nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
UTMFの反省
UTMFが終わって1ヶ月が過ぎた。
しかし、酷いリタイアだったなあ。あまりにも恥ずかしく、不甲斐なく、気持ちも塞いでいる。
FBのUTMF関連は全部スルー。UTMFのHPは見ず。自分の中でUTMFは、なかった事にしている。
オレ様の前で『UTMFなんちゃら…』は語るなである。

しかし…  今さらだけどUTMFのリタイアに後悔し始めている。
彩の国で必死に関門を通過しようとしていた選手のことを思うと、自分はなんて甘いのだと思ってしまう。

リタイアの理由は痙攣がかつてないほど酷かったこと。1時間はほぼ同じ場所で、のたうち回っていた。
その後も遅々たる歩みで時間ばかり経過した。何人、何百人が過ぎ去っていた。声をかけてくれた選手もいた。『naoさん…』と心配してくれた選手もいた。

山から降りて下りのロードも足が痛くて走れず歩いた。周辺に選手はあまりいない。急に寒くなった。早く帰りたくなった。これで麓エイドで終わりにしようと決めた。

スタートから麓まで約50km。11時間35分かかった。順位的には後ろに100人もいなかったと思う。
だけど制限時間の46時間まで34時間半程もあった。時間は有り余るほどあった。

なんで自分はダメなんだろう…  
足は痛かったが歩けた。
先に進んでいれば…
たとえ関門アウトになったとしても、次のエイドでリタイアだとしても、今のような後悔はなかったはず。『やり切って』リタイア、関門アウトでも、惨めな気持ちはあるだろうが納得出来たに違いない。
『後悔先に立たず』もう、何度、このことわざが当てはまったのか…

『あの先、果たして自分は完走出来ただろうか…』なんて考えたって、進まなかったから答えは出ない。いや、進まなかったという答えを出したからリタイアになった。結果がすべてである。

年齢的に、これからは関門や制限時間を気にしながらのレースが多くなってくる。根本的にレースに対する意識を変えていかないと、無様な結果が続くに違いない。

舐めていたので、UTMFは完走以外考えていなかった。レースが終わったら5月の週末は、バイクで東西南北、いろいろ行こうと画策していた。気候のいい時期にバイクを楽しもうと思っていた。
だけど、白紙。

今は挽回中。このままではいけない… 
 山対応&ロングラン走対応でこの4週は、8時間近く、40km以上の山ラン、ロードランを続けている。平日の朝ランは、週中にウィンドスプリント、いつものストレッチにたまに筋トレも行なっている。

秋に選んだレースは、ハセツネと神宮外苑24時間。また、『落とし前』をつける時が来た。

まずは、7月8日の『おごせ・ときがわ』で、しっかり自分らしいレースを取り戻す。
c0206177_08532581.jpg


by nao-yamaniiku | 2018-05-29 22:34 | UTMF | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2018-05-30 06:06 x
MFロスとは違うのでしょうけど、レースの落とし前はレースでつけちゃってください!おごとき、時期が変わって今年は暑いレースになると思いますが、頑張ってください!
Commented by nao-yamaniiku at 2018-05-31 04:01
> 通りすがりさん
ありがとうございます。
おっしゃる通りになりたいものですが…
ダメ続きですので、レースが怖くなりましたよ。(笑)
まあ、がんばります。
<< 疲労モード 地元のロングトレイルラン50km >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
FT100kと定期検診
at 2018-06-19 20:36
今の状態
at 2018-06-18 06:38
京都
at 2018-06-17 23:52
報われないなあ…
at 2018-06-15 22:30
オオタカの巣
at 2018-06-12 21:54
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ