nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥多摩トレイルラン(五日市起点)( 81 )
平日休みの山行き
予定通り早朝、西武立川駅から五日市へ向けて走り出す。しかし、仕事や生活のネガティブな事ばかり浮かび、暗いし寒いしでメゲる。ペースも全く上がらない。

明るくなってようやく気が楽になって来た。
そろそろ網代城山へのトレイルというところの人専用の橋で前方に白い犬連れを発見。おっ、ビルダーさんだ。えっ、ここはどこだ?

声をかけたら向こうもビックリ。そりゃそうだ。どうやら仕事場が近くらしい。仕事にシロを連れて来れるなんてクリエイティブだなあ。
c0206177_15341974.jpg
ビルダーさんの散歩コースだという網代城山へ一緒に行った。地元ルートでなるほどの道でした。
短い道中だけど近況の情報交換。最近、ほっしーと土曜日にロードのスピード練習を始めたらしい。『まったく余計なこと始めるよな。ますます差がついてしまう…』モーリーくんの話題になり、オレの家の前を通って大岳山に行くんだよなあ…だって。見つけたら撃ち落としても良いと言っておいた。

少し元気になって小峰公園まで。さらに今熊神社を経由して入山峠まで。
c0206177_15354924.jpg
今熊山トイレからいつもの景色は変わらず。
c0206177_15362540.jpg
途中の迂回路だけど言うことを聞かず台風で塞がれた場所に行ってみる。うーん、通れるな。少なくとも迂回路は逆だと滑りまくりだろう。こっちの方が大丈夫。だけど通行止めだからね。

入山峠までは時間的に行かず先の階段過ぎを左に回り込み今熊山へ戻る。そして下り小峰公園へ戻る。
小峰公園から急な階段でない方を下り、少し先の[小峰公園外、通行不可]を進む。ビルダーさんおススメのコースである。
c0206177_15424755.jpg
鉄塔を繋ぐ東電道を進む。

しかし、意外と時間がかかり、五日市カントリー倶楽部の道に出た所で時間切れ。ほんとうはここからがおススメのトレイルらしいが次回の楽しみということで…
ロードを下って山田大橋から睦橋通りに出て拝島駅まで行く。西武立川駅まで走るには時間がなくここでフィニッシュ。
時刻は12時。腹ペコペコだけど次の用事まで時間なく昼メシは抜き。厳しぃ〜。

38.2km、6時間2分。累積標高1299m。
大したことないなあ…
だけど自分的には登りはきっちり走れ歩けたので、まあまあなのだ。平日の里山は静かでいいね。

用事を終えて夕方ジムへ行く。
疲れてまるでダメ。こういう時のジム練は逆効果だと分かった。
トレッドミルは2km、UP300mでおしまい。
だけど今月の累積標高は10222mと10000mを越えた。あと800m上がれば、今月の目標は達成である。日曜日までには達成するだろう。

by nao-yamaniiku | 2019-01-23 20:23 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
深夜未明の日の出山ピストン
今週は早い仕事行きが続き朝ランの時間があまり取れなかった。さらに土日もまとまった時間は難しそう。
そんな折り、最近、FBはザーッと既読スルーが多く… なんか面倒くさくなって来たか…
でも、ふと目にしたkojiken氏の投稿に、確かFriday nightに山行きを企画している云々があったか?と再読すると、やっぱりあった。

18日金曜日の24時少し前に武蔵五日市駅の駐車場に到着。集まった物好きは5人だった。ちなみに自分も含めてアルティメイト ディレクションは4名と、アルティメイトの走行会かよ?と思えたり…

日の出山を目指すが、ありがたく、本当にゆっくりだった。今夜はメガネを外したらどうよ?と確かめる。当たり前だけどメガネを外すと目が楽である。でも、路面は見にくい。歩く分なら支障は無い。帰路の下りではずっとメガネをかけていたけどね。
c0206177_13464580.jpg
c0206177_13465290.jpg
c0206177_13465309.jpg
今夜は寒くなかった…自分はそう感じた。元旦の初日の出で同じコースをなぞったが、元旦の方が断然、寒かったし、いつもの早朝ランの方が寒い。
夜は視界も良いので夜景は綺麗。月も満月に近く日の出山頂上では月明かりだけで大丈夫だった。
武蔵五日市駅から日の出山頂上まで2時間40分ほど。

長尾平の予定も武蔵五日市駅始発は間に合いそうも無いので日の出山ピストンに変更した。
復路は、なんとなく最年長者らしく先頭を走った。
c0206177_15575114.jpg
65kmポスト手前に出来た看板。 興味津々、日中に走る時に寄ってみよう。しかし、コースからどれだけ外れるのかなあ?
c0206177_15593514.jpg
さらにコンクリート橋の辺りにあるポスター。元旦にあったかなあ。
ひとりで夜の入山はダメよだってさ。

武蔵五日市駅着は5時10分ごろ。始発の5時22分発にいい案配だった。
21.27kmを4時間59分ほどかかる。
累積標高は987m。
しかし、レッドレンザーのライトは明るかった。後ろに付かれると自分の影が大きく、自分のライトの光が無くなる。反則だよなあ。

帰宅は6時前。なんと内鍵がかけられしまった…
車の中で8時過ぎまで待機だよ。疲れるよなあ。

ご一緒した皆様、ありがとうございました。

by nao-yamaniiku | 2019-01-19 20:28 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
マイ山の神詣で
今日は思い出せない程以来のバディでの山行きだった。
自分のわがままでマイ山の神詣でである。
今熊神社、奥の院、高明神社跡、大岳神社、御嶽神社、琴平神社のコースである。

相棒のやっさんは膝の怪我が完治せず不調。だけど、それでも5kmを18分台で走れる実力者である。
まあ、『ゆっくり行きましょ』ということで、自分が終始先行する。
c0206177_21461719.jpg
晴天で日向は暖かい。この時期の最高の気候だった。やっさんとは語りたかったことを語り尽くした。何度も同じレースを出たけれど、一緒にいいレースは一度もない。いつかは2人で達成感を得たいなあ。
c0206177_21501297.jpg
c0206177_21502164.jpg
36kmを7時間58分。累積標高2308m。
タイムは遅いけれど、今日はいいや。2019年の本格的な山ランのスタートとなった。

やっさんにも言われたけど、登りはスピードはイマイチかも知れないけれどまあまあな感じ。楽に感じた。ジム練の傾斜15%のトレッドミルの成果と思いたいな。

by nao-yamaniiku | 2019-01-04 22:02 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(2)
12年連続日の出山
元旦の日の出山は12年連続になった。病気で倒れた年もあったけど、50代の元旦はすべて初日の出が見れた。
c0206177_12473881.jpg
金比羅山へ寄り道したら、女子高生らしき5人組に挨拶された。真っ暗な中、懐中電灯でちょっとした冒険だね。

初めての山のレースが日本山岳耐久レースだった。それ以来、山のトレーニングは大岳山を経由する事が多かった。
転んで10mほど落ちたり、アイゼンもなく大岳山の圧雪の下りでお尻を着きながら恐る恐る降ったり。ランシューや軍手が濡れて手先、足先が悴んだり…  危ない目にもあったが、いろいろ教わった。
c0206177_13120271.jpg
山の形は変わらないけれど、人間は変わって行く… 成長もするけれど慢心も芽生える。何度も同じ道を辿っても、いつも無事に着くとは限らない。
傲らず、初心を忘れず謙虚な心であれば山は優しく迎えてくれるに違いない。
c0206177_13122034.jpg
c0206177_13130755.jpg
毎年と同じ、武蔵五日市駅から日の出山までのピストン。20kmを3時間7分ほど。
今年は右ケツが痛かったよ。でも、大丈夫さ。

by nao-yamaniiku | 2019-01-01 13:17 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
里山歩き
久しぶりに五日市へ。そしてこれも久しぶりにクルマで行く。
今日は山歩きである。
走るしか趣味がないと、ケガや故障の状態を確かめたくて走ってみたくなる。それで無理して悪化させるという、おバカなランナーである。オシャレ系のセカンドホビーがあるクリエイティブな頭のいい人は、そんな事をしないので治りが早いのである。
まあ、おバカも楽しいけどね。

広徳寺〜今熊山〜小峰公園〜網代城山〜高尾神社〜小峰公園〜広徳寺〜武蔵五日市駅

恐る恐る歩き。恐る恐る山を登り、そして下った。今熊山の登りは大丈夫。衝撃があると思った下りは意外と平気。でも、走っちゃいけない。走りたくなるが我慢である。
c0206177_15233807.jpg
うわさの広徳寺の大イチョウはなるほど葉が少ない。朝の早い時間は誰もいなかったが、帰りは大勢の見学者がいた。
c0206177_15232348.jpg
久しぶりの今熊山嬢。
とうとう髪の毛をギリギリ結べるようになったが、ますます落ち武者に見える。そろそろ、ぶった切るか?
緑のシャツはユニクロ製。すでに指で数えて6年経つ。他にないのかよ?という事だけど、ついつい着てしまう。
本当は歳を取ったら最新のグッズに身を固めた方が、少しは力の衰えを防ぐことが出来るだろう。だけどね… このところの走りじゃ、いつまでやるのか?と思うと勿体なく思っちゃうのだよ。

もう少し山歩きしたかったが、そろそろ左膝が帰ろうと言っているよう。
紅葉を見に来たが、膝を気にして下ばかり見ていたし、考え事ばかり。
里山の紅葉は来週ぐらいが見頃になるかな。

明日からは走れそうな感じ。でも、元々月末まではシーズンオフと決めていた。ここは計画通りにしようぜ。

15.69km、3時間54分17秒
累積標高は895m。
今日のところはこんなもんよ。

by nao-yamaniiku | 2018-11-18 17:13 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
炎天下の山行き
昨夜は夜中に出向く用事があり寝るのが遅くなり、一番電車での山行きは出来なかった。
サッと家の事をして、拝島駅に着いたのは9時を回ってしまった。

今日は武蔵引田駅で下車。
ここから少しロード、弁天山へと向かう。
9時半過ぎだけど、すでに前途多難な暑さである。
猛暑なのは分かっていたので、ハイキング的山行きで十分である。走ったら撃沈する。
c0206177_15404726.jpg
あえて真っ黒。
少し前、FBで真夏に黒いフェアを着る奴はバカじゃない、そうだそうだと言い合っていた記事があった。そうバカなのだ。
ノースリーブは娘からのもらいもの。ユニクロのランパンは黒じゃないと強そうに見えないから。帽子はワークマンで黒しかなく、選択の余地はなかったのである…  人には事情ってもんがあんのよ。

弁天山への登り200mほどでランパンまでビッシリ。山は汗が出るなあ。
網代城山の登りでは、昨日のジム練が効いているのか、身体の芯に疲労を感じた。
下りこそゆっくり走るけれど、平地も歩いたり。それでも息が切れる。
c0206177_15421689.jpg
新小峰トンネルは660mほど。トンネルは涼しい。ここで暮らしたいよ。
今熊山の登りで頭痛がして来た。熱中症か。頂上でひと休み。
気温は37℃だって。ホントかよ。

下って沢戸橋と広徳寺の分岐のところで、男性が子供らしき名前を呼んでいた。はぐれたのかなあ?
戸倉城山へ行くので沢戸橋方面へ進む。200mほどで年長〜小学低学年の女の子が2人いた。声をかけてお父さんが探しているから戻った方がいいと言った。そしたら『わかった…』その言い方が孫1号とそっくり。女の子たちは引き返して行った。
自分は沢戸橋へ…と、そこで思い立った。『オレは何にをやってるんだ…』ここは街中じゃない。一緒に行かなきゃだよ。女の子たちを追った。
しかし、子供の運動能力はすごいものである。なかなか追いつけない。本日、一番のスピードであった。やっと追いついて、少ししたらさっきと違う男性がいた。どうやら数組の家族で来ていたみたい。良かった。
しかし、400mぐらい離れていたかな。山でのこの距離は追いつけないんじゃないか?

戸倉城山の急登は喘ぐ。ここ登ったら終わりにしよう、と思うがキツイ。
頂上のベンチでダウン。
しかし、ここから武蔵五日市駅までが遠かったよ。
今夜はヨルイチのようで、街道は暑い中、準備中だった。
c0206177_15564646.jpg
18.83km、4時間23分。累積標高862m。
まあ、山に行っただけ良かったということで…

夕方は昨日に続きジム練。といってもエアロバイクとクロストレーナーをクルクル回すのが中心。筋トレは腹筋を少しだけ。トレッドミルは勘弁だよ。
c0206177_20360507.jpg
夜は武蔵村山の花火大会へ。もちろん往復6kmはランよ、
これが毎年、夏の終わりと思っている。
さて、今年はどうだろうか?


by nao-yamaniiku | 2018-08-25 22:24 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
裏山ファイブやっと一周
昨日のロングランは6時間という時間は思惑通りだったが、なにせペースが…  43.8kmしか進めなかった。しかも終盤の約5kmはほぼ歩き。

ロードがダメならトレイルと、今朝はクルマで武蔵五日市駅まで行き、5時スタートにした。裏山ファイブをさっと片付けるつもり。出来んのかよ…
c0206177_18070660.jpg
雨の直後で蒸し暑い。天竺山の登りですでに滝汗である。だけどグロッキーになるような感じでではなかった。直射日光がないから気温は低い。
自分的にはいい感じで走れた。登れた。下りはスリッピー。昨日、モーリーくんが今熊山の下りで転倒して膝から流血…なんていう情報もあり、嫌だなあと思っていた。裏山ファイブの下りは、金毘羅山を除き、侮っていると滑って転んでしまうようなのばかり。
c0206177_18061600.jpg
前回、撃沈した網代城山も大丈夫。毎日同じウェアである。

下りは慎重に、平坦地はまあまあな走りだと思う。登りはどうかなあ。いつもと同じか?今日はゼリー2個が食料。出がけには食べなかったので、ずっと微妙な腹の減りさだった。

戸倉城山の登りはやっぱりキツい。下を向いてがんばって登る。ここの下りはよく滑る。
そして最後の金毘羅山への登り。ここでグロッキーになりかける。うーん、このペースで2周はダメだなあ。
裏山ファイブは急登の上り下りなのでトレーニングにはよろしい。低山でも十分練習になるはず、と信じよう。

金毘羅山の下りでソロと5人組のランナーとすれ違う。今日の登山者、ランナーは彼ら以外会わなかった。静かで良かったよ。

走行距離19.66km、3時間37分。
累積標高1147mだった。

午後は、昨日、申し込んだダイエーのジムへ行った。月2700円+消費税。今は入会金が無料なのだ。ネット販売の思わずポチと同じ。
マシンの数は10機ほど。ちょっとだけ肉体改造なんてね。今日はガイダンスで使い方を習って、それぞれ少しやってみた。 少し筋力をつけるのである。でも、続くかなあ。面白くはないのは間違いない…

by nao-yamaniiku | 2018-08-12 20:56 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
やはり山は撃沈…
平日は仕事をしながら次週の山行きやロング走を夢見るものである。週末に時間が取れそうなら自然と気持ちが盛り上がる。だけど、思った通りになることは、まずない。
今日も暑い一日になりそう、というかなる。撃沈したらすぐに逃げられる裏山ファイブのコースを選択。裏山ファイブをやっつけて、さらに五日市周辺の低山を走ろうと思った。

7時前にこのところの定番である拝島駅まで自転車で行く。が、もう暑い。
武蔵五日市駅を7時40分にスタートする。ところが天竺山の登りに入っただけで、息が上がって汗が吹き出る。ロードランの汗の出方とはレベルが違う。

網代城山へのアップダウンですでに撃沈。網代城山山頂で座り込んで考える。
こりゃ、頭がシビれる感じもあり止めておいたほうがいいか。ウロウロすること20分ばかり。脳疾患を抱えているので先を進むのは止めた。その代わり拝島駅までは行こう。
弁天山方面へ行く。途中でかたらいの路の案内図があった。行ってみるか。
c0206177_16313639.jpg
c0206177_16320234.jpg
住宅街へ降りたら指名手配されていた…
網代トンネルの上は林道っぽい道であまり面白くない。
c0206177_16321570.jpg
五日市カントリー倶楽部からイオンモール日の出方面。
c0206177_16322640.jpg
c0206177_16324154.jpg
途中で雹止山の標識有り。
蜘蛛の巣を払いのけながら頂上のお宮様へ。たぶん、二度と行かない…
c0206177_16325539.jpg
ようやく二条城らしい場所に着く。
ここでトレイルは終了。網代城山から7kmぐらいかな。
その後は灼熱のロードになる。
c0206177_16330835.jpg
秋川を右手に見ながら睦橋まではこんな道を走る。たまリバーと違って寂しい。がとにかく暑いぜ。
20.87kmを3時間59分近く。累積標高は621m。ようやく拝島駅に着いた。
自転車で家に着いたら12時だった。
やれやれ…

朝、昨日の余ったトンカツ弁当を食べたせいか、お腹が空くことはなかった。しっかり食べると腹もちがいいことが今日の収穫であった。
c0206177_17254774.jpg
帽子が行方不明で見つかりそうもないので、夕方、ワークマンへ。
帽子980円。ついでにノースリーブ499円。二つで1479円だよ。
ワークマン最高だね。

明日になればシラっとして、また週末のロング走を夢想するのだろうなあ。
山行きは時間を考えないと…


by nao-yamaniiku | 2018-07-22 19:34 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
久しぶりに山へ
ワールドカップのグループリーグも半分が過ぎようとしている。ここまでの感想は、オランダやイタリアが予選敗退したのは「運」が悪かったと思っていたが、違ったね。ヨーロッパの出場国はレベルが高いわ。
そんなわけで普段はテレビをあまり見ないが、サッカー中継に釘付けである。

だけど、サッカーばかり観ている場合ではない。首・右肩が痛いなんて言ってられない。山に行かねば・・・ という事で、始発電車で出かけた。
今日は武蔵引田駅で途中下車してみた。ここからロードを走って、弁天山、網代城山方面に行くのである。
走り始めは小雨が降っていた。右肩も痛む。それでも辛抱しているうちに慣れてきたのか痛みは和らいで来た。だけど超スロージョグである。
c0206177_16505710.jpg
c0206177_16511495.jpg
c0206177_18160661.jpg
弁天山の手前には鍾乳洞あり。入れそう…でも、怖い。この場合、keg氏やkojiken氏を呼ばないとね。なんて。
c0206177_16511692.jpg
とにかく今日は転倒だけは気をつけた。尻餅もダメ。身体の感じでは転倒や尻餅は確実に首・肩にダメージを受ける手応え?だった。
たまに肩を回したり、首をゆっくり回したりして固まらないようにした。
登りは大丈夫。下りは?ダメだと思ったが意外と痛みはなかった。下りは走れる。だけど、雨のため路面はスリッピーだし転倒防止のため、ゆっくりと進んだ。やっぱり平地のランが一番苦手かな。

たまに右肩がズキ〜ン、ズキ〜ンとする。右の首筋がピリピリしたり。でも、ザックを背負っていたがそこが痛くなることはなかった。今日は出来るだけ荷物を少なくしたからかな。仕事用ザックだと重たいせいか右肩が痛くなる。

今熊山辺りで雨脚が強くなった。首・右肩の痛みもあるが、一番うざったかったのは前髪である。こいつが目に入る。なんども手で払いのける。チックショー・・・である。特に下り中は邪魔だった。でもね、髪の毛を伸ばし中なのは秘密である。

その後、戸倉城山〜琴平神社と結局、裏山ファイブもどきのコースになった。
いったん五日市の街に出て、再び、網代城山〜弁天山と戻り、山田の交差点から睦橋通りを拝島駅に進んだ。この頃は晴れて暑くなった。実は500円ほどしか有り金がなかった。荷物も軽くで食料は、戸倉のコンビニ補給したので、お金が尽きてしまって電車に乗れず。こういう時に限ってスイカの残高がない。やっぱりオートチャージにしようか・・・と本気で思った。拝島駅に自転車を止めてあるので、拝島駅まで自走するしかないのである。
故障を抱えてもいつものように資金難で苦労するのである。コーラを飲みたかったが仕方なし・・・ ちょっとぐらいガマンである。

35.32km 7時間13分43秒 累積標高1468 m

でも、このペースじゃ、おごせ・ときがわは制限時間オーバーになるな。






by nao-yamaniiku | 2018-06-24 18:29 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
山で転んで左顔面強打
3週間ぶりに武蔵五日市駅へ。
早朝、お約束の家のことをダッシュでこなしても、到着は8時16分だった。いつもより2時間遅いスタートである。

いつもと同じく金比羅尾根を琴平神社まで行く。
でも、コースはハセツネコースではない。
c0206177_19103671.jpg
ここから金比羅尾根へ入る。
だいぶ草木が成長してトレイルの景色が変わっていた。
林道を下って瀬音の湯に着き、ここから登りが続く。暑いのを予想していたが、風が心地よい。それでも水分補給はいつもより多い。そろそろハイドレーションの登場かなあ。たっぷり水を持つのはハイドレに限る。
高明神社跡を過ぎて、馬頭刈山に到着。
c0206177_19112028.jpg
今日は、昨日、ワークマンで買ったノースリーブである。ちなみにパンツはユニクロ。この時期、この山域ならこれで十分である。自分には大手メーカーとの違いが分からん・・・ と言っても大手メーカーの商品はあまり持ってないけど・・・

今日はどうかと思ったが調子は悪くない。瀬音の湯までは、ほぼ走りきったし、瀬音の湯からの登りもダレることはなかった。
c0206177_19120574.jpg
c0206177_19122798.jpg
今日は五月晴れ。富士山は頭だけ見えたが、周りの景色は良い。これが見納め?かな。もう梅雨に入りそう。そうなると秋までは、モワッとして見通しは利かなくなる。
スタートが遅かったからか、つづら岩を超えたら下山者とすれ違いになる。大岳山まで30人ぐらいかなあ。このコースでこんなに登山者を見たのは初めてだった。そうすると大岳山から日の出山まで登山者が多いと嫌だなあ・・・なんて思っていた。

大岳山は12時前だったため多数の登山者が休憩していた。この場合、立ち止まらずスルーする。
大岳山からの下りだけど、思ったほどの登山者の数ではなかった。その後、日の出山まで、いつもの時間より少なかった感じ。まあ、良かった。登山者が多いと歩くしかないからね。

綾広の滝で給水。ペット、バイクボトル、ソフトフラスコで全部で1600mlほど持参。余りは500mlもなかった。給水も誰も居ず待つことはなかった。
日の出山でベンチに座って休憩。ゼリーや饅頭の補給である。腹が減った・・・

ここから日差しが強くなった。時刻は13時近く。
ここまでのペースは悪くなかった。なので、今日は福生駅まで行けると思った。
日の出山からの下りもいい感じ。梅の木峠を越える。
でも、ここから3kmぐらのザレた下りで・・・

滑るのは分かっていた。ザザッと右向きに滑り降りる。
もうちょっと・・・というところで突然、転んだ。

何故か左のこめかみから突っ込んだ。
グシャって感じ。首が曲がる。右肩に衝撃。
瞬間『終わった』と思った。

痛いのは頭じゃなくて右肩と首。
悶絶・・・ でも、頭に挫傷はなさそう。生きている。
とにかく首が痛む。右肩は痛いけど大丈夫そう。
しばらく座ってから歩き始める。誰もいない。
梅の木林道に出る。

しかし・・・ 何が起きるかわからんなあ。
危うく大事故になるところだった。こんな酷い転び方は初めてだった。
滑った時、さっさと尻もちを着けば良かったよ。

そこから痛む首に難儀しながら宮ノ平駅へ。電車が行ったばかりなので、結局、青梅駅まで歩いた。
35.22km 7時間9分8秒 累積標高1950mだった。

首は痛むがなんとかなりそう。
問題は、明日だな。
どうなっているだろう・・・
右顔に作った痣はファンデーション対応か?それともセンター街でヤンチャしたとでも言っとくか・・・


*タイム備忘録

武蔵五日市駅〜琴平神社〜瀬音の湯
52分17秒 6.63km
累積標高284m

瀬音の湯〜高明神社跡
49分34秒 2.84km
累積標高566m

高明神社跡〜大岳山
1時間44分12秒 6.54km
累計タイム3時間26分
累積標高761m

大岳山〜御岳山〜日の出山
1時間12分24秒 6.34km
累計タイム4時間38分
累積標高238m

日の出山〜青梅駅
2時間27分11秒 12.83m
累計タイム7時間9分
累積標高99m



by nao-yamaniiku | 2018-06-03 19:48 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
今後の予定
2月23日(土)24日(日)
小江戸大江戸200k 
203㎞
  
最新の記事
DNSでしょぼい休日
at 2019-02-23 21:30
小江戸大江戸はDNS
at 2019-02-21 12:26
小江戸大江戸の作戦
at 2019-02-20 22:03
レース週
at 2019-02-19 22:54
ハセツネ30k 2019年1回目
at 2019-02-17 20:27
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ