人気ブログランキング |

nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥多摩トレイルラン(青梅起点)( 25 )
山のロング走100マイル対策
山の日の振替休日は山のロング走の日だった。
時期的に距離を目標にすると、スピードを意識してしまい10kmほどで撃沈…というのが夏の定番である。目標はあくまで時間にすべき。12時間動き続けることが今回の任務である。

始発電車で拝島駅から福生駅まで。
ここから大澄山を皮切りに大岳山まで。最近のマイコースである。
5時過ぎにスタートしたが、初めから暑い。まずはゆっくり、二ツ塚峠までペースを作る。
暑く感じたけど、これがしたかったと思うと楽しくなるものである。出だしとしてはよろしいモチベーションである。
二ツ塚峠の青梅側でコーラ休憩はマスト。

赤ぼっこ〜天狗岩にも寄るが、天狗岩は特に…どうってことなし。
c0206177_07130275.jpg
日の出山まで4時間12分かかる。前回は4時間9分。天狗岩へ寄ったからかな。だけど、梅の谷峠からの区間タイムは前回と1秒しか狂わなかった。すげぇ…正確。
日の出山はすでに登山者がいたので、先の山荘脇のベンチでおにぎりタイム。気象条件から休憩が多くなる。御岳の参道でも、またコーラ休憩…


長尾平から時間稼ぎのため、往復共、七代の滝、岩石園を回る。ここは涼しい。うーん、もう少し食料を持って、この辺を時間までグルグルした方が良かったか…
c0206177_07194291.jpg
c0206177_07190019.jpg
今日はスマホのバッテリー消費確認のため、不必要な時は電源をOFFにしておいた。このところバッテリーの減りが早くなっているのである。結果、13時間ぐらいだったけど残量78%ぐらいだった。レースではONにして途中で充電作戦かなあ。

大岳山へ登って、一旦、鋸山方面へ下る。下り切って、また、登り返した。時間稼ぎである。が、単にキツイだけか…
c0206177_07243406.jpg
帰路も七代の滝まで下るが、長尾平までの登り返しは侮れずキツイ。御岳神社で参拝。

日の出山へ到着。この時点で8時間オーバー。山頂で5分休憩し大福を食べる。このところ山には必ず大福持参である。金比羅尾根を進む。
下るにつれ、暑くなって来る。うーん、まずい気配… 

五日市へ降りて来て、コンビニでサンドウィッチとフランクを食べる。もちろんコーラもね。タイムは9時間55分。時刻は15時ぐらいなのにクルマは満車状態。行楽客のおやつタイムだね。汗クセェジジイは居る場所がないよ。

さて、ここからが、たいしたアップダウンではないが大変だった。
広徳寺を過ぎて小峰公園へ向かうが、ここら辺で左目の上奥が痛むようになった。ヤベー、熱中症もどきである。汗も凄い。まあ、ずっと滝汗だけど…  
普段、走る時、夏はスキンメッシュは着ないが、今日はパワーメッシュを着てみた。正解。ノースリーブの汗は引かないが、身体が汗でベトベトする感じはなかった。

小峰公園から網代城山へ。ここの登りで何度か座り込んでしまう。五日市を過ぎたら人の気配がなくなったからね。自分に甘いのである。
c0206177_07350776.jpg
山頂でグッタリ…  低山はキツイわ。
c0206177_14052987.jpg
そして最後の弁天山。これで山はすべて終了。ここから降ってロードを拝島駅まで走る。
が、暑い…  BURRNだぜ。太陽が背中を直撃。
だけど、なんとか走りきれた。途中で歩きもあり、コーラ・おにぎり休憩やガリガリくんを食べたり… なにかと忙しい…

拝島駅で南口から自転車を置いてある北口までコンコースを通る。エスカレーターで標高5mほど稼ぐ…
そしてまたコーラ… 都合2.5リットル飲んだぜ。身体にいいのかな?

62.38km。13時間7分28秒。累積標高3019m。
距離はもっとあるだろう。でも、13時間動けたからよろしいだろう。
だけど、このタイムでこの距離じゃ、koumiは関門にかかるね。でも、今回はいいや。

今日は御茶ノ水〜神田、日本橋、東京駅と歩いた。あっ、仕事ね。開業目前の室町テラスの辺りで、クラクラして来た。意気がって、今朝も走ったが身体にダメージはあるようである。不釣合いな日本橋三越本店に逃げ込んで、身体を冷やしたよ。

タイム忘備録

福生駅〜二ツ塚峠
9.14km 1時間36分35秒
413m
〜梅ヶ谷峠
5.43km 1時間10分12秒 2時間46分48秒
279m
〜日の出山
7.81km 1時間26分23秒 4時間13分11秒
586m 休憩5分
〜大岳山、七代の滝経由
6.75km 1時間48分10秒 6時間1分22秒
694m
〜大岳山登り返し、七代の滝経由、長尾平
5.06km 1時間34分57秒 7時間36分19秒
342m
〜御岳神社、日の出山
2.50km 35分50秒 8時間12分9秒
175m 休憩5分
〜五日市ファミマ
9.57km 1時間37分42秒 9時間55分18秒
112m 休憩14分
〜広徳寺、小峰公園、網代城山、拝島駅
15.71km 2時間57分26秒 13時間7分28秒
410m

by nao-yamaniiku | 2019-08-13 22:08 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
福生駅〜大岳山〜武蔵五日市駅
顔に水が当たって冷たくて気持ちいい…と思っていたら、窓が開いていて雨が吹き込んでいたのであった。おバカ… 慌てて起きるも面倒なことになっていた。

そんな事もあり、始発と思っていたが、福生駅に着いたのは6時20分ぐらいになってしまった。
今日は福生駅からスタートして、大澄山を皮切りに日の出山〜大岳山まで行くつもり。

ところがすでに蒸し暑い。暑熱順化もないのでキツイ。大澄山〜浅間岳辺りですでにヘロヘロになり止めようかと思う。クモの巣も多いし… だけど、再び100マイラーになるべく時間はそうは無い。
c0206177_17412484.jpg
永田橋から大澄山、左にちょっと見えるのが大岳山。遠いなあ…

すでにゆる坂の上りも歩く。暑いとお腹に力が入らないんだよなあ。心拍を上げなくてもハアハアするし… 苦戦…
二ツ塚峠を青梅側に少し下りて自販機でコーラをがぶ飲み。うめぇ…
c0206177_17453359.jpg
青梅トレラン部の聖地、赤ぼっこで雄叫びを上げる。
梅ヶ谷峠から例のばぶぅさんダークトレイルは行かず林道をチョイス。koumiの林道走りをイメージ。
c0206177_17461871.jpg
でも、こんな勾配でも走れねぇ。
なんとか日の出山へ。4時間9分。

このまま五日市へ下ろうかと妥協案も、奮い立って大岳山へ向かう。
日の出山から大岳山までは風が心地よかった。だけどノースリーブ、ランパンは汗でびしょ濡れだよ。前回は雨で濡れた。
c0206177_17542361.jpg
大岳山へは、ちょうど5時間30分。
台風が近づいているせいか、登山者は少なかった。

武蔵五日市駅へ向かう。
通い慣れた道だけど気をつけて… 登りと下りじゃスキルが違うしね。
c0206177_22450724.jpg
帰路は御岳神社も寄った。
c0206177_22471796.jpg
武蔵五日市駅手前の五日市広場で頭、腕、身体を洗う。
44.18km、8時間23分31秒、累積標高2204mだった。もう少し距離、累積標高はあると思ったが…まあ、いいや。

ダッシュで帰宅して、東大和市駅の居酒屋へ。
元弱小中学サッカー部の暑気払い会。最近は体力的に22時前に終わってしまうが、今日は23時までみんな頑張った。
話題は定年と親の介護… それとこの歳になると一つ二つ不具合がある身体の事だね。オンナの話しは無くなったなあ…
しかし、ナショナルチェーン店だけど、喫煙率が高く、服がタバコ臭くなってしまう。特に長髪だと、髪に臭いがまとわり付くんだよなあ。


距離・タイム備忘録:追記

福生駅〜二ツ塚峠
9.58km 1時間42分56秒
UP454m
〜梅ヶ谷峠
5.1km 1時間28秒 2時間43分22秒
UP240m
〜日の出山
7.84km 1時間26分22秒 4時間9分45秒
UP593m
〜長尾平 
2.31km 23分35秒 4時間37分54秒
UP127m
〜大岳山
3.65km 51分38秒 5時間29分32秒28.48km
UP436m
〜長尾平 
3.53km 42分20秒 6時間19分28秒
UP63m
〜日の出山、御嶽神社寄る
2.49km 30分27秒 6時間49分56秒
UP172m
〜五日市会館
9.05km 1時間26分0秒 8時間20分10秒43.55km
UP108m
〜五日市広場
0.44km 3分20秒 8時間23分31秒
UP0m

by nao-yamaniiku | 2019-07-28 00:30 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
みたけ山トレイルラン応援
昨年に続きみたけ山トレイルランの応援に行った。

朝は拝島駅始発の電車。自宅から拝島駅まで走って距離を稼ぎ、薄暗い武蔵五日市駅から出発する。
金比羅神社への登りでようやく明るくなって来た。
c0206177_08014569.jpg
ちょうど日の出も見れた。

でも、走りの方はダメ。前日は32km走ったが、最後は歩いてしまった。なんか疲れているのかなあ。
やっぱり金比羅尾根の登りを走れなかったよ。下腹が痛いのも気になり、力が出ない。
途中で引き返そうかとも思ったが、歩きでいいから、せめて御岳まで行こうと気を取り直した。
c0206177_08114374.jpg
日の出山まで1時間45分と最近では最遅。

休まず先へ進む。時刻は8時半前。レースのスタートは9時30分なので時間はたっぷりある。
予定通り大岳山まで行くことにする。
c0206177_08271986.jpg
御岳神社で参拝。レースの準備をしていた。
c0206177_08275636.jpg
先日の雪が少し残っている。スタッフの方々が持ち場に移動している。
登りになると足が重たい。登りが辛い。
c0206177_08301612.jpg
ようやく大岳山山頂へ。晴れれば富士山がお出迎えである。
レースの時間を気にしながら下山開始。
c0206177_18241724.jpg
奥の院分岐でスタッフの女史2人に入れてもらった。ここでの応援者はゼロ。たまに登山者が休憩がてら立ち止まって見るぐらい。
c0206177_18255798.gif
1時間半ぐらい長居して、ほぼ全員を見た。
登りが続いて一番キツイところ。選手の頑張りに見入ってしまったよ。トップからラストまでダラダラしている選手はいなかった。みんな全力で挑んでいた。
『ナイスラン』という声かけに『ありがとうございます』なんて。苦しいとこなのにこちらが恐縮してしまったり...

おかげで御嶽駅から帰ろうと思っていたが、武蔵五日市駅まで走ろうと心を入れ替えた。
だけど、800人近くで踏み固められた雪は、カチカチになって綾広の滝までは滑る滑る...
c0206177_18375162.jpg
日の出山からはタイムは遅いものの走りきれた。途中で試走の女王M女史にも会えて良かった。

トータルで36kmほど。6時間38分もかかってしまった。累積標高は1842m。

レースっていいな、と思った日だった。みんなそれぞれの頑張りに乾杯!なんて酒は飲まんが... 
しかし、自分の走りを何とかしなくちゃ。



by nao-yamaniiku | 2017-12-11 21:16 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(2)
鋸山三発
トレイルランは、山の景色を眺めながら楽しく走るものである。でも、景色を眺めながら走っても力が付きそうもない、でなくて力を維持出来そうもないお年頃である。

バーティカルっぽい練習で、登りと下り力をつけようと奥多摩駅から鋸山をチョイス。先週は鋸山から武蔵五日市まで進んだが、実は鋸山までのハードさを確かめたのである。
鋸山までは約4km。累積標高は850m。バーティカルのいうらしい5km、累積標高1000mには足りないが、駅からのアプローチを考えるとここがベストかな。スタート後0mでトレイルになるのもいい。(実際は階段だけど...)
ちなみに自分が30代、40代ならマイルなんかよりバーティカルをやりたい。これこそスポーツ。なんて歳を理由に出ないという卑怯者なのだ。

まあ、とにかく7時前に奥多摩駅に到着。登山口まで昭和橋を渡ればすぐである。
c0206177_14213248.jpg

1発目。
c0206177_14213321.jpg

登り始めはいつものように足が重たい。頭の問題があるので、いつものように様子を見つつ心拍数を上げないようにする。といっても上がっちゃうが、呼吸を一定に保つのである。
最近、登りでバランスを崩すことがあるので、強引な足さばきはしない。しっかり足つきをする。でも、足に力を入れない。まっすぐな登りでは時々、股関節を伸ばすために、少し前に足をつく。登りでも何かとやることがある。
リズムが大事。リズムがつけば身体が楽になる。
c0206177_14213374.jpg

愛宕神社で参拝。
c0206177_14213468.jpg

景色は眺めない、ストイックに山の練習とは言うが、朝のうちは見通しが良かった。思わず見惚れてしまうのは仕方ない。
空気が澄んでいる。朝は寒いぐらいだったが、そのぐらいの方が走りやすい。歩きだけど...

先週と同じく30分ぐらいでペースがつかめ、気持ち良く登れた。
1時間6分。先週より1分早い。ちょっと早過ぎ。今日はめげずに3回登ることが目標なのだ。
c0206177_14213412.jpg

今日は頂上で休憩。おにぎりを食べる。

ここの下りもスピードが出せない。石、岩、丸太の階段などがブレーキになってしまう。でも、いいや。下りもリズム良く進むことだけ考える。

登山口まで48分かかった。登りでは3名だけ追いつき。下りは49人すれ違った。当然、止まって譲る。このコースはトレイルが広く、待避しやすい。
ここでも休憩。水道、ベンチがあり何かと便利。

2回目。どうかと思ったがリズムは良い。登りは1時間ちょっとかかるが、ずっと考え事をしていた。まあ、いつもだけど。しかし、急登もあり自分的にはキツイコースだ。
1時間10分。悪くない、いいじゃん。

休憩して下る。
1本目より登山者は少ない。
52分。

ここで8分ほど休憩してラストに備える。

2本でいいや、なんて弱気の虫を追い払い登り始める。自分としては3本目が1番良かったね。タイムは遅いけど、ダレることなく登りきった。
1時間19分。

休憩せず下る。
ラストの下りはなかなか良かった気がする。
しかし、今日はinov8だったけど、どうも引っかかるしつまずく。転びはしなかったが危ない場面あり。路面との相性はいいけどね。多分サイズが0.5cm大きいかも。いいシューズだとは思う。
3回目の下りは49分。

走り終わって、意外とヘロヘロにはならず。もう一回行けそう。なんてね。ムリ...

トータルは23.77km。6時間28分26秒。累積標高2745m。ピストンで往復8kmなかった。遅いタイムだけど、これでも真面目に走った、いや歩いたのである。

あまりオススメは出来ない。頂上に立っても鋸山からは何も見えないしね。でも、naoさんとしては、これがしたかったのである。

GINZA SIXのスタバや青山のブルーボトルで珈琲を飲んでる自分が好き。(この場合、武蔵村山市から来ているとは思わない...)と同じ。
山で喘いでいる自分が好きなのである。


by nao-yamaniiku | 2017-06-03 15:51 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(2)
奥多摩駅〜武蔵五日市駅
拝島駅7時31分発の奥多摩ホリデー号は、さながら登山列車のようである。
ぐるりと登山者達を眺めると羨ましい。自分のようにセコセコ山行きでなく、ゆったりとした登山なんだろうなあ。明らかに宿泊と思われるグループ、ソロの方もいる。この場合、ランナーは、ザックのように小さく目立たなくしなければならないのである。
c0206177_14572893.jpg
橋を渡ってスタート。時刻は8時35分。
と言っても急登が続くので歩き。ペースをどうしょうかなあ?と思っていたが、それなりのゼーハーで行けそう。でも、出だしはフクラハギや腿が重たい。まだ、先週のレースの疲労があるのか。こういうのがロードランでは分からないな。
c0206177_14570269.jpg
心折れる長い急な階段を上がり、さらに登りが続く。鋸山までひたすら登るのである。
c0206177_14585244.jpg
c0206177_14591348.jpg
9時半ぐらいの景色だけど、今日はこの時間帯が一番良かったかも。グッドなビューである。
30分過ぎたら、なんか調子が出て来た。グイグイ行ける。気候がいいからなのかなあ。先週、こんな感じだったら良かったのに。まったく...
鋸山(1107m)まで1時間7分。まあまあ。
ここまで登山者に17人追いついた。ランナーは1人。脳トレで数えていたのである。

大岳山まで行く。ここからはハセツネのコースである。
少しガスっているけど、蒸し暑くはない。でも、髪の毛はグッショリ濡れる。
c0206177_15322618.jpg
緑だよなあ。

大岳山山頂まで区間35分。7kmぐらいしか進んでないが累積標高は1153m稼いだ。
山頂は18人ほどの登山者がいた。10時過ぎてそろそろ登山者が登って来る時間になる。
休憩なしで下る。
c0206177_15381519.jpg
今日の目的は大岳神社の参拝なのだ。しかも無精して今年初である。
これまで体調が維持できていること、事故・ケガなく山行きしていることを御礼する。

登山者のすれ違いが多くなり、途中から上高岩山方面に逃げる。ここは登山者がいなくていい。
下りは『彩の国っぽく』よろしい。なんか歯応えのあるコースでなきゃつまらなくなったか?
c0206177_16034245.jpg
c0206177_16035898.jpg
でも、失敗。岩石園からたくさんの登山者。時刻は11時ぐらいだし、一番多い時である。山ガール、山ボーイが大勢いた。オシャレだなぁ。ぜったい、近くに寄ってはいけないのである。汚らわしい...
登山者になりきって長尾平に到着。1時間3分。

日の出山へ。ここからも人が多かった。こういうのは避けたかった...時期が悪い。逆コースにすれば良かったかな。でも、そうすると帰りが遅くなるのがかったるい。もっと早く出発すれば良かったのである。
日の出山、21分。

金比羅尾根は、いつでも人が少なくて走りやすい。
しかも、彩の国に比べればバイパスだよ。でも、逆にコケたらタダで済まないので集中。なかなかいい感じ。

そういえば、登りは割とガッツリペースを上げたのにケイレンがない。頭の信号がケイレンはレースでオンと覚えているのか?
c0206177_15554779.jpg
途中でそげんさん御一行と会った。『練習ですか』と聞かれた。『?』まあ、彼からすればオレの走りなんて走っているうちに入らないね。仕返しに昨年彩の国100kmで優勝したくせに何で今年出なかったのだ、なんて言いがかりをつけた。言いがかりにならないか...

いい感じだけど、下りでがんばってもなあ。アップダウンのあるこーすじゃないとダメかなあ?なんて思っちゃったよ。
五日市会館までちょうど60分。

23.14kmを4時間8分49秒。累積標高1707m。
もちょっと距離をだね。
でも、レース一週間後にしては、オレ的に良かったんじゃない。そう思ってればいいさ。
c0206177_16024282.jpg

by nao-yamaniiku | 2017-05-27 16:29 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(4)
西武立川駅〜福生駅〜日の出山〜武蔵五日市駅。
c0206177_07114090.jpg

昨日は、うめづさんと福生駅〜日の出山〜武蔵五日市駅の山ラン。元旦以来の山行きである。

本当は、家からのスタートにしたかったが、帰りにスーパーに寄る用事があるので、荷物が運べるように自転車で西武立川駅まで行く。

駅に自転車を置いてスタートする。
今日は寒くない。まずは福生駅まで走り、うめづさんと合流する。ここまで6.5kmほど。本当は数人での山行きの予定だったので残念だけど仕方なし。

うめづさんは地元なので、毎朝、序盤のコースを走っている。
今日はトレニックワールド100マイルペースで進む。後ろからうめづさんがピッタリと付いてくる。誰かと走ることはないので、なかなかよろしい感じ。
何度かつまずき、後ろを驚かせてしまった... 運動能力の低下中である。

今日の天気は最高。快晴で寒くない。山を走るのにはちょうどいい。3月並みの気温だったらしい。

西武立川駅から6時間ほどの山ランと思っていたので、今日の水はボトルに600ml、ペット500ml。夏に同じコースを走った時は、ハイドレ2リットルとペット500mlだった。
行動食は、久しぶりの自作ジェル。3個入りのミニカレーパン。たらこおにぎり。カレーパンでなく、アンドーナツにすれば良かった。走ると甘いものが欲しくなる。

シューズは、いつもの早朝ラン用の2300円ほどの安物。2012年のUTMFで使って、選手の中で一番安いシューズだといばっていたもの。まだ、現役なのである。ソールはツルツルで乾燥していた路面なので、登りでもグリップせず。でも、いいさ。
c0206177_19150338.jpg

途中でワンちゃんと猟師さんに会う。イノシシを2匹捕まえたが、病気なのか毛が抜けていたらしい...怖っ。

ちょっと疲れているのかなあ。足が重たい。登りが今ひとつな感じ。
そんなことを思いながら二ツ塚峠に到着。
道路を渡って赤ぼっこに向かう。
赤ぼっこまで2時間29分、17.5kmほど。
c0206177_19150317.jpg

ここからが、アドベンチャーらしくなる。
『行き止まり』の標識の先、梅ケ谷峠の降り口に赤いビニールテープで目標を付ける。
急坂をこなして梅ケ谷峠に到着。赤ぼっこから休憩込みで36分。

ここから踏み跡が薄く、かつ急坂をのぼったりする。でも、夏と違い蜘蛛の巣は少なく、下草がないので見通しがいい。この山域は冬に限る。
登りでも滑り、前のめりに身体をかがみ、急登を登りきる。
梅ケ谷峠から梅ノ木峠までは、1時間4分ほど。梅ノ木峠は日当たりが良く暖かい。

さらに日の出山を目指す。緩い上り坂を走る。やっぱり身体というか足が重たい感じ。うめづさんも付いて来ている。
せいごさんが、以前言っていたけれど、才能はあるなあ。今日は時々おしゃべりしながらの山ランだったが、1人と違い時間が経つのが早い。
意外に早く日の出山まで着いた。
梅ノ木峠から32分37秒。

ここまで登山者は少なかったが、日の出山山頂は、いつものように大勢の登山者がいた。
c0206177_07114002.jpg

10分ほど休憩。手持ちの食料を食べる。

つるつる温泉の分岐まではゆっくり。
ここから少しずつペースを上げてみる。下りの方がいいかな。登りの方が得意だったが、逆転したみたい...

調子よく下って五日市会館まで、59分44秒とギリギリ1時間を切った。
トータルは、5時間48分。36.5km。
累積標高は1695mだった。

1月の山ランは、元旦と昨日だけになった。あとの休日は地元の里山でお茶を濁す。さて、2月はもっと山対応をしなくては。まだ、100マイルを完走する手応えはない。それどころかイメージも湧かないや。
c0206177_18234061.jpg

今日は仙台へ。曇天の天気だったが、安達太良山など、普段目に出来ない山々が目の保養になる。仕事の内容はストレス爆発寸前だけどね。やれやれ、やっぱり仕事の方が疲れるぜ。頭に気をつけなくちゃ。
by nao-yamaniiku | 2017-01-29 22:09 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
奥多摩駅〜五日市会館
山の日なので山に行った。
午後早い時間に帰りたかった。でも、多少、走りごたえが欲しい。
ということで奥多摩駅〜五日市会館にした。

昨日の大雨を引きずっているのか、天気は曇り。気温も最近にしては低め。山の日で山に行く人にとっては優しい気候である。

拝島駅からのホリデー快速はうまい具合に座れた。すぐ寝落ち... 昨日は遅く4時間ちょっとしか寝てない。
気がついたら奥多摩駅で、もうみなさん下車していた。朝から恥ずかしいのである。だけど終点で良かった。
c0206177_16050899.jpg

駅を降りると登山届を出すようなキャンペーンをしていた。もちろん、言われるまま記入した。病気持ちなので定例化しなきゃいけないかな。スマホで出来るように調べてみるか。

8時半過ぎにスタート。
ルートは鋸山、大岳山、日の出山、金比羅尾根、五日市会館というもの。今日は4時間を切りたい。

でも、昨日の出張の疲れと寝不足で、最初ペースは上がらず。でも、いいや。
先行している登山者を何人か抜かすが、さほど多くはない。
c0206177_16050840.jpg

今日は、毎度毎度の撃沈ウェアである。この格好でいい走りは記憶にない。
徐々に登りのペースは上がって、鋸山へは1時間13分だった。可もなく不可でもない。
c0206177_16050833.jpg


今日は汗はかくが、それほど暑くはない。でも、ガレたトレイルは昨日の雨でぬれて滑りやすい。なので、下りは慎重に...
大岳山までは割と走れた。
区間37分。
c0206177_16050822.jpg

大岳山から日の出山にかけては、時間的にも10時台ということもあり登山者は多かった。そのため、停止や歩きが多くなる。でも、その方がトレーニングになるのである。
c0206177_16050965.jpg

もちろん、大岳神社で参拝。

そして、長尾平36分。
c0206177_16050989.jpg

おみやげ屋さん路地に人は多かった。

日の出山まで、抜かす感じになるので、ここは無理をせず。
でも、日の出山までは、区間20分39秒で行けた。
c0206177_16050996.jpg

山荘は改修工事をしていた。綺麗になるのかな?
c0206177_16051017.jpg

ずっと曇り空だった。

日の出山からは、いつものようにグッと登山者は減り走れる。
登りも全部走りきった。60分は楽に切れそう。タイムが楽しみになった。
このところ毎週、山に行ってるので山慣れして来たのかな。

後半、トレイルランナーを抜かす。でも、抜かしてしばらくしたら突然、頭痛がして来た。ヤバイ。
でも、後ろから抜かしたランナーがいる。バカ、そんな局地戦しても仕方ないだろとスピードダウン。そしていったん立ち止まる。深呼吸、頭を押さえる。大丈夫か?大丈夫そう。だけど、今日はもういいや。

ペースダウンしていたら、先ほどのランナーが抜いて行った。少しついて行く。アホ。身体がダメと言ったのか、左腿がケイレンしだす。
ここからは、ゆっくり進む。
金比羅神社近くなったら頭痛はなくなった。
区間1時間2分だった。頭痛がなければ57分ぐらいかな。

結局、トータルタイムは3時間50分40秒。
距離22.03km。累積標高1507m。
目標の4時間を切ったのでよろしいだろう。

GS前の公園の水場で顔など洗い、上着だけ着替える。
c0206177_20361321.jpeg
昨日、京都駅で買ったお茶のペットボトル。今日は中身が自作ジェルとなった。

暑くなかったので、ハイドレは口につけなかった。ドリンクボトルと自作ジェルだけ。綾広の滝上部の水場の補給で済んだ。
ナトリウム不足でケイレンがあったと思うので、自作ジェルは工夫する必要があるな。
今日は頭痛がなければグッドだったのになあ。

by nao-yamaniiku | 2016-08-11 15:28 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
また青梅高水コースへ
先週とまったく同じコースを行く。
違うのは、スタート時間を1時間早く5時半としたこと、走る前にしっかり食べたことである。

暑くなるのは、分かっていたので水はハイドレに1リットル、ドリンクボトル600ml、自作ジェルは食料も兼ねて600ml。

突っ込まないように、ゆるりと走る。
林道終点まで22分、先週は19分だった。
どうやらハンガーノックにはならなそう。ジェルも小まめに飲む。再びここへ戻った時には空にするつもりである。

榎峠は1時間13分。先週より3分遅いが、トレイル部分ではほぼ同タイムである。

高水への登り。ペースは上がらないが、立ち止まることなく登り続ける。パワーが出ないのは、力が衰えたからか、暑さのせいか... どちらのせいにもしたくないね。
三段の登りをこなし、いったん、林道に出る。ここはいいペースで走ってるつもり。

高水までの登りに入る。先週は途中でグロッキーになったベンチも大丈夫。
区間35分で到着。
c0206177_12115023.jpg

参拝して6分休憩。

また、旧レースコースを下る。
区間21分55秒で榎峠へ戻る。

撃沈しそうもないが、ペースは上がらずというところ。
でも、このペースが長く続けばいいかな。ペースを上げる練習より、ペースを維持する方が歳を考えればいいかな。なんて、また、こういう場面に戻ってこれた事が嬉しい。
自分は、何年経ってもレースでベストを尽くすことを追い続けていきたい。

雷電山までの登りはキツイ。その後も何度か登り返しがある。このコースは以前は楽なコースだと思っていたが、なかなかなものである。

榎峠からの復路も往路と同タイム。
トータルは、3時間29分36秒。距離21.64km。累積標高1377mだった。同じコースなのに相変わらず微妙に違う。

先週より20分縮めたが、大したことないタイムだなあ。

by nao-yamaniiku | 2016-08-07 11:46 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
青梅高水トレイルコース
低山はキツイ時期になった。
今朝は、久しぶりに青梅高水トレイルレースのコースに行った。高水不動尊に御礼をしていないことに気がついたのである。
このコースは冬〜初春に入ることが多く、夏は珍しいかな。

昨日は、孫2号一家もやって来て狭い家は大騒ぎ、またも寝るのが遅くなり、今朝のスタートは6時半過ぎになってしまった。
c0206177_12145293.jpg

とうとう生足である。

序盤は突っ込んでしまう。『いかんなあ』と思ったが、すでに遅し。榎峠まで1時間10分と平凡だけど、グロッキー気味になってしまった。

榎峠から高水山までの登りで、何度か立ち止まって小休止。
c0206177_12145219.jpg

遠くから見ると道標かと思ったキノコ。

時間的には、まださほど暑くはないが、額からの汗が頬を伝って、顎からポタポタと膝に落ちる。いつもの夏のことである。ああ、また夏を感じられる... バテてしまったが、なんか嬉しかった。バテて喜ぶというのも何だけど...
c0206177_12145323.jpg

もう終わってる。

高水不動尊には、1時間53分もかかった。榎峠から休み過ぎた。
c0206177_12145325.jpg

呼吸を整えて、ザック、グローブを取ってキチンと参拝した。

ドーナッツを食べて出発。休憩は5分。登りがダメなのはハンガーノックかも。朝は何も食ベなかった。

帰路は、レースコースだと榎峠まで距離があるので、昔のレースコースで少しショートカットした。
下りは、ヘロヘロだけどリズムは取れる。
民家を通るコースは通らずロードに出る。

そこで、ハタと気がついた。
c0206177_12145437.jpg

何度も通っているが、道路標示は『榎木峠』となっている。あれ〜?榎峠じゃないの?帰宅後に調べると、やはり榎峠とある。何だかよく分からん。

榎峠で2時間21分だった。
グロッキーなため、先が思いやられると思ったが、その通りになった。
でも、9時を過ぎてこの気候なのにたくさんのランナーとすれ違った。ソロもいるけど、2人組、グループも多い。女性ランナーも多い。
ランナーが見えると涼しい顔で走る。ランナーが遠去かったら立ち止まって喘ぐ...という繰り返し。ダサいのである。でも、何人かの方は『元気になって良かったですね』と嬉しいお言葉をかけてくれた。
いつもは、あまり思わないけど、集団走もいいなあと羨ましく思った。

今日は登りに全く力がなかった。食べたドーナッツがエネルギーになったのか、終盤は調子良く走れるようになった。

山を走る時は、しっかり食事をしてからでないと...といつまで経っても初心者である。

結局、21.36kmを3時間48分もかかってしまう。累積標高は1435m。

予想より時間がかかってしまう。孫2人が待っているので、上だけ着替えてさっさと帰って、ビニールプールで遊んだのさ。おそらく最初のハセツネに出た年以来ぐらい。20数年ぶり...
c0206177_20444929.jpg


by nao-yamaniiku | 2016-07-31 20:47 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
福生駅〜日の出山〜五日市会館
先週は二ツ塚峠ピストンだったが、今日は、そこから先を進み日の出山まで行った。

福生駅〜二ツ塚峠〜梅ヶ谷峠〜梅野木峠〜日の出山〜五日市会館。

200mほど林道走りがあったけれど、それ以外は全てトレイルで繋いだ。
プチロストもあったが面白かったぜ。やはり冒険はゲームよりリアルがいい。
31.39km。5時間16分48秒。累積標高1695m。

c0206177_16140464.jpeg
先ずは、福生駅南口からスタートする。1.8kmほどのロード走り。永田橋を渡って右折する。
c0206177_16160221.jpeg
家の先を左折してトレイルスタート。
c0206177_16165541.jpeg
最初の山の大澄山はすぐ現れる。
c0206177_16181577.jpeg
やがて浅間岳に到着。
c0206177_16365243.jpeg
満池峠には行かない。小作駅方面に行く。
この辺りも初めてだと分かりにくい。
c0206177_16381439.jpeg
やがて下ったところで、奥のトレイルを左に登る。
c0206177_16390937.jpeg
その先は、白い道標で二ツ塚を、目指す。
c0206177_16412711.jpeg
警察の施設。犬が出てきたら柵を乗り越えそう。
そこを過ぎると昼間は、下から菅生高校の球児の歓声が聞こえる。
c0206177_16440572.jpeg
二ツ塚峠到着。
ここまで1時間20分経過。
道路を横断して反対側のトレイルに取り付く。
c0206177_16455807.jpeg
天狗岩を目指す。
c0206177_16473740.jpeg
c0206177_16475839.jpeg
その前に赤ぼっこに寄る。ここのビューは素晴らしい。
ベンチに座って休憩。パンを食べる。
今日は天狗岩へは寄らず。
c0206177_16495849.jpeg
先に進んで問題箇所。梅ヶ谷峠は行き止まりと書いてあるが行けるのである。
c0206177_16505419.jpeg
でも、行き過ぎて愛宕山まで来てしまう。途中の左に折れる道が分かりにくい。戻る。
c0206177_16520386.jpeg
戻って、恐らくここかと思うところで左折。ピンクのリボンもある。右の真っ直ぐは先ほど間違えたトレイル。
c0206177_16532327.jpeg
だけどこんな感じ。プチ冒険だあ。
c0206177_16540628.jpeg
尻もちを着きながら急坂を下ると梅ヶ谷峠方面が見えてくる。
c0206177_16562325.jpeg
下りきってロードに出る。左に林道がある。
ここまで2時間27分経過。ロストや道の確認もあったからね。
c0206177_16575785.jpeg
10mほど進むと左にトレイルがある。
しかし、この先はさらに踏み跡が薄く分かりずらかった。
c0206177_16584600.jpeg
こんな感じの所を突っ込む。
c0206177_16592219.jpeg
写真では分からないが、かなりの急登あり。でも、木にピンクの目印もある。
c0206177_17003244.jpeg
こんなコストをかけた標がある。でも、枝で道が塞がっていたり、最近、人が通った気配はないぞ。
c0206177_17021655.jpeg
いったん林道に出る。
c0206177_17032374.jpeg
200m〜300mほど進むと道標がある。でも、その道標は林道用である。そこの右の草むらを5mほど進むと、再びトレイルに入る。
これは分からないだろうなあ。
別に林道を進んでも梅野木峠に出るが、山道にこだわるのである。
でも、お勧めは出来ない。藪がうるさいし、上り下りがある。楽なのは林道走り。
c0206177_17072858.jpg
やがて、というか大した時間ではないが、ようやく梅の公園からの王道の登山道に当たる。道が悪いところを進んで来たので、バイパスだね。

あとは問題なし。普通に登山道を進む。梅野木峠を経て日の出山まで行く。
でも、この先で小作駅から来たというランナーに抜かされてしまった... 今日は抜かれたくなかったなあ。
ガッカリであるが、まあ、いいや。
c0206177_17130074.jpeg
そろそろ20kmを過ぎてバテて来た。
c0206177_17153722.jpeg
日の出山到着。4時間10分が経過。
6分ほどパンを補給したり休憩。12時近くで山頂は登山者が多かった。

ゆっくりと走りながら下る。疲れはあるが走れる。徐々にペースが上がってくる。なかなかよろしいぞ。
残り5kmからはしっかり走る。
昔あった70kmポストで区間54分30秒。うーん。ここからさらにスピードアップ。
そして五日市会館へ。区間60分26秒と1時間切れず...残念。
今日は催し物があるようなので、五日市会館前で休めず。時間は12時50分だった。土日の武蔵五日市駅発は2分と32分。あと12分なので走って駅まで行く。これも疲れる。
またも駅のトイレで上だけ着替えて、電車の中で、フェイシャルペーパーで身体を拭くというのも毎週のことになった。

水はハイドレ2l、ボトルにお茶600ml、自作ジェル650ml。あまりは300mlほど。やはり夏である。
パンは2個。自作ジェルとパン2個で食料はOK。
シューズは久しぶりに、2代目HOKAのエボだけど、走り終わって、いよいよアウトソールがボロボロになった。

まあ、楽しかったかな。でも、気軽には入りたくないコースだなあ。

by nao-yamaniiku | 2016-07-24 19:20 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
今後の予定
9月29日
トレニックワールドin外秩父
50㎞

10月13日~14日
koumi
100マイル

10月26日
OWB
30㎞
最新の記事
大岳山ピストンダブルその後
at 2019-09-18 22:21
大岳山ピストントリプルならず…
at 2019-09-16 21:11
孫2号の七五三
at 2019-09-14 22:00
疲れが取れん…
at 2019-09-13 22:52
ブログ10年経過
at 2019-09-12 22:17
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ