nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
甲府盆地へ
今日は甲府へ。
車の場合、帰りの小仏峠の渋滞にうんざりしそうなので、あずさで行く。でも、休日の特急電車は登山者・旅行者でほぼ満席状態。
仕事なんてやってられねぇーよ。オレだって山に行きたいさ...
c0206177_08433236.jpg

運転者じゃないので、中央線沿いの山をじっくり見れたのは良かったかな。目の保養にはなる。

たくさん乗っている登山者はどこ行くんだよ?と思ってた。大月で富士山に行くと思われる登山者が多く下車、そして、塩山駅で予想外に下車したので『?』と思ったけど、大菩薩嶺なのですね。
c0206177_11173313.jpg

茅ヶ岳はうっすら。時期的に見えればラッキーである。
竜王駅から20分ぐらい歩いて目的の場所に行った。『駅から歩いたのですかあ』と驚かれた。首都圏住まいだと普通の行為だけど、極端な言い方をすれば、この辺りの人達は100mの移動も車を使う。首都圏の電車通勤者の方が日ごろから運動しているのである。

さっき大会案内を再度目を通して、『あっ、コップだ』と昨夜、完璧に用意したつもりだが、やはり忘れ物がある。

今日は夏のようなというか、夏の気温。微妙に体力を奪われて行く感じ。ジィジには堪えるぜ。
残念ながら疲れが取れたとは言い難い。だけど明日はそれなりに走らないとね。自信をなくすようなレースはしたくない。
# by nao-yamaniiku | 2017-07-08 20:06 | 最近のこと | Comments(3)
トレニックワールドin外秩父の作戦
昨夜、そういえば大会案内が来ていたなあ、と帰宅後、10分の捜索の後、やっぱり意外な場所で無事発見。いつものように作為的に感じるが見つかればいいや。10分というが狭い家で隠れ場所はそうないので、プチ焦りだぜ。
c0206177_07514453.jpg

でも、今さら封を開ける奴なんて出場者ではオレ様ぐらいかも... 緊張感はまるでないマンネリ野郎である。
でも、要項や地図を眺めているうちにド緊張してくる。おっさんのくせに何、期待してんだよ。

疲れが取れない。夏バテ? でも、まだ夏になってないし、暑さもさほど感じてない。
レース前日の土曜日は仕事である。すっかり週一休みの昭和のサラリーマンになっている。だから疲れが取れないのかな?それより脳ミソの心配をした方がいいかも...

今のところ日曜日の天気は曇りのよう。でも、この時期はあてにならない。雨でもいいからとにかく暑さだけはNGである。
レースは49.8km。累積標高は2880mのよう。でも、いつものようにアップダウンがあるのだろう。トレニックワールド主催のレースはキツイのばかりである。

昨年の50代の1位のタイムは7時間17分。12位で8時間5分。でも、昨年は5月10日のレースである。2ヶ月先なので条件は悪くなる。

目標タイムは気温にもよるが、8時間台にどれだけ近づけられるか、かな。このエリアでの50㎞のレースは、気温によって1時間ぐらいはタイムに影響しそうである。現に昨年11月のFUn Trails50kは52㎞で7時間35分だった。でも、2015年7月の飯能・越生50㎞は9時間24分である。

スタートは、名栗での最後尾スタートや彩の国100マイルのダラダラスタートはしない。スタートは1/4ぐらいの位置にいたいな。

気になるのは痙攣である。名栗や彩の国で痙攣に悩まされた。特に彩の国ではゆっくりペースのくせに痙攣というのは不甲斐なかった。
このところ、ピストン練習やハセツネ全周では痙攣の兆候はなかった。そうでありたいが、どうやらレースだと違うよう。
疲れが取れないのが気になるが、この半年あまりの山練習の成果を出したい。

持ち物は水は1リットル必須のようなので、バイクボトルにお茶と自作ジェル入りのペットボトル。
食料はジェルを2個ぐらい。エイドは頻繁にあるのでいらないぐらい。
ザックはinoxのイエロー。
シューズはHOKA。ウェアはマイユニフォームのTREK NAOシャツにランパン。

まあ、がんばるよ。
# by nao-yamaniiku | 2017-07-06 21:59 | 最近のこと | Comments(0)
今日は定期検診の日
前回の2ヶ月前の検診は、頭が怠く、痛さが続いたので、検診を早めてもらった。凄く心配だった。結果は、CTや血液検査で何の問題もなかった。そうなると調子が良くなるものである。
その後の2ヶ月は、場所が場所だけに、どうしてもたまに違和感はあるが、怠くなったり痛くなったりすることはなくなった。検診と検診の間、こんなに調子が良かったのは初めてだと思う。

血圧測定は、毎日、朝と夜の2回をほぼ守っている。泊まりの日は測れないけれどね。
だいたい収縮期130以内、拡張期80以内とまあまあ。120以下や70以下の時も週に何度かある。
血圧の薬はアムロジピンを朝晩一粒ずつ飲んでいる。塩分は大げさに言うと病気前の1/2まで減らしている。自分的には薬のおかげでなく、塩分制限の成果と思いたい。禁酒ほどの苦労はないが、食事の度にそれなりに気をつけているからね。

下々の分際だし、医学の知識はゼロだけど、思い切って『クスリを減らすわけにはいきませんか』と言ってみた。医師は血圧手帳を見ながら『1日1回してみますか』と言ってくれた。

薬なしにすると薬局に行かなくなってしまう。これがまた寂しいのである。退院してからずっと調剤薬局の担当の女史は変わらなかった。くも膜下で倒れたことも知ってくれていて、毎回、薬をもらう時、体調を気遣ってくれていたのである。これが嬉しい。彼女と関わりがなくなるのもなあ。今日も薬が減ったので、お褒めを頂き、照れてしまったのである… しょうがねぇじいさんだべ。
こういう人間同士のやり取りはネット販売では体験出来ないし、お金では買えないものなのである。

血圧は、本やネットで調べるといろいろ出て来て、何が正解か分からない。まあ、最近の健康食や健康法と同じ。真逆なことを言い合うことがある。
最近、ベストセラーの血圧の本は収縮期の血圧は90+年齢なら平気という。90+57=147である。
でも、以前血圧の高かった頃に150ぐらい続いたことがあったが、顔や手が張った感や、ビリビリしたり、ボワッとして首が重かったりした。これが身体にいいとは思えない。

前にも書いたけど、血圧は人によって適性があるような気がする。自分の場合、主治医にも言われたが、平均より低い方がいいような気がする。高いよりは低い方がいい。

禁酒に塩分制限と人から見たら、病気持ちはかわいそうと思われる。でも、塩分制限も良かったかも。素材の味がよく分かるようになった。今さらだけど大きな発見なのである。
c0206177_10101009.jpg

病院に行く度に思い出すのは、入院中の早朝、外来の回廊をおぼつかない足取りで、壁を伝って歩いていたことである。うまく歩けなかったが必死だった。絶対、復活してレースに出るという強い意志があった。
これが第一歩だったなあ。忘れやしないよ…
# by nao-yamaniiku | 2017-07-04 22:51 | リハビリトレーニング | Comments(0)
さらに...
今朝はド郊外のマイ西武立川駅を始発で仕事へ。なにせ不便なので人様より早い行動なのである。だけど、早朝ランナーなので、いつもと同じ時間に起きるだけなんだけどね。

ランと仕事。体力的には明らかにランニングの方が辛いだろう。でも、これは一般の人の考えること。ランナーは、仕事をするよりランの方が楽なのである。
今朝は早くから仕事をしたと思うと、なんか疲れるのである。早朝に走っても何とも思わない... 朝から走ったという方が、疲れは大きいはずなんだけどね。
c0206177_13231320.jpg

今、旬の築地に近い銀座へ。最近は週に3回ほど出没している。まだ、しばらくは通うようである。

こんな生活だと、さらに疲れが溜まりそう。土日は大した運動をしていないので、そろそろ疲労も取れたと思いたいが、まだ、ダメそう。今日1日でさらに疲れが蓄積された感がある。
とにかく一刻も早く寝ることだなあ。
# by nao-yamaniiku | 2017-07-03 21:12 | 最近のこと | Comments(0)
得意の撃沈もいつも以上...
この1週間は疲労を引きずったままだった。
それでも山に入れば、何とかなるとタカをくくってた。『来週はレースもあるし今熊山ピストンを8本ぐらいにしとくか』なんて...
駅に着いたらスマホを忘れたのに気づくがいいや。実際、今日は使用することなかったし... 武蔵五日市駅まではガン寝。

7時前にスタートするけれど、裏山ベースからのゆる〜い歩道の登りを10mほど行ったところで立ち止まる。ダメだこりゃ。とにかく身体が重い。足が進まない。眠い。なぜか息も上がる。

たった10mで終わった。でも、せっかくだからと、超スローに走る。トボトボと広徳寺までの登りを歩きながら考える。撃沈は珍しくないが、ここまでひどくない。今熊山、一本登るすらあり得ない感じ。先週、よく12本も登ったよなあ、なんて感心したり。

結局、広徳寺から引き返した。
武蔵五日市駅に着いたら、ちょうど電車が着いて、登山者、輪行のローディー、ランナー達と改札口ですれ違い。ちょっと恥ずかしいのはチキン野郎だからである。

家には9時前に着いた。いったい何しに行ったのか?
まあ、やる事もあるのでそれはそれで良かったかも。

午後、ポンコツバイクを掃除して30kmほどクルクル回した。うーん、バイクはいいね。ちょうど陽が出て暑い時間だったが、走るより全然楽チンだね。
とにかく疲れを取ろう。


# by nao-yamaniiku | 2017-07-02 19:13 | トレーニング全般 | Comments(0)
2017年6月のこと
6月は、ラン102.5㎞、山158.9㎞、合計261.4㎞、バイクは31.8㎞だった。
累積標高は13,750m。練習日は19日間。
レースはなく、山での累積標高を10,000m以上を目指していた。

山での走りは良かったかと思う。登りは粘れるようになったし、下りは上手に走れるようになった…と思う。
6/18(日)にハセツネを全周し、タイムは11時間54分。タラレバで日原峠の水場に寄らなければマイナス20分。11時間34分だった。
最後までペースはガタ落ちしないが、序盤、前半のスピードがないということを痛切に感じた。

まあ、一年前よりはだいぶ身体が戻ったと思う。でも、2015年当時に戻すにはまだまだな感じである。
平日のロードランは、山の疲れを取るためにあまり無理をしなかった。仕事も忙しかったこともあり、週2~3日のランで、走りも10㎞未満が多かった。

下手に走るより睡眠の方がトレーニングになると思うようになった。いや、思うようにさせた、かな。
ストレッチは時間をかけるようにした。その結果、だいぶ股関節の稼働範囲が広がったような手応えがある。とは言うものの、お見せするにはお恥ずかしいほどの身体の固さである。これからは室内でのストレッチもなるべく行いたいと思う。
身体や筋肉を柔らかくすることは、加齢と戦うには効果的じゃないかな。

一般人なので、とにかく走行距離こそが練習の成果と思いがちである。なかなか走行距離神話は崩れないのである。でも、ようやくそこから脱しそうな感じかな。走行距離を追う必要な時期もあるけれど、今はその時期ではない。

6月で特筆すべきことは、頭の違和感、痛みが、だいぶなくなったことである。痛みを感じないと、ついつい当たり前のことと、気にしなくなってしまう。でも、当たり前ではないのである。これこそ大きな進歩なのだ。でも、まだまだ本調子ではないと思うので、節制は続けることである。
c0206177_13485023.jpg

でも、たまにはご褒美が必要なのよ。
もちろんスープは飲まず....うーん、仕方なし...
# by nao-yamaniiku | 2017-06-30 21:30 | 今月の考察 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
3年...
at 2017-07-24 22:04
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ