nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
過去の大怪我と故障
c0206177_11274412.jpg
だいぶ雪解けが進んでいる… 頭の問題があるので2年間ほど行っていないが、今年は行けるかなあ…

長く運動を続けていれば、怪我や故障を覚悟しなくてはならない。その度合いが最悪の場合、命にかかわることもあるし、競技が出来なくなる場合もある。

特に山走りやバイク(この数年ちょっとだけど)は、毎年、何人もの方が事故で亡くなっている。歳も歳だし最悪のことも考えておかなければならない。その前に最悪にならないように日々注意すべき。もっとも人様からは、そんな危ないのは止めればいいのに…と言われるだろうが、生きて行く上での"生きがい"に選んだ場合、仕方ない…で片付けるしかないのである。

自分が最悪な怪我や故障は過去2回。
2004年と2006年に経験した。

2004年は5月にバイクでコーナーに突っ込み、左肩を強打。脱臼して包帯が取れたのは夏が終わった頃だった。時期が時期だったので痛いけど、痒くてもかけないもどかしさを思い出すなあ。
2006年は今まで縁のなかったなかった腰痛。あまりにも酷くて歩くのもままならず。夏頃、ようやくバイクに乗れるようになり、秋頃、少し走れるようになった。結局、完治までは1年近くかかった。
これは辛くて、もう、二度とハセツネに出れないと思って、泣いた夜も一度じゃなかったなあ。当時、二十歳だっかな?長女に慰められたことを今でも感謝している。彼女は忘れているだろうけどね。

歩きなら大丈夫なので、今朝は時間が少し取れたこともあり朝ラン、いや歩きをした。
小走りにゆっくり走る、歩く分なら何とか痛みは我慢出来る。3kmぐらいするとこなれて来る。試しに走ると首や肩に衝撃があり、痛みが増して、即、スピードを緩める。
小走りしていると前傾姿勢になっているのを気づく。身体を起こすと痛む。前傾が楽である。

11kmを1時間47分ほど。キロ9分40秒ペース。
まあ、これで十分だね。歩ければ山に行ける。
昨日から痛い部位が首から右肩に移動した。でも、走り終わったら左肩も痛くなった。
背中の上部のいろいろな部位が痛くなり、どこが本当に痛いのか分からない。
c0206177_11273195.jpg
ストレッチも首や肩をケアしながらゆっくりである。


by nao-yamaniiku | 2018-06-07 23:37 | 健康管理 | Comments(0)
<< 肩が痛くて重症 この時期恒例の人間ドック >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
今後の予定
9月9日(日)
トレニックワールドin外秩父 43km

10月7日(日)〜10月8日(月)
ハセツネ 71.5km

11月10日(土)〜11月11日(日)
神宮外苑チャレンジ24時間走 
  
最新の記事
三連休の過ごし方
at 2018-09-24 22:19
村山会ハセツネ前の巻
at 2018-09-21 23:03
ブログ9年経過
at 2018-09-18 22:35
東飯能〜巾着田の曼珠沙華〜顔..
at 2018-09-16 19:07
ジム練はやり切れる
at 2018-09-15 21:23
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ