nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
暑さに勝て
酷、猛、激、強…という文字や言語が飛び交っている。
土曜日から始まった猛暑だけど、走った感じ、仕事で外を回っている感じから、こんなもんかなあ…と思ってしまう。もっと暑い時があった気がするけど…  こんなことは人には言えない。

でも、『こんなもんか…』と強がったって暑い。我が家で唯一エアコンのない部屋が、もちろんnaoさんの寝る場所である。
窓、ドアは全開。寝る時は、いい按配で風が入ってくる。多少の暑さは平気。すぐに寝てしまう。ところが1時、2時ぐらいに汗びっしょりで目が覚める。風がない。あまり使いたくない扇風機を回してまた寝る。このところ、このパターンが続いている。

一応、毎朝、走っている。早朝が1日のうち一番走りやすい条件である。だけど、汗の量は変わらないけれどね。
この平日の2日間はキロ5分台をこだわった。今朝はキロ5分30秒ペースを目指して走る。自分の実力的には10kmとはいえキツイ。とにかく夏は息が上がってしまう。だけど、きっと、たぶん…  暑さ慣れしておけば秋のレースが楽になるに違いない…と信じよう。

そろそろ右肩も良くなって来たので、春から始めたいた腕立てを再開してみた。1ヶ月半ぶり。朝のストレッチに組み入れているのである。でも、グッと身体を沈めると右肩に違和感がある。全体的な筋力も落ちてる感じ。ここは無理せず5回を2セットだけ。故障前は連続30回は出来て、100回が日課だった。
この手の筋トレは、筋肉の使い方を筋肉くんが思い出せば割とたやすく回数が増やせる。まあ、慌てることもない。8月いっぱいまでにもどす感じでいいや。

明日の朝もプチスピード練をするのである。
ガンバロー… ガンバレ、おれ。


# by nao-yamaniiku | 2018-07-18 20:38 | トレーニング全般 | Comments(0)
三連休はトータル100km
4年に一度のワールドカップ期間の1ヶ月ほどは、トレーニング時間がサッカー観戦に変わる。世界で一番強いチームはクラブチームだろう。でも、国と国の戦いは、祖国のためという本気度が感動を与えてくれる。

自分が初めてワールドカップをテレビ観戦したのは、1974年の西ドイツ対オランダの決勝戦だった。当時、中学3年生で、受験よりサッカー漬けの毎日だった。深夜に友達と集まって観たサッカーは驚きだった。自分達が知っているサッカーとはまったく違っていた。ポジションがないじゃん…
ちなみにその時の西ドイツのメンバーは今でも言えるのが自慢である…あまり意味ないか…

当時の日本はワールドカップどころかオリンピック予選でも負け続け。でも、必死に応援した。国立競技場へも何度も行った。だけど当時は自分が生きている間、ワールドカップに出場出来るとは思わなかった。それほど世界との差を痛感していた。

今大会は、サッカー大国とアザーの国との差が無くなった印象が強かった。この大会に参加している選手は、ヨーロッパの主要リーグで活躍している。ナショナルチームでもやるべき事は分かっているんだね。

さて、ワールドカップ決勝戦が終わって、すぐに走り出した。3日間で100kmをこだわったのである。あと23kmほど。
深夜の時間帯だけど汗は大量。暑さはやはり身体からダメージを感じる。足はペースがゆっくりなので大丈夫。
まずは13kmちょっとをキロ6分43秒ペース。一気に23km走る体力はなかった。

家に帰ってシャワー浴びてすぐに寝る。3時間ほど寝た。7時からあと10kmをがんばる。しかし、すでに太陽がギラギラである。
足の疲労はないけれど、身体がキツイ。呼吸はゼーバーする。心拍数はさほど上がってないけどね。
走りながら、トレーニングになってるのか考える。スポーツというより労働かな。
10kmをキロ6分37秒ペース。
自分的には6分切っているつもり。

3日間トータルで100kmを超えた。ゆっくりなので足の疲労はそれほどでもない。だけど身体は疲れた。日に焼けて肩がヒリヒリする。

日中は、足の疲れはない、と思っていた。だけど、昭島のモリタウンで引きずり回され、足がチョー痛てーでやんの。やはり、買い物は苦手である。


# by nao-yamaniiku | 2018-07-16 19:07 | トレーニング全般 | Comments(0)
三連休の練習
三連休のこの二日間は猛暑になった。
今年は珍しく三日間とも休みになった。だけど、特に予定はない。
先週は山のレースで苦しんだ。まだ疲労は取れてないが、順番から今週はロードランの週である。24時間走対策さ。

三連休初日は、いつものように早朝ランから始めたが、まったくスピードが出ず。時間が経つにつれて暑くなる。
いつものコースを変えて、昭和記念公園をぐるりと回ったが後悔した。遠くに行ってバテても戻らなきゃならないからね。

途中で前にいた女性ランナーが転んだ。アスファルトは痛いんだよなあ。案の定、痛くてシクシク泣いていた。両膝から血が流れている。かわいそう。家は近くだという。持っていた手ぬぐいをあげた。汗を拭いてなくて良かったよ。

本当は40km走りたかったが、22kmでおしまい。キロ7分13秒ペース。遅えなあ。

午後3時から再び時間が出来た。仕事をするつもりだったが、スマホの気温は35℃だという。面白がって走りに行った。トータル40kmにしたかったしね。朝の按配からキツイランになりそうだったが、暑いけど朝よりはペースは上げられた。4時過ぎたら風が吹いて来た。だけど、何度も公園の水をかぶりまくりだよ。
18kmをキロ6分38秒ペースだったった。
これだけでもガッツリ疲れたよ。

夜は20時過ぎに寝た。23時にいったん起きてワールドカップの3位決定戦を観た。両チームともほぼベストメンバーだったけど、お互い怪我をさせない、しない感じでイマイチだった。⇦あくまで、ど素人のnaoさんの見解です。まあ、2年後のユーロが楽しみだね。

そして、今朝は7時からのラン。休みの日なのに行動が遅い。深夜にサッカーを観たしね。それに疲れで起きれなかった…
特に何処へということもなく、何となく秋川をサマーランドまで。
c0206177_18210841.jpg
あきる野インターチェンジを下から見上げる。
だんだん暑くなって、9時を過ぎたらすでに酷暑。風も熱風だよ。

12時までの5時間を動き続けようと思った。この場合、歩いてもいいのである。休憩もたくさん。水場では水をかけまくる。でも、1kmもすると乾いてしまう。夏はすげぇな。なぜか足は余裕がある感じだけど、心拍数を120台までにした。こりゃ、日に焼けるわ、っていうか焼けた。
c0206177_18490493.jpg
今日の気温は『危険』レベルだという。だけどもう少し走り続けたいなあ。
5時間17分を36kmほど。休憩込みとはいえキロ8分43秒。せめて40kmを超えたかったよ。

明日のランは少しだけかな。ワールドカップの決勝を観ないとね。

# by nao-yamaniiku | 2018-07-15 19:45 | トレーニング全般 | Comments(0)
真夏の憂鬱
c0206177_19083572.jpg
週初めから真夏になった。
こうなると通勤電車地獄になる。朝はまだいい。みんなフレッシュだし、自分は高田馬場駅までは座れるのである。
ところが帰宅時は地獄。みんなひと仕事してビッショリ汗をかいている。半袖からはみ出した腕と腕がくっつくと鬱陶しい。さらにぷっくらおなかの出た人にベッタリ付かれると気持ちわりぃ… ひぇ~、助けてぇ~である。新宿駅までの中央線、高田馬場までの山手線、さらに西武線の上石神井駅・田無駅辺りまで1時間余りは混み混みで最悪である。まあ、もっとも他の人から言わせれば『お前もな…』ということだろう。ほんと女性は気の毒である。帰りの電車も『女性専用』を作ればいいのに。最近、女子化が目立つnaoさんも利用させてもらうよ。
家に帰るとしばらくはグッタリ。散歩を急かすワンコに『うるせぇ!』と八つ当たりである。
ランナーなら100㎞走った方が楽ちんである。

ワールドカップも佳境に入り、今週末の決勝で終了する。時差的に深夜・未明の試合なので当たり前だけど寝不足である。もちろん全試合は見れないけれど、結構、視聴率には貢献している。
仕事は何かと壁がそそり立つ。『ほんと、ニッポンて…』と思うような災害がまた起きてしまった。地震・大雨・台風・豪雪… 美しい四季があるけれど見返りの代償も大きい。年々災害が大きくなるのは、我々日本人の進むべき道が間違っているのであろうか?なんて勝手に反省してしまったり。なんにせよ、こういうことがあるとビジネスにも思わぬ悪影響を与えるものである。

身体の方は、レースで痛めたであろう首・右肩の痛みは頻繁に場所を変える。今は肩を回すとゴリゴリ音がして、なんか違和感がある。まだ、首を回すと痛い。まあ、走るには影響はないけどね。
レースの筋肉痛はいつもと同じく、レース翌日の月曜日の午後から始まった。椅子に座っていると足が固まっていくのが分かる。今朝は、サッカー観戦後11㎞ほど走ったけれど、キロ7分近くがせいいっぱい。まあ、ほぐし的な感じ。ジッとしているより動かしていた方がいい。ストレッチは入念にしている。

走りながら秋の目標レースのハセツネと24時間走のことを考える。今回のレース結果を踏まえると、タイプの違う2つを同時にこなすのは難しいということを再認識した。練習をどちらか一本に絞ろうかなあ…なんて思ったり。
だけど、山とロードを交互に練習する方が飽きないし楽しいからね。続けることが重要なのである。




# by nao-yamaniiku | 2018-07-11 21:54 | 最近のこと | Comments(0)
おごせ・ときがわレース
c0206177_18463179.jpg
ワールドカップのロシアvsクロアチアの試合に気になりつつ、4時半に拝島駅へ自転車で向かった。しかし、たまに客席を写すロシアとクロアチアの女性サポーターの美しさは半端ねぇ、 と試合より楽しみだったりして….

そんなことより、今日は何が何でも完走しなければならない。引退危機を感じつつレースに挑む…つもりが、夜は唐揚げが食べたいなあ、絶対食べると、なんだかまったりしていた。

体育館で寝そべって、着替えを始めたのが7時10分。トレニックワールドのレースはスタート前の場所取りが無くていい。今回の50kmの出走者は340人ほど。この人数だと渋滞にはならない。

7時30分にスタート。黒山の滝まではロードが続く。作戦通り心拍数は150台までを守る。右肩はモヤモヤした違和感があるが大丈夫。でも、転んだらタダじゃすまねぇぞと言っている感じ。ふん、転ぶか…とロードでは気持ちも余裕。しかし、このロードはUTMFのスタートからを思い出したぜ。

黒山の滝を過ぎると関八州見晴台に向けて登りが続く。登りは心拍数の調整はダメだ。前の選手に続くだけで上がってしまう。まだ、みんな元気だしね。登り自体は悪くなかった。良さげな感じだった。
空は曇り。時折、陽射しが出るが山の中は涼しかった。夏の低山では珍しい。
やがて最初のエイド、傘杉峠11.4kmに到着。

ささっとコーラを飲んで、水だけ補充して先を急ぐ。さらに登りが続く。
登って行く最中に右太ももの裏側がツンと痛くなる。『ゲッ、(ケイレンが)来るのかよ』なんだよなぁ。大して走ってないし暑くもないじゃん。
関八州見晴台はあっけなく通過。もうちょっとあるかと思ったが。

ここから白石峠までは知ったトレイル。アップダウンが続く。でも、何度も通ったはずなのにあまり覚えていないのはボケた証拠か?部分部分では次の道がどうなるかは分かるけど、通してのイメージが湧かないのである。
ブナ峠16.4kmに着く頃はいよいよケイレン間近になってしまった。
c0206177_18470378.jpg
どこかのエイド。だいたいこんな感じ。エイドの食べ物は非常によろしい。
c0206177_18480613.jpg
参加人数が340人のせいか単独になることが多い。

ここからは、毎度のごとくケイレンに悩まされた。この気候でケイレンしている選手は少ないはず。まったくガッカリである。
大野峠手前のドロドロの下りで、前の人が自分を譲ろうとして立ち止まる。ここで立ち止まられても… 案の定、ブレーキが効かず尻もちを着く。その瞬間、左のふくらはぎがケイレン。
立ち止まる回数が多くなる。だけど、今回は完走だけはしなきゃ。それにこのコースは途中で止めてもその後が大変なのである。進むしかない。
前回のブログで目標8時間なんて書いたが、こりゃ10時間ぐらいかかるかも。下りのスピードが出せない。

堂平キャンプ場エイド25.5kmに着いたらスタッフの方々が、『今日は痙攣している人いないねぇ』なんて言い合っていた。情けなくなり、早々にエイドを切り上げてコースに復帰する。
ここから下りが続く。ケイレン持ちには苦手な区間。その後はフィニッシュまで苦しんだ。

新柵山の登りはキツイと聞いていたが、ずっとケイレンが辛かったので、返って登りの方が良かったり…
c0206177_15383878.jpg
くぬぎ村エイド38.8km。
ここで強力女史がいたので思わず写真を撮る。今日は余裕が全くなく写真は撮らなかった。
ウルトラの女王Mizukiさんなんて、てっきりヨーロッパにでも行ってると思ったよ。

残り10kmも同じ。違うのは何度か、ケイレンのため制御が出来ず尻もちを着いて、右肩を痛めたこと。進むに連れ徐々に痛みが増して行く。ケイレンか肩の痛みかどっちかにしろよなあ。

フィニッシュタイムは8時間32分23秒。
総合順位125位/340人、50代25位/75人。
累積標高はガーミンで2564mだった。

まあ、こんなもんか。完走出来ただけでヨシとしなきゃね。

まずは送迎バスの時間を調べると16時30分。あと30分。越生駅17時発の電車に乗らないと待ち時間が長いのである。
転倒して汚れた足と髪の毛をジャバジャバと水をかける。体育館で着替えて片付ける。完走証をもらったらクジが引けるという。itoitexのソックスが当たった。グッド。
いつものように風呂も入らず慌ただしいのである。

今朝、起きたらやはり右肩が痛かった。午後になるとお約束の筋肉痛が…  まったく仕方ねぇーな。

# by nao-yamaniiku | 2018-07-09 22:35 | トレイルレース | Comments(0)
おごせ・ときがわの結果
c0206177_20431794.jpg
最悪のリタイアにはならず。昨年秋のハセツネ以来、久しぶりに完走出来た。
でも、まったくダメ。さほどの暑さではないせいで、痙攣しているのは自分だけみたい… 痙攣マイノリティなのである。まあ、UTMFよりマシだったけどね。

しかし、全出走者の1/3の成績は、まともに走ってでは、初めてかな?
首と肩の方は、ところどころグチャグチャの下で滑って尻もち。やはり首に衝撃があり。でも、その時は痙攣の方が気になっていた。しかし、徐々に首と右肩の間が痛くなった。
だけど、実力だね。仕方なし…

# by nao-yamaniiku | 2018-07-08 20:43 | トレイルレース | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
暑さに勝て
at 2018-07-18 20:38
三連休はトータル100km
at 2018-07-16 19:07
三連休の練習
at 2018-07-15 19:45
真夏の憂鬱
at 2018-07-11 21:54
おごせ・ときがわレース
at 2018-07-09 22:35
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ