nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
TTRハーフ
6月17日(木)
64km(?)+4.5km/197.7km
TTRハーフ&バス停ラン

雲取山山頂にて
c0206177_18244658.jpg

いつの疲れモード

6月17日(木)は2005年から気になっていたTTR(ハーフ)をようやく実施。
ここのところ忙しく休日出勤もたくさんやったので御褒美。しかも、今週の天気予報だとここしかない!という日を確信犯的に狙ったのだ。
しかし、前日は早く寝て備えたかったがかなわず・・・
仕事で遅くなってしまい寝たのは0時過ぎ。翌朝は4時起き。
6時間は寝ないと調子の出ない子としては寝不足。

目ざまし音で起きた時は、「ダメだこりゃ」で断念しそうだったが、せっかくだから「行けるとこまで行こう」とがんばって起き上がる。
事前に記した「持物リスト」を見ながらザックに放り込む。(事前準備なし)

今日は、鴨沢ゴールだが帰りのバスの最終が19時台なので少しでもアドバンテージが欲しい。
電車だと自分の駅の西武立川駅からだと6時前が青梅駅着の最速。
そのため、スタートの青梅永山グランドまで車で行く。
途中で、吉野家で牛鮭定食大もり食べ、コンビニで行動食購入。
5時15分ぐらいに着。
ダッシュで仕度する。どうやら忘れ物はなさそう。
スタート地点の青梅永山グランドまで降りる。(これもかったるい)

スタート~榎峠   1:20  心拍数141
榎峠~高水山    2:03  心拍数148
高水山~岩茸山  2:17  心拍数146

c0206177_6511812.jpg

スタート地点でロングの時の気合を入れる。
平日で、しかも奥多摩の奥地なので人には会わないだろう。でも、動物には遭いたくない。
「野生に帰るぞ!やれる!」
「うぉ~!」と叫んだら、後ろからウォーキングの年配の女性から「びっくりしたぁ」と言われ、「すみません」と小動物のようにあやまる。
恥ずかしいのでさっさとスタート。

スロージョグ。荷物が重い。眠い。
こんな調子でしばらくは高水コースの慣れた道を行く。
今日の目標は13時間ぐらい。なおかつTTRフルを意識し体力を余すこと。

淡々と淡々と行く。
前日までの雨でウェットでスリッピー。
雷電山からの道が分からないので、榎峠経由にする。
晴れ予報で暑さが心配したが今のところ曇りでグッド。でも、汗は凄い。
岩茸山から・・・山に雲がかかる・・・この天気が続けばいいが。
c0206177_742228.jpg

この時期は、大雨でなければ夏至も近いので長い行動時間が取れる。
あとは蒸し暑さがなければ体力的に楽だが。

岩茸山~棒の嶺     3:20  心拍数147
棒の嶺~日向沢の峰  4:49  心拍数154

岩茸山からは、昨年8月16日に、青梅~川乗山~奥多摩駅を実施したが、暑さと黒山までの登下降でヘロヘロになり、さらに青梅スタート直後に大転倒、右ひじ、右ひざが出血。血を流しながらのラン。
結局、高橋氏のレリーフに手を添え、「今日は無理しない」と棒の嶺から川井駅へ降りてしまったいやな思いがある。
今日は、高橋氏のレリーフの前で「まだ行けるぞ」と先に進む。
棒の嶺に着。あたりまえだけど、だあれもいない。

ここから日向沢の峰までの登りもポイント。
急登、しかも滑りやすく足場が確保できない。しばしば両手をつく。
キタタンのトレにはなるかな?
ようやく登り切る。

日向沢の峰~蕎麦粒山  5:13  心拍数154
蕎麦粒山~一杯水     5:44  心拍数149
一杯水~西谷避難小屋  6:54  心拍数148

ここの区間は大きな登りもなくフラットな道が続くので走れる場面が多い。
蕎麦粒山山頂で腰を降ろし地図を確認しようと思ったが、虫たちの襲来!
今日は時期もあるのだろうが、休憩中は虫がうざいうざい。
c0206177_728468.jpg

一杯水は、昨日までの雨で少しは水量が多いと思ったらそうでもなかった。
ハイドレーション(2リットル)は半分ほど消費。ペットのレモンティーは空になったのでそれぞれ満タンに補給。
一杯水避難小屋を通ったらようやく人に会った。
今日は、雲取小屋まではそれ以外2人だけ。静かな山旅だった。なかなかいいものだ。山は平日に限るなあ。
西谷避難小屋の分岐で小屋に向かって降りようとしたら滑って転ぶ。
立ち上がって、小屋をスルーして水松山に向かう。
なんでもないところなのでガッカリ…

西谷避難小屋~水松山  7:48  心拍数145
水松山~芋の木ドッケ   8:57  心拍数141
芋の木ドッケ~大ダワ    9:17 心拍数124

芋の木ドッケまではまた登りのポイント。
c0206177_741116.jpg

疲れが出て来たぞ。

根っこ地獄と倒木の嵐を進む。
その昔、10年ほど前に芋の木ドッケあたりで迷ったのを覚えているので多少不安があった。
しかし、所どころ赤いテープがあったり、結構踏まれたりして迷うことはなかった。
芋の木ドッケからは、急坂。大ダワまで降りる。
ようやく見覚えのあるところに出た来た。

大ダワ~雲取山   9:54  心拍数137
雲取山~七ツ石山 10:36  心拍数130
七ツ石山~鴨沢   11:43 心拍数128

トータルタイム 11:43’03 ・・・なんとかサブ12時間

大ダワから雲取山に向かって登る。
雲取山荘でペットに水を入れる。めずらしく誰もいない。15時ぐらいなのに。
いつもだったらこの時間はたくさんの人なのにね。

去年の秋以来の雲取山山頂。
まだ、10時間前だぞ。なんとか11時間台でゴール出来そう。
ここから降る。が、バネがなくロボットのよう。ゆっくりだけれど走る。
七つ石山へ最後の登り。割と順調な登り。
そして、鴨沢までの長い下り。
しばらくは、滑りやすい。
堂所に着く。最後の食料、アミノバイタルを飲む。

ここでバス時間確認。鴨沢西発17:04。鴨沢なら17:05ぐらいか。
ここからの下りはとても走りやすいので飛ばせる。ガンガン行く。
やがて、舗装路。時計確認。17:00・・・ う~ん間に合わん。
結局、鴨沢へは17:10着。バス停で時間確認してたら、おばあちゃんに「バス行っちゃったよ」と言われた。
あ~、あと10分、いや5分早くスタートしてたら乗れたのに。

鴨沢バス停からの次バスは19時6分。2時間後。
事前にプリントアウトした奥多摩のバス時間を調べる。
峰谷橋バス停17:45発、小河内神社バス停18:44発。
峰谷橋バス停まで走るしかない。時計は17:15分。あと30分。
疲労困憊でペースが出ないので深谷橋から慌てだす。

まったくなんでこーなっちゃうんだろう。
レースのラストスパートのように走る。大量の汗。息が上がる。
峰谷橋が見えてきた。17:42着。間に合ったあ。
で、バス停はどこだ?
あった。急いでスイカを取りだす。すぐバスは来た。
手を大きく振る。(バカみたいだがそれほど嬉しかった、ホッとした)

ということで、TTR(ハーフ)のゴールの余韻を楽しむこともなく。
「どこが一番きつかった?」と聞かれれば、「いや~、鴨沢からの4.5kmのランですね」と答えてしまいそう。
次は、鴨沢から高尾までだな。

<食料>
甘いパン3個、ゼリー3個、おにぎり1個、カロリーメイト2ブロック・・・すべて消費。不足気味。
<水>
ハイドレ2リットル、ペット500・・・ペットは不要だったかも。途中、補給出来、ハイドレで十分。
<その他>
着替え、ライト、ジャケット、カメラ、携帯、財布
by nao-yamaniiku | 2010-06-18 18:24 | TTR(OTK) | Comments(2)
Commented by くりすけ at 2010-06-19 23:02 x
お疲れ様でした。
やはりバスの便が少ないのは不便ですね。
普通だったら鴨沢に着いたらノンビリとしたいところだったでしょうけど・・・・。
そこから先が一番の関門だったようでしたね((・・;))。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-06-21 08:27
kurisukeさん
バス時間の格闘は予想どおりでしたね?
走りはじめはキツかったですが、kurisukeさんに「TTRやります!」って宣言してしまいましたしね。
でも、静かな奥深い山で楽しい山旅でしたよ。
<< 横浜シティロゲイン参加 ランのない週末 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
今週の土日の練習
at 2018-08-19 22:18
今日は疲労気味
at 2018-08-17 21:52
終戦記念日に想う
at 2018-08-15 21:05
9月のレースは間違えた…
at 2018-08-13 21:38
裏山ファイブやっと一周
at 2018-08-12 20:56
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ