nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
今の状態
6月3日に転倒して痛めた右肩・首。でも、転倒翌日からは快方に向かって、6月8日には50%くらいに一旦は改善した。この時点では復帰は早く、週末には山歩きが出来ると思った。
ところが、その週末の6月10日(日)に100%の痛さに復活。この日は何も出来ず家のソファで転がっていただけ。

翌日の月曜日も痛さは同じ。仕事が終わってから、予約していた整形外科に行った。診断は首の捻挫だというが、診断結果が分かっただけで痛さはまったく治らず。

だけど、1週間が過ぎ、ようやく80%レベルぐらいまで治まった。毎日、ほとんど痛さは変わらない。少しずつ…って感じである。
一番痛い時は寝起き。というか痛くて目が覚める。これはずっと続いている。
起きてストレッチ。肩をゆっくり回したりする。そのあとワンコの散歩に行って、帰ると痛みが治まって来る。

痛み止めの薬は処方されたが、いよいよ我慢出来なくなるまでは、飲まないようにしている。『いよいよ我慢出来なくなる…』という感じはくも膜下出血の入院中に人生最悪の苦しみを経験しているので、普通の人よりは鍛えられていると思う。
それにロキソニンなどの痛み止めは、絶対、レースでは使わないと誓っている。レースでは薬に頼らないのである。ケガや故障はレースではないが、なんとなく嫌悪感がある。

このところ毎回、ブログで『痛い痛い』と子供のように騒いでいるが、確かに痛い。だけど、痛い右肩は回せるしパソコンも打てる。字も書ける。箸も使える。はた目で見ると分からないと思う。
当初、大きなダメージがあり、回せなかった首は左右に動かせるようになった。

自分処方してみると、右の首の付け根を押すと『あうんっ…』なんて呻き声が出てしまう。ツンと痛む。そこから肩と腕の付け根の外側が範囲のよう。

ブログで騒いでいるので、いろんな方からご示唆頂いている。結構、同じようなご苦労なされた方が多いのにびっくり。くも膜下の時はお仲間がいなかったけど…   肩、腰といった部位はケガや故障の王道なのだなあ。

前回、行った整形外科にもう一度行こうかと思った。でも、有名なところみたいだけど、今回の自分には合わない感じ。

このまま、少しずつでも良くなってくれればいいけど。毎朝、痛みで目が覚めるとガッカリだよ。
まあ、足は元気。歩ける。ランは衝撃があるのでNG。今週末は山歩きしてみたいものである。

by nao-yamaniiku | 2018-06-18 06:38 | 健康管理 | Comments(0)
<< FT100kと定期検診 京都 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
今後の予定
9月9日(日)
トレニックワールドin外秩父 43km

10月7日(日)〜10月8日(月)
ハセツネ 71.5km

11月10日(土)〜11月11日(日)
神宮外苑チャレンジ24時間走 
  
最新の記事
三連休の過ごし方
at 2018-09-24 22:19
村山会ハセツネ前の巻
at 2018-09-21 23:03
ブログ9年経過
at 2018-09-18 22:35
東飯能〜巾着田の曼珠沙華〜顔..
at 2018-09-16 19:07
ジム練はやり切れる
at 2018-09-15 21:23
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ