nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
今日は定期検診
c0206177_12500271.jpg
2016年2月9日にくも膜下出血から退院して、もう何度目だろう…  数えたら20回ほど。今日は定期検診の日だった。
今はだいたい2ヶ月ほどの期間で通院している。そして、半年ごとにMRIの検査をしている。

退院した頃は日常的に頭のだるい日々が続いた。それが2日に一度になり、3日、1週間…とサイクルが長くなった。ちょうど1年前、FUN TRAILS名栗の前に調子が悪くなったのが最後かな。年末も少し頭がだるい日があったが、あまり気にはならなかった。まあ、この1年は順調に来ているのではないかな。

12月の免許の更新の時、くも膜下出血のことをバラしたら『運転していい』みたいな診断書を医師に書いてもらうよう書類を渡された。前回、2月の検診の時はすっかり忘れてしまったが、今回は持参して書いてもらった。
内容から、もしnaoさんが運転中に脳疾患で倒れて事故を起こしたら、書類を書いた医者に責任…なんてことになりそうで、『断られるかなあ?』なんて思ったりもした。でも、慣れているのか、ハイハイなんて感じで書いてくれた。頼りになるぜ。

いつも思うけど、いったいいつまで通うのか?ということ。血圧の薬ぐらいだったら前に通っていた30年来の女医さんからももらえる。まったく行くことはなくなったが、くも膜下出血で倒れたことをご存知で.心配して頂いたと聞いた。

禁酒前は行く度に叱られたけど、この歳になって叱られることはなくなったので、叱られたくて行ったというのもあるな。
『あなたの命の保証は出来ないけど、あなたの手助けは出来るわ』『わたしはもう歳だからいつまでもあなたを診られないのよ。わたしを安心させてよ』など… 『うるせぇ、ばばあ』なんて思ったりしたが、今では感謝いっぱい。母親と同じだね。今でも自分にとっての名言であり、叱られた言葉の数々を覚えているよ。

結局、秋になったらMRIの検査しましょうということになった。今のところ2、3ヶ月のローテーションが程よく、通う度に入院していた頃を思い出す。意識が戻ってからが本当の苦しみだった。ずっと続く激しい頭痛、身体の痛み、身体が思うように動かせなくて、辛くて苦しくて1日がとてつもなく長かった。
緩い方へ楽な方へと生活が行きがちな自分の戒めになる。

それを思うと、UTMFなんて、へっ、たかが168km走って、2日寝ないだけだろ… 足の痛み、睡魔だって…  そんなもんたいしたことねぇーだろ、なんて言っちゃったりしてね。
そういう意味では、UTMF前のこの時期の定期健診は、山で100km走るトレーニングより気持ちが上がって、いい練習になるぜ。

若い頃(40代まで)は病院なんてカンケーねぇ、なんて思っていたが、いつのまにか病院が心の友なのである。

by nao-yamaniiku | 2018-04-17 21:23 | リハビリトレーニング | Comments(0)
<< しつこい風邪 UTMFの準備 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
地元のロングトレイルラン50km
at 2018-05-27 19:01
秋の目標レース
at 2018-05-23 23:40
彩の国とロード練
at 2018-05-20 20:50
彩の国応援と奥武蔵トレイルラン
at 2018-05-19 20:39
訃報
at 2018-05-17 21:27
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ