「ほっ」と。キャンペーン

nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
今さらMac
何年か前は、Macなんてオレの人生には関係ねぇなんて思っていた。
だけど、3年前、家族にスマホをアンドロイドからiPhoneに変えさせられた。当時、まだ家にいた次女に手取り足取り教えてもらい、何とか分かるようになった。

最近は依存し過ぎてやべぇなと思っていた。そして、とうとうパソコンもウィンドウズからMacになってしまった。
1台は古くなり使用不可。安かったノートのASUSが活躍していた。でも、昨年からキーボードの不具合が出て、使わなくなってしまった。
無ければ無いでスマホで代用出来るものである。どうしても…と言う時は愚息のパソコンを借りている。

だけど、孫達の写真の編集や取込みで、やはりパソコンは有った方がいい。理由はいつも孫なのである。

久しぶりに家電でパソコン売場を覗くと、だいぶ縮小傾向にあるようである。別にMacを買おうと思わなかった。日本メーカーのノートを見ているうちに、なにげにMacのことを聞いてみた。そうしたらスマホはiPhoneかと聞いてくる。そうだと答えると、ならMacでしょと薦められた。どうやら彼はMacの販売の資格?を持っているらしい。

Macのブースに移動。
アップルのパソコンの販売ブースは、パソコンの知識のないおじさんには敷居が高い。どこも同じ簡潔な内装仕様でカッコ良く、来るものを拒む感じ。以前からMacのパソコンを見たいと思っていたが、店員さんに専門用語で攻撃されるのでは、という恐れがあった。
あの売場は入ってはいけない領域になっていた。

もちろんスマホと連動できることは分かっていたが、彼が自分のスマホで説明してくて分かり易かった。一気に心はMacになってしまった。しかし、このオレ様が使いこなせるのだろうか。
でも、リアルショップだからMacを買ったのだろう。こういう買物はネットでは出来ないのである。

土曜日に買ったけれど、その日は梱包のまま。慌てないのである。というかセットアップの自信がない。愚息がいる時を狙うよね。

でも、彼も忙しそうで、仕方なく昨日の午後に梱包を解いた。
パソコンから流れるお姉さんの説明を聞いたが、なんのこっちゃ理解不能? 実戦あるのみと、セットアップしたが、意外に簡単だった。オフィスのダウンロードも終了。

使ってみると、最初はよく分からなかったが、いじくるうちに少しずつ使いこなせるようになる。なるほど考え方はiPhoneと同じかな。まあ、でもこういう初老のオヤジが使いこなせないと、来るべき社会で生きて行けないのである。そういう意味では、アップル社は非常に不親切である。
まあ、取りあえず使えそうである。

まあ、今さら感があるが、普通のおっさんはこんなもんさ。
c0206177_17401862.jpg


# by nao-yamaniiku | 2017-01-16 21:12 | 最近のこと | Comments(0)
最大寒波到来らしい
この週末は寒波が到来。日本海側など山沿いでは大雪のようで、難儀されているよう。でも、東京地方は、いつものごとく晴天。山沿いでは小雪が舞ったようだけど、問題無し。

昨日のランは、3km走ったところで、ハタとこれからの予定を考えると、走ってる場合ではないと気づき、Uターンして6kmだけ。

今日は、午前中は時間が取れそうなので、まずはいつもの早朝ラン。
寒さというか冷たさにビビっていたが、走り出せばなんてことない。いつもと同じ。いや、ちょっと寒かったかな...
でも、身体は冷えることなく16kmほど。

病弱なので、いつものように最初は様子見で、キロ6分15秒ぐらい。だんだんスピードを上げて最後はキロ5分を切る。平均では5分20秒ぐらいだった。
c0206177_18452551.jpg

やはりこの時期の夜明け前はいいね。

いったん、家に戻り諸々...
そして、9時過ぎに野山北公園へ。やっぱり、日中は寒くない。走っていればね。
野山北公園まで3kmほどのロードがウォーミングアップ。
そして、野山北公園では1kmで600mは、まあ、それなりのペース。100マイルペースということ。400mはスピードアップの山インターバル。
これが効くのである。汗ビッショリ。立ち止まると冷たくなるので動き続ける。この手のトレーニングは里山がいい。何かあっても逃げれるからね。
c0206177_20315176.jpg

丹沢方面。
c0206177_20315247.jpg

ここは、昨年の春に歩いていたが、後遺症で目が悪く、手すりにつかまり、ゆっくり歩いていたところ。今は走れる。嬉しいねぇ。
c0206177_20315217.jpg

最近は手が入って来たので、このようなところも出て来た。かがり木は、普通の山ではどこにでもある。やはりここは園地になってしまった。入っても大して危険ではないが...ということは入ったことがあるのは内緒である。まあ、行かない方がいいだろう。大人の対応である。

21kmほどを2時間35分。累積標高は778mだった。早朝と午前で37km。いい練習が出来たかな。

最大寒波にも走る分には大丈夫...
今朝、ランパンにTシャツの横田の米人集団に会った。フロストバイトのウォーミングアップだろうか。『オハヨウゴザイマス』の声がけに、ビビって『メルシー』と訳のわからない返しをした。彼らはバケモノである。
# by nao-yamaniiku | 2017-01-15 21:42 | Comments(0)
坂道トレーニング
今朝は、坂道のゼーハートレーニングをした。

クルマで武蔵村山体育館先まで行く。
500m、ガーミン計測で標高差30mほどの坂道をゼーハー走る。

当然、真っ暗なのでハンドライトで照らしながらのランになる。
病後も何度か通ったが、暗い中走ると、道が悪くなったように感じた。デコボコしているところがある。

体調が体調だけに様子を見ながら一本ずつ。2分50秒から少しずつ上げて2分30秒まで。5〜6本と思っていたが、10本出来た。
でも、認めたくないが、正直言って力が落ちたのを感じる。たいしたスピードではないのに、ムムム...
坂道インターバルとは言えず、坂道トレーニングだなあ。

走りながら、以前の自分に戻すのではなく、これから、どう登りをマスターしていくか考えた。力が落ちたらスキルを上げるしかない。

まあ、去年の冬にやろうと思っていたトレーニングを、ようやく出来たのは進歩である。
今のところ、まあまあな1月だね。

c0206177_15361133.jpg

まだ、積雪があるよう。
週末は山に行きたいが... どうしょうか。



# by nao-yamaniiku | 2017-01-13 22:12 | トレーニング全般 | Comments(0)
そして順調になって来た
くも膜下出血から一年のXデーが近づくごとに、頭が重く怠くなった。でも、一年が経過したら、あら不思議?頭の違和感はなくなった。やっぱ"気"なのかなあ。

ランニングの方は、ほぼ毎朝、約10kmほどをキロ5分半前後で走り続けている。気持ちは『もっともっと速く』と言っているが、グッと踏みとどまっている。でも、そろそろあの時に戻らないと。

一年前は、週1〜2回、平日に坂道インターバルをして、登りに強くなろうと思っていた。倒れる前日も早朝に坂道インターバルと思って行ったが、その時は頭が痛くやめたのである。そこで、終わってしまった...

そう、それを再開する時が来た。一年前にようやく戻ったのである。
だけど、慌てず。様子を見ながらだけどね。
明日の朝が楽しみだ。インターバルだけど楽しいのである。まっ、まずはちょっとだけね。

c0206177_19572198.jpg

再開発が進む渋谷、公園通り。夜の都心の街中を、仕事帰りブラブラするのは好きである。この時期は空気が澄んでネオンも映える。
一人好きである。
# by nao-yamaniiku | 2017-01-12 22:32 | 最近のこと | Comments(0)
そして定期検診
くも膜下出血発症から1年経つので、今日は予定通り定期検診に行った。
もう、通院を始めて何度目だろうか。この一年、お世話になったものである。大きな病院で脳外科医だけでも外来対応に医師が常時4人ぐらいで診察している。しかし、脳外科なのに患者さんが多い。おそらく自分のように入院した患者さんの割合が多いと思うが… 

いつも同じ質問をする。
『まだ頭が痛い時がある』『ネット情報だとくも膜下は深刻な病気で治らない…』『処置した個所はやがて破れるのか、永久ではないのか』などなど。
その度に主治医は『大丈夫』のひと言。このひと言をもらうために通っているようなものである。これが効くのである。
今はネットである程度の情報を得ることが出来る。でも、『くも膜下出血病後』とかで検索すると、深刻な情報ばかりである。主治医曰く『僕の経験ではそんなことはない』とのこと。実に心強い。最近はネットで病気の検索をすることはやめている。

去年の今ごろは手術が終わって、薄眼を開けていたようである。意識はなく、手術は成功したが、出血して脳にどれだけ障害を与えているか分からず、意識が戻るのが50%だと言われたようだ。意識が戻っても、どれだけ障害が残るかどうか分からない状態だった。同じような患者さんのベッドが男女関係なく並べられていて、看護師さんが1人ずつ付いていた。

救命救急センターは2週間が限度らしく、そこで亡くなるか、障害の度合いはともかく意識が戻るか、意識が戻れなかったらそれなりの病院へと移動して行く。深刻な状態の患者さんは毎日運ばれてくるから仕方がない。意識が戻って記憶しているだけで3名の方が亡くなった。自分も意識が戻ったといっても、まどろんでいる状態だったが、自分のことのように涙を流したものだった。

脳疾患は他の病気と違って、いきなり最悪な身体の状態になるので恐ろしい。前にも書いた覚えもあるが、バットで殴られ、『さて、生きるのかな、死ぬのかな…』というような病気である。
ランナー諸氏でも、いつ発病するか分からない病気である。今回、こういう体験をしたけれど、ランナーのための脳疾患後の情報はない。調べても、せいぜい『身体のために歩くのはいいです』ということぐらい。『脳疾患後160km山を走るためにどうすればいいか』なんて何にもない。
実際はいらっしゃるのでしょうが、辿りつかないのが現状である。そう言う意味ではパイオニア…
もし、このブログを読んで脳疾患にかかって、どう走り出せばいいかなんて悩みがある方は、非公開でもコメントを頂ければと思う。拙い経験もあるし、逆に自分も聞きたいことはたくさんある。
実際、仕事に復帰する時、脳疾患から仕事に復帰した方と話す機会を会社がくれた。これは役に立ったし、生きる自信につながったものである。

さて、明日からは、落とし前2017年版として、戦いのスタートである。

# by nao-yamaniiku | 2017-01-10 22:44 | リハビリトレーニング | Comments(0)
今年のレースプランはまだ未定
昨日は茅ヶ崎、今日は小山と脈略のない仕事行き。でも、これがnaoさんペースである。
昨日まで、倒れてから一年過ぎるまでは、気持ちが弱いせいか身体の調子はいまいちだった。だけど、今日はもう平気。

そうなると、改めて今年のレースプランなど思い浮かべてしまう。
もちろん、今までも漠然と考えていたけれど、『倒れちゃうかも知れないから考えてもなあ...』とマイナス思考だった。

今のところエントリー済みは、5月20日のトレニックワールド100マイルだけである。
さて、それからどうする?といってもこれだけでお腹いっぱいである。

調整レースとして、ハセツネ30k。
でも、レース内容が違うのでどうかな。今はあまり乗る気でないが、ちゃっかりエントリーするだろうなあ。
あとは、5月の連休中に休める事が出来て、かつ、ヤフシゲ師のご了解を頂ければOTKに出たい。本当は、後半も入れてTTRをしたいが100マイルが近いので難しい。

オクムも出たいが、これも100マイルを走ってあまり期間がない。なんて、きっとトレニックワールド100マイルは、制限時間にかかってしまうのにね。

今のところ、トレニックワールド100マイルの先は未定ということ。夏から秋は、今はピンと来ない。本来ならハセツネが目標なのだろうが、どうも乗る気になれない。

だけど、練習だけはキッチリやるよ。12月は神宮外苑があったり、仕事が忙しかったりで、山に行けなかったけれど、これからは、出来る限り毎週、通うつもりである。

まあ、見てろ。
昨年、棒に振った恨み、晴らす時が来たぜ。


# by nao-yamaniiku | 2017-01-09 20:17 | 最近のこと | Comments(4)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
契約満了
at 2017-02-26 21:35
ハセツネ30K2017年4回目
at 2017-02-25 16:36
東京マラソン
at 2017-02-24 21:32
花粉症
at 2017-02-21 21:45
いかんなあ...
at 2017-02-20 22:31
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ