nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
風邪引いた…
昨日、春分の日は2時に目覚めてしまい、寝れそうもないので大将山ピストンへ行った。9時までしか時間が取れなかったのでたくさん練習が出来て良かったなんて思っていた。
だけど、登り始めるが、どうも身体がだるい。パワーなし。疲労というわけでもない感じがした。
ヘッドライトを点けて淡々と登り降りしていたが、1時間過ぎたところで、『何やってんだ、オレ…』なんて思い、登り途中だったけど、Uターン。こうなるとクルマまでの300mが遠く感じる。

家に戻ったら元気になった感じだったので、汗で濡れたシャツを着替えて、もう、一本…なんて思った。ランナーは往生際が悪いのである。だけど、どうも喉が痛む。風邪の兆候は感じていた。シャワーを浴びてジョグノートを書いて布団に潜った。が、やたら寒くなった。来た…風邪だ… 

すぐに熱が38℃に上がった。予定していた用事はキャンセル。一日中、うだうだしていた。
最近、風邪は引かなくなったと思っていたが、これだよ。しかし、調子悪くなるのは休日が多いね。6月に痛めた肩、首もピークは日曜日だった。あの時はソファから動けず、Amazon primeで『風と共に去りぬ』を観ていたっけ。

naoさんは、ちょっとの熱でダメになってしまう。風邪で活躍するのは、ファイントラックのスキンメッシュとパワーメッシュの2着である。汗冷えがしないので重宝する。このところの山行きでも着たことがないのにね。

今日は当然マスク着用。時々、咳き込む。幸いなことに花粉症がピークを迎えているので、花粉症の人達に混じれる。風邪でマスクをしていると冷たい目で見られるからね。

なんとか1日仕事をこなして帰宅出来た。こんな時に帰宅は千葉からというハンデ。日中は暖かかったが、急速に冷えてまた体調を崩しそう…
明日も走るのはお休みにしよう。

# by nao-yamaniiku | 2019-03-22 21:59 | 健康管理 | Comments(0)
登り練のこと
このところ累積標高にこだわっているが、この手のトレーニングでの疲労によるパフォーマンスの低下が分かって来た。
自分的備忘録ということで…

16日(土)17日(日)の二日間は休養になった。筋トレもなし。もちろん懸垂もなしだった。たっぷり身体を休めたのである。

珍しく疲労がない中、登り訓練スタート。
18日(月)は夜のジム練、傾斜15%のトレッドミルで4kmほど。休足したせいか時速6.5kmで走りきれた。やれば出来るじゃん、というのが感想。
獲得標高600m

19日(火)は早朝の大将山ピストン。昨夜のジム練の疲れはあるが問題なく、こちらも快調だった。
5.3km 累積標高619m 1時間2分0秒
夜はジム練。少し疲れて足が重いので時々歩きを入れた。自分にはハードな練習である。
獲得標高600m

20日(水)今朝も大将山ピストン。
起きた時、喉が痛んだ。風邪か?
ペースも上がらず走れず… 登りは歩く。
4.66km 累積標高549m 1時間2分0秒

時計を止めたら1時間2分0秒と秒数はぴったり。どこかで見たな?と思ったら奇跡的に昨日とまったく同じタイムだった。距離や累積標高は若干の誤差はあるが、タイムは正確である。
やはりパフォーマンスは低下で昨日より70m標高が足りず、距離も640m不足だった。

夜→朝→夜の3連チャンが限度かな。4連チャンだと、4発目はがっくりペースが落ちる。今夜は時間もないしジム練は休んで、明日の朝がんばるよ。どうやら9時ぐらいまで時間が取れそうなのだ。

足が重い時にさらに負荷を与えて鍛えるのもひとつの方法だろう。でも、フレッシュな時は全力を出せる。どっちらがいいのか?もちろんその時々によってだと思う。まあ、歳を考えると後者の方がお利口さんな感じがするけれど、ランナーはサボり下手だからなあ。

とりあえず、今月はここまで累積標高12644mまで稼いだ。月初の目標15000mまであと2400mほどである。
明日から飛び石連休的に三日間の休みがある。15000mまではがっつり標高を稼ぐ。その後は走る練習も入れるよ。
とにかくこの練習はペースが遅いので、まったくランニングの距離は稼げないのである。
予定しているレースは奥武蔵ウルトラマラソン1本だけ。それに向けての練習開始である。まあ、来週からねだね。
c0206177_07562182.jpg
終わる頃の5時半は明るくなった。早朝ランも暗いうちに終了でなくなって来た。日中の暖かさより、こういうのが一番季節を感じるものである。

# by nao-yamaniiku | 2019-03-20 22:47 | トレイルラントレーニング | Comments(0)
孫3号の誕生会
金曜日夜深夜から孫3号の1歳の誕生日祝いに兵庫の某所へ。相変わらず長距離ドライブは好きなのである。
しかし、長距離高速道路なのでスタッドレスはもういいや、と思ってタイヤ交換したら、新名神の宝塚の手前から雪だよ。まったく… オレ様らしいのである。

昨日は孫1号家周辺をランニング…と走り出したが、怠くて200mで退散した。気持ちが乗らない時は休む。無理して走って走力を上げるお年頃ではないと自覚している。もっとも時に無理して走ることもあるが、孫家に来てまでねぇ…
しかし、二度寝は気持ちいい。

今朝も休足したので、久しぶりに夜はジム練に行った。足の疲労は取れていた。いつもはキツイ傾斜15%のトレッドミルだけど心拍数160に上げられ、走り続けることが出来た。休足の効果を実感。疲れていると心拍数を上げられない。ガーッとやって、そして休んでのローテーションだね。当たり前だけど… いい加減、『休み=サボり』を考え直さないとね。
とにかく累積標高獲得を目指して3月後半のスタートである。
c0206177_06543529.jpg
孫3号は女の子なので餅を背負わせるのはどうかと思ったが、身体の前後に0.5升ずつ背負わせているせいか、バランス良く歩き回っていた。彼女もトレイルランナーの素質がありそう、と悪いジィジは喜んでいるのである。選び取りにランナーの札を用意すれば良かったよ。

正月以来だけれど、2ヶ月会わないと成長は早いものである。ジィジをなんとなく覚えていたのか、まとわりついてくれたよ。まあ、もっとも一番喜んでくれたのは孫1号だけどね。嬉しいものである。
c0206177_07010615.jpg
髪の毛を伸ばす競争はまだ続くのである。

たまにはノーランの休日も仕方ないね。ランナー諸氏の大会や練習の様がFBなどで気になるが、焦ることも慌てることもない。リフレッシュも必要だよ。
c0206177_07060651.jpg
帰路の新東名から富士山が見えた。
2015年の富士山頂マラニック以来登っていない。
今年はどうかなあ。

# by nao-yamaniiku | 2019-03-18 22:44 | 最近のこと | Comments(0)
今月の累積標高ただ今10276m
今日は深夜に孫3号の1歳の誕生日を祝いに兵庫へ出発するのである。
孫1号、2号は男の子のせいか、一升餅を背負っても立ち上がったり、歩いたり、トレイルランナーの素質を感じた…と思ったのはジィジだけである。
孫3号は女の子なので、重たい餅を背負わせるのは可愛そう…なんて思っている。
まあ、正月以来のご対面なので成長が楽しみなのだ。

日中は休養の言い訳で仕事は休みにした。でも、ランナーは走るのに絶好の機会だろう。なにせ累積標高10000mという区切りに、あと1391mと迫っているのである。とは言うものの、いつものように平日だからこそ出来る事もあるので、そんなに時間がない。本当はハセツネ30kコースでもと楽しみにしていたが、ペンディングになってしまった。残念… だけどいつものことだからね。

仕方なく、せこく累積標高を稼ぐことにした。
今日も大将山のピストンである。1600mを目標にした。このぐらい楽勝でしょとやる前は強気である。
昨日、一昨日も早朝、同じコースを淡々と1時間の登り降り。結構、走れて調子は良かった。ところが今日は、最初の登りでパワーが出ない。1回の登りで稼ぐ標高は26mほど。1600mは遥か先である。こりゃキツイわ…
189mを登ってこれで累計8848mとエベレストの標高になったが、別に嬉しくない。

明るくなってヘッドライトを消してから、少しコースの整備。この1週間で伸びた笹をカット。道具持参である。ついでに落ち葉をどかしたり、結構、時間がかかってしまった。でも、おかげでストレスなく進めるようになった。

累積標高1617mで終了。タイムは3時間26分。距離は15kmほど。ヘロヘロ…

終わってから懸垂をした。バーを握る前から身体が重い。やっと8回の1セット。それ以上ヤル気にならず退散した。

さて、そろそろ寝て深夜の長距離運転に備えるよ。


# by nao-yamaniiku | 2019-03-15 18:23 | 野山北・六道山トレイル | Comments(0)
長髪1年経過
髪を伸ばし始めて1年経った。
きっかけは?よく分からないが、そろそろ60歳も近いし、文句を言う輩も減ったし、いっちょ髪を伸ばしてやろうか…なんて漠然と思った。

サラリーマン生活40年近く。二十歳の頃は肩以上髪を伸ばしてサーファー気取りで、ギャル(懐かしい単語)を追いかけまくっていた。
金がないくせにね…

働き始めて、髪は切れ、耳を出せ、身だしなみ…と厳しく指導された。1980年代はそんなもんよ。だらしのない髪から一転、兵隊生活が始まった。
そんな髪型も慣れるものである。が、いつかは弾けたい…という思いはあった。自由な髪が出来る職業の人を羨ましく思った。
鏡を見ると白髪もチラホラ。髪の毛は細く元気は無くなった。だけど、まだ何とか頭全体に髪はある。

まだギリギリ伸ばせそうなのでチャレンジ開始である。ちょうど昨年の3月初めは髪をカットするタイミングだった。
そして、まもなく孫3号が産まれた。女の子だった。髪が薄い方だったので、勝手に『ジィジと競争だね』ということで目指せ長髪になったのである

だけど、伸ばすといってもどこまで伸ばすのか、はたまた伸びるのか?どうしたいのか分からない。とりあえず5月の連休まで…を目標にした。
だけど50代後半のおっさんの髪の伸びは遅々たるもの。しかもサイドと後ろは伸びるが前髪は遅い。ベローンって感じ。襟足は跳ねるし、だんだんバランスが悪くなって来た。

情報を得るため『50代後半、60代長髪』なんてググっても大して参考にならない。しかも女性からは『オヤジの長髪ドン引き…』なんて声もある…
まあ、今さらオンナにモテても仕方ねぇ。

都内で仕事をしているので、男子の長髪も見ることがある。だけど、めちゃくちゃオシャレか、ボーボーかの二者。参考になる奴は少ないのである。
今の野郎どもは短髪が主流。まったくどいつもこいつも参考にならねぇ。個性のない奴ばかりだよ、なんてね。
自然と女子の髪に目が移る。夏前まで、(今もだけど…)女性の髪をジッと観察する怪しいオヤジだったのである。

この手のことに家族は厳しい。女性陣からバカにされ、たまに会う愚息は冷笑。『似合わない切れ』の合唱である。ひたすら辛抱の日々が続く。
会社でも年長者なので、誰も文句を言われないが、果たしてどう思われているのか…
いよいよ夏になりボーボーさが目立って来た。頭を下げて8月に我が家の女性陣御用達の美容院に行く許可をもらった。

さすがに知識は豊富で、日頃の髪の乾かし方やメンテナンスを親切に教えてくれた。そして、うまい具合に整えてくれた。だけど『ボブ』とか単語は分からず… ワンコの名前かよ…

だけど女神到来…   以来、彼女のことを"お師匠"と呼んでいる。
それから2ヶ月に一度が髪の定期検診になった。2月初めに孫2号と公園で遊んでいたら偶然、お師匠がいた。一気に緊張…  その時は結んでいたので、それを見てアドバイスをもらった。本当は2月中旬にカットに行く予定だったが、1ヶ月遅らせましょうということになった。

伸ばし始めて概ね1年。早いものである。自分史上一番髪の毛を触った1年だった。それまでは、ほとんど日中は触れたことがない。間違いなく、これまで生きて来た年月以上に髪を触った一年だったと思う。
ヘアオイル、クリーム、リンスやコンディショナーなど使い始め。頭皮をモミモミすることも始めた。
髪を乾かす、整えるのに今までとは違い洗いっぱなしに出来ず、時間をかける。ドライヤーも自分史上最も使った一年だった。
まったくこのオレ様が女と同じだぜ。
朝ランから帰り仕事に出るまで、どうも時間が押せ押せになったと思ったら、原因は髪をセットする時間がプラスになったのである。

完全に女子化である。
久しぶりに会う人は驚き。会合では気が付かれず。声をかけても『誰だおまえは?』という目で見られる。
前にも書いたが会社の男子には
『まだタバコ吸っているのか』
『いつまで酒飲むつもりか』
『いい加減、髪伸ばせ』
が酒の場での格言になってしまった。

人事の偉いさんからは『髪、凄いですねぇ』と案に否定される。歳も歳なんで多少の忖度はある… 
 契約書や覚書には特約事項があるのさ。さしずめ『naoさんはこの限りにあらず』ということ。なんて、言い訳しているのである。あとは、人生先が見えているんだから、最後にいいじゃん、抗わしてよ…なんてね。

だけど、ギリギリ結べるようになって、後ろがボーボーっぽくまとまらなくなった。今週末は兵庫で婿さんのご両親に会わねばならぬ。
整えようと3ヶ月ぶりに先の土曜日にお師匠の元へ行った。

前髪とサイドは結べるようにカットせず。後ろを少しカットしてもらった。これでまた2、3ヶ月様子見である。5月ごろには、髪を結ぶのも様になっていると思う。が…

あとに続くランナーはいないかな。仲間が居なくて寂しいのである。
c0206177_19083448.jpg
1年前、孫3号とスタート。
c0206177_19085829.jpg
6月中旬。孫3号のお食い初め。
c0206177_18055959.jpg
髪の毛カット1時間前。孫4号初ベビーカーである。襟足がうざったい。

気まぐれなので突然、思い立って切っちゃうかもね….


# by nao-yamaniiku | 2019-03-12 22:46 | 最近のこと | Comments(0)
3.11とここまでの累積標高
3月11日14時46分は、なんとなく1人でいたい。
今日もあらかじめ大宮〜新都心方面へ用事を作った。
自然災害は防ぎようはないけれど、災害が起きることによって、人災は発生して欲しくはないものである。
この8年は自分にもいろいろあり過ぎた年月だった。濃い時間?   うーん、今まで生きて来た成果を試された期間だったかな。

朝は激しい雨だった。走りに行こうと家を出たが、今日は早めに仕事に行こう…と100mほどでUターンした。それだけでもビッショリ。寒くなかったので面白いランになったかもね。
14時を過ぎて陽が出てから急速に暖かくなった。

疲れはあった。上半身、脇腹から力こぶにかけてのジワジワした筋肉痛は懸垂だね。でも、懸垂といっても1回5分〜10分しかやってないけどね。
足の重たさはどうなのかなあ。昨日の昼間は、都会で12kmほど歩いた。これが意外とかったるい。走った方が全然楽ちんなのである。

昨夜から今朝にかけて春の嵐だったみたい。この先の天気予報は朝は0℃近くまで下がる時があるみたいだけど日中は気温が上がって来るよう。

今月は走行距離を追うのをやめている。目指すは累積標高で、今月は累積標高15,000mが目標である。
今月はここまで6,421m標高を稼いだ。山が5,441m、トレッドミルは980mとなっている。トレッドミルが少ないのは、次女が里帰りしていたこともあり夜は家にいないとねぇ…   今週からはジム練通いが出来そうだ。

3月は1/3が経過して、このペースならば18,000mに達する勢い。1日の平均600mである。これは自分的になかなかものだ。だけど皮算用しても仕方ない。次の土日は兵庫に行くので貴重な休日の2日間はゼロになる。それでも目指してみるけどね。

ここまでの登り練習の成果は、足が重くても1時間程度なら続けられるようになって来たことかな。傾斜を歩くことが当たり前になって来た。
同じペースでなく、何本かに1本は走り切って心拍を上げたり、あるいは歩くスピードを上げたりしている。

人によって、一流のトレイルランナーは平地ランを主軸としているので、トレミの傾斜15%は傾斜を付け過ぎと言う。要は登るよりスピードを付けた方がいいということ。
だけど一流じゃないし。60歳前の初老だからね。自分の好き勝手にやらせてよ…である。

登り降りをした後、平地を走ると軽く感じる。以前は登り降りした後は、走るのが億劫だったが大丈夫。なんとなーく、効果を感じ始めた初春である。
c0206177_11380695.jpg
昨日の朝。だいぶ夜明けが早くなった。
c0206177_11380875.jpg
昨日のラン後の帰路。富士山のつるし雲?一瞬雲が富士山かと思ったよ。やっぱり夕方から雨が降った。

# by nao-yamaniiku | 2019-03-11 22:36 | トレイルラントレーニング | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
今後の予定
2月23日(土)24日(日)
小江戸大江戸200k 
203㎞
  
最新の記事
風邪引いた…
at 2019-03-22 21:59
登り練のこと
at 2019-03-20 22:47
孫3号の誕生会
at 2019-03-18 22:44
今月の累積標高ただ今10276m
at 2019-03-15 18:23
長髪1年経過
at 2019-03-12 22:46
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ