人気ブログランキング |

nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
平成時代
街灯・ネオン・看板が消灯し、真っ暗な新青梅街道だった。自分のクルマのライトだけがやけに明るかった。自分のクルマでどこへ仕事に行ってのか忘れたが、幹線道路なのに真っ暗だったのは今も鮮明に覚えている。これが昭和から平成への思い出である。

平成元年に父が亡くした。自分の今の年齢である59歳だった。
当時はタバコを吸いまくり、ビールを飲みまくり…  運動不足で体重は今より15kgオーバーの75kgほどだった。小さな娘が2人。父のどちらかというと早死にのこともあり、先行きの健康に不安があった。
そんな夏の終わりに昭和記念公園へ出かけた時、女子のトライアスロン大会があった。何気に見ているうちに『オレも…』と決意。

当時住んでいた団地の周り約1kmを走るようになった。といっても電柱1本分でゼーゼーした。こりゃ、目標がないとシンドいと思い、上尾シティマラソン(ハーフ)をエントリーした。これが始まり。
そして、ロードデビューからトライアスロンの大会に出るようになった。

山のレースは平成6年の日本山岳耐久レースが初めてだった。平成5年の第1回大会から始まったが、当時は70km以上走ること、まして山の中を走る?状況が分からず、恐ろしくて見送ったのである。
レースは10時スタート。ちょうど巨人と中日の10.8の決戦日で、日の出山を通る時、スタッフさん達がラジオ中継を流していたのが印象的であった。

ロードレースと違い、当時は800人ぐらい?だったかな。国立公園ということもあり、すぐに大会は無くなると思っていた。

30代後半から40代は仕事が忙しく、ランの練習はなかなか出来なくなった。だけど、年一度のハセツネは『この日だけは野生に還る…』と出れない年もあったが、年に一度のモチベーションになった。ハセツネ以外の大会は出なかった。これが細々だけどランを繋ぐことが出来た要因である。まあ、失われた10年?  そうではなく、ランニングを続けることが出来た価値ある時期だったかな。

ようやく走れる時間が取れ始めたのが2008年。気がつけば40代後半になっていた。そして2009年にこのブログを始めた。そして、今日に至る。
平成元年当初の自分に、30年後に走っていること、タバコや酒を止めたことを教えたら、さぞかし驚くだろうなあ。

でも、もっと驚くのは4人の孫がいることかなあ。
c0206177_14320441.jpg
GWで兵庫から孫1号、3号が来た。女の子の3号と一緒に伸ばし始めた髪。ジィジが勝ってるぞ…

結果、平成時代はまあまあじゃなかったかな。

by nao-yamaniiku | 2019-04-28 22:01 | 最近のこと | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2019-05-05 12:37 x
昭和から平成の移り変わりのときですか。
まだ冷戦が続いていたころですね。
その後すぐにソ連が崩壊したり、すごく慌ただしい時代だったようにも思います。
当時は土地の値段が上がらないなんて想像もできなかったですね。
人が増えるのだから、狭い日本なら値段は上がる一方だと。
平和な時代にスポーツをすることができてよかったなと思います。さて、令和はどうなりますやら。
Commented by nao-yamaniiku at 2019-05-07 06:32
通りすがりさん

残念ながらバブル期の御利益無しの生活でした。(^^)
下々の者なので、バブルもバブルも弾けても生活自体は変わらなかったなあ。その頃は懐かしい思い出です。
<< 2019年4月のこと 連休の予定 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
今後の予定
6月2日(日)
奥武蔵ウルトラマラソン
78km

6月23日(日)
TGG
約60㎞
  
最新の記事
孫4人が集結
at 2019-08-20 22:24
お盆週終了
at 2019-08-18 21:57
終戦記念日
at 2019-08-15 22:12
お盆休み
at 2019-08-14 22:09
山のロング走100マイル対策
at 2019-08-13 22:08
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ