢峠までは、明らかにハセツネの関係者であろう車が10台ぐらいすれ違った。ハセツネの前日だし雨も降ってるし、恥ずかしくて下を向い向いたのは、相変わらずのチキン野郎である。
北沢峠までは1時間11分。まあ、こんなもんだろう。
c0206177_21084512.jpg

ここから木々の葉についた雪が粉雪のように落ちてくる。やはりレインウェアを持たないのを後悔して、途中で引き返そうと思った。寒いし。だんだん雪になるし...
c0206177_21084643.jpg

10kポスト手前からは積雪になった。誰も通ってないよう。うーん、大会関係者は、ここまで入って確認しないのかな?今、関係者、選手が一番気にしているのは、コース状況なのにね。さては、シンゴジラを観てないな。

でも、naoさんとしては、足跡のない雪を進むのはGOODである。一気にモチベーションが上がるぜ。
c0206177_21084645.jpg

c0206177_21084734.jpg

開けている所の下りは尻もち2回。ここが一番雪が深かったかな。ここを通るときレースはないなと思った。単独で遊ぶならいいが、1000人以上がここを通ることの想像が出来ん。
北沢峠から市道山分岐まで1時間5分もかかってしまった。やれやれ...

この先もずっと積雪が続いた。
下りもゆっくり。平坦もゆっくり。というか滑って走れない。登りも所々滑る。
c0206177_21084854.jpg

c0206177_21084801.jpg

15kポストから第一関門までは、スッーとスキーみたいに滑ったり。面白いけどね。
やっと第一関門の林道に出た。
市道山分岐から第一関門まで56分。ここまで3時間10分以上かかってしまう。でも、そんなに時間が経っているようには感じなかった。

ひと息ついてパンを食べながら下る。
なんかダルい感じ。面白くないしね。
森久保分岐まで32分。

ここからの登りの林道は、100マイルペースで進む。昔、UTMFで覚えた100歩走って50歩歩く。またはその逆。
c0206177_21084910.jpg

でも、あーあ、去年と同じ所がまた崩落。ここは危険。まだ、崩れそう。いつ崩れてもおかしくない。
どうやらここがトドメで明日は17kmの短縮レースになるとのこと。中止かと思ったのでマシかな。
トレイルの急登はまあまあ。
入山峠まで51分。

ここからは、パンツの替えがないので、グチョグチョのトレイルで汚さないようにゆっくり。
途中でグローブを落として戻ったり。無駄な動きがあり。
c0206177_21084935.jpg

いつかはと思っていたが座ってやったぜ。

リバーティオまで5時間36分もかかってしまう。
c0206177_21085095.jpg

リバーティオでは何やらやっていた。

冷えて寒くなったので、さっさと帰ろうと思ったが、ビルダーさんに見つかってしまった。
c0206177_21085092.jpg

強者に囲まれて緊張して目をつぶってしまった。
とても、5時間〇〇もかかったなんて言えないよ。


明日は、sasashin女史から依頼があり、パラアスリートの伴走をする。このオレでいいのかなあ、とも思ったが受けることにした。
今日で8回目の試走だけど、時に伴走しているつもりで走ったりもした。コースどりも分かった。ただ、短縮レースになったのでどうなるかな。



# by nao-yamaniiku | 2017-04-01 21:35 | ハセツネ試走 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
OTKの作戦
at 2017-04-27 06:22
病院検査は異常なし
at 2017-04-25 21:22
FTR名栗備忘録
at 2017-04-23 22:17
FTR名栗レース
at 2017-04-22 17:16
調子悪い
at 2017-04-20 20:48
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ