nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥多摩トレイルラン(五日市起点)( 71 )
武蔵五日市駅〜瀬音の湯〜大岳山〜羽村駅 パートⅡ
今日は先週のコースとまったく同じ。
武蔵五日市駅〜琴平神社〜瀬音の湯〜馬頭刈尾根〜大岳山〜御岳山〜日の出山〜羽村駅
馬頭刈尾根から大岳山神社のピストンを止めて、鋸山方面から大岳山へハセツネコースに変えたぐらい。休憩も馬頭刈山、富士見台、大岳山、日の出山と同じにした。
これで先週のタイムと比較するのである。先週は8時間48分もかかってしまった。体調はあまり良くなかった。今週もずっと咳と喉の痛みが続いていて平日のランはお休み。先週と同じかな。違うのは足がフレッシュなこと。
目標タイムは8時間である。

午後から雨だという。武蔵五日市駅を6時20分に出発。果たしてどこで雨に捕まるのか... 風邪を引いているので雨はノーサンキューである。
だけどこんな事しているから治らないんだよなあ。きっと…

琴平神社までは割と走れた。でも、走り切らなきゃなあ。
c0206177_18212283.jpg

瀬音の湯からの登山道入口で登山者を1人パス。大岳山までは彼だけしか会わなかった。いや、つづら岩でクライマーがいたか。
今日も登りはひとり言をブツブツ…  いろいろ文句もあるが、山に行けているだけで満足だろう。
しかし、高明神社跡までは長い。下界に移転して正解だよ。
c0206177_18205310.jpg
今日はここで1枚。
この先の馬頭刈山からは多少走れるようになる。この尾根はnaoさんレベルだとキツイわ。
c0206177_18223804.jpg
曇り空だけど富士山は見えた。
瀬音の湯から2時間半かけてようやく大岳山山頂へ。10時前だし雨予報のためか登山者は少なかった。

綾広の滝の水場はじゃんじゃん水が出ていた。ここまで500mlほどの消費。気温が高くないので楽である。けど、汗は多い。
c0206177_18481454.jpg
一転、御岳神社は人が多かった。何かやってたのかなあ。お土産屋さんを過ぎるまで歩き。
そう、お土産屋さんのT路地は工事のため右折出来ず、迂回路になっている。ハセツネまでには完成しそう。

日の出山は5時間かからないくらい。まあまあ。
でも、ここからが問題。梅ヶ谷峠までは下り基調だけど、梅ヶ谷峠から浅間岳までは、小刻みなアップダウンにやられるのである。
ちなみにここは都道238号、251号を横切るけど、ここから二ツ塚峠方面のトレイルに出るのは、一見さんではルートが分からないと思う。200mぐらい分かりにくい激坂を登るのである。
c0206177_19092372.jpg
しばらく走り、歩き赤ぼっこへ。いよいよ雨が降り出しそう。先を急ぐ。雨に当たるのを覚悟した。
c0206177_19103380.jpg
馬頭観音の道標。
c0206177_19110436.jpg
短い登り降りに削られる。
c0206177_19114030.jpg
ようやく浅間岳。
ここから羽村駅までは2kmほど。
下って羽村堰に着いたら雨が強くなった。ギリギリ雨はセーフだった。
41.47km。7時間47分。累積標高2363m。累積標高は先週と1mしか違わないが、距離は700mほど足りない…
まあ、先週よりほぼ1時間短縮したからいいか。

ラップタイム忘備録
武蔵五日市駅〜琴平神社〜瀬音の湯
6.62km  51分21秒 累積標高286m

瀬音の湯〜大岳山
9.38km 2時間32分 累積標高1353m
休憩 4分27秒

大岳山〜御岳神社〜日の出山
6.17km 1時間9分 累積標高249m
休憩 6分40秒

日の出山〜羽村駅
19.18km 3時間3分 累積標高471m




by nao-yamaniiku | 2018-05-13 19:58 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
武蔵五日市駅〜大岳山〜羽村駅
スネていても休みの日は、山に行くしか趣味はない。読書は電車の中でいいのである。
長女一家も帰ったことだし、孫1号と遊ぶ必要はなくなった。←これは寂しい…

久しぶりにロングの山練習。
キツイところの瀬音の湯から大岳山の馬刈尾根の登りをチョイス。果たして痙攣はあるのか…
c0206177_17521162.jpg
やっと生足よ…

まずはウォーミングアップ。武蔵五日市駅から琴平神社へ登り、コンクリート橋下の林道を瀬音の湯方面へ下る。

瀬音の湯は標高240mほど。ここから大岳山まで1000m登る。UTMFの天子山までが700mなのでケイレンリベンジということ。
筋肉で登らない…勝手に『ふなち戦法』
痙攣はなさそうだけど、喉が… カラカラ。まだ、深夜に咳き込んだり何かおかしいのである。右の踵も月初に通勤中に痛めた。したがってゼーハーは禁止である。

登りながら『チクショー、バカヤロー、クソッタレ、ふざけんな、ぶっ飛ばす‥』と吠える。しまいにゃ『あーあ…』なんて。大岳山まではほとんど人はいないのでいいのである。客観的に見ると爺さんが、世の中のウップンを晴らすべく、ブツブツ言いながら歩いている図式である。大岳山の分岐まで3人しか会わなかった。でも、大岳山〜日の出山までは人気コースなので一気に人が多くなる。『チクショー』が『こんにちは』になるのである。

大岳神社で参拝。『ダメでした…』という報告。

御岳山へ行ったら、10歳の男の子が行方不明になったとかで、見なかったか聞かれた。日の出山までで4回聞かれた。気になっていたけど、無事に保護されたみたいですね。良かった。
御岳の山道でハタと思い出した。長女一家はクルマで昨日の夕方、帰ったが、まだ、自宅着の報告はない。LINEを見たら7時半着とある。ホッとひと安心。

日の出山から二つ塚方面の尾根沿いを進む。この辺からペースダウン。ううっ、足は痛くないんだろ。でも、キツイ。まだ、30kmぐらい。ダメだなあ。
福生は諦めて羽村駅で終了。

42.2km、8時間48分。累積標高は2362m。
c0206177_20124226.jpg
富士見台からの富士山。あーあだよ。

タイム備忘録

武蔵五日市駅〜琴平神社〜林道〜瀬音の湯
1:02:12 6.26km  累積標高287m

瀬音の湯〜大岳山
2:40:26  9.12km 累積標高1340m
休憩 2:39

大岳山〜御嶽山〜日の出山
1:17:36 6.28km 累積標高247m
休憩4:30

日の出山〜羽村駅
3:41:13 19.85km 累積標高484m

by nao-yamaniiku | 2018-05-06 20:41 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
UTMF最終の山行き
UTMF前の最後の山。
武蔵五日市駅から刈寄山ピストンにした。
9時過ぎに終えたので、さほど暑さは感じなかった。
17kmを2時間27分。累積標高は820m。
c0206177_21351380.jpg
刈寄山から富士山が見えた。まだ、真っ白。
来週の今頃はどこにいるのだろう?と思いながらのランだった。

心拍数は140台まで。登りは歩く。下りは…ちょっと下手になったみたい。リズムが悪い。果たしてこのペースで何キロ行けるのだろう?
c0206177_21393897.jpg
レースウェア。これにTREKNAOシャツを着る予定。この辺りと気温が5℃は低いだろう。
c0206177_21422215.jpg
たいした距離と運動量でなかったが、帰路の武蔵五日市駅からの電車では寝落ち…  帰ってからも疲れていた。 なんでこんなにも疲れるのか?
孫1号の相手や片付けなどしていたらレースの用意が出来なかった。

もう、寝る…


by nao-yamaniiku | 2018-04-21 21:32 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
3週連続戸倉城山
昨日の日曜日は3週連続で、武蔵五日市駅の一番電車で行き、そして、帰路も11時2分発の電車に乗る。始業時間と退社時間が同じ。残業したいが出来ず...といったところか。
c0206177_07145320.jpg
冬の拝島発の武蔵五日市への始発は暗かったが、今はだいぶ明るくなった。

トレイルラン時間は4時間20分ぐらい。時間が限られているのでキツイやつをする。要は累積標高にこだわるのである。本当は、上り下りの間に平坦を加えるのがいいが、平坦地を走る時間がもったいない。平らな道は平日に走ればいいや。

戸倉城山ぐるりを7周。このコースは光厳寺からの登りが急登。ゆっくり行ってもゼーバーしてしまう。檜原街道までは行かないぐるりで、一周は2kmないぐらい。標高は220mほど。自分のタイムは24分から30分。頂上の戸倉城山で息を整えて立ち止まるか、そのまま行くか、写真ロスもあり... これで一周のタイムが変わる。
c0206177_06550176.jpg
短いが自分的には、書いてある通り(急坂)である。

戸倉城山まで行くのに、武蔵五日市駅から檜原街道を進むのも面白くないので、往復は金毘羅山経由で行っている。ウォーミングアップにはちょうどいい。
c0206177_07135357.jpg
昨日は、ランナー・登山者は、ラスト一周の7周目と帰りの金毘羅山からの下りで会っただけ。天気がいいのになあ。まあ、ランナーはハセツネ30kコースに行ってるだろうけれどね。
c0206177_07141467.jpg
5周目を下った八雲神社の先で、年配の男性から『何周だ?』と声をかけられた。6周目で今度は女性にも声をかけられた。うーん... 目立つのかなあ。あまり地元の方に遭遇して鬱陶しい奴と思われたくない。9時過ぎたらぐるりをやめてピストンにした方がいいかなあ。

今回の7回の登りは、自分としては力強く登れたと思う。強弱をつけて登っても、あまり変わらない。どのみちキツイ。
下りパートは右足首の捻挫に気をつけてゆっくり。捻挫してなくてもスピードは変わらないけどね。下りのスピードが遅いのが、言い訳にはなる。

21.9kmを4時間17分。累積標高は2057mだった。標高は稼げる。

3月11日(日)24km、   4時間22分、1803m
3月18日(日)21.7km、4時間18分、1948m
3月25日(日)21.9km、4時間17分、2057m

毎週、同じ時間、同じようなコースだけど昨日が一番累積標高があった。そして、翌日の疲労度は一番少なかった。11日は久しぶりの山だったので、なかなか筋肉痛や疲労度が取れなかった。18日は少し改善。筋肉痛はあまりなかった。今回は、翌日の今朝のランは、疲れてはいるけれど走れた。でも、山では痛くなかった右足首が少し痛み出した。そして、日中に徐々に太もも辺りが重たくなって来た。遅っせえよ...  やはりダメージはあるんだなあ。


だけど、山は通わないとダメだね。世の中にはロード練習しかしないのに、山で結果を出す御仁もいるけれど、そういう人達を羨んでも自分が強くなるわけでもない。地道にやるしかないのさ。

昨日は、家に戻ってからがてんこ盛りの状態。山に行ったのをすっかり忘れて動き回った。21時前にはくたびれ果ててダウンであった。
c0206177_07184461.jpg
孫1号と赤ちゃんを沐浴。沐浴なんて単語は久しぶりである。写真を撮られた後、ガーミンをしていたのを女性陣から怒られた。
孫1号のお兄さんぶりがnaoさんの涙腺を緩くする...

by nao-yamaniiku | 2018-03-26 21:30 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
山の時間が欲しい...
昨日の日曜日は先週と同じ。
同じ時間に一番電車で武蔵五日市駅へ行き。帰りの電車も先週と同じ、11時2分発に乗るのが絶対条件である。同じようなコースだけれど今熊山へは行かず。先週は今熊山への往復共、沢戸橋でハセツネ30kの試走軍団に出会った。試走者に会うのはなぜか惨めな気持ちになりそうなのである。別に堂々としてればいいが、そこらあたりが気の弱いオレ様なのである。ゆえに脳疾患野郎ということさ。
c0206177_06392456.jpg
まずは金毘羅山辺りでうろうろする。登ったり降りたり...  調子を確かめる。緩い登りは走れるのでまずまずと思った。
4時間ほどの時間なので、めいいっぱい身体を動かそうと、撃沈歓迎であった。

先週辿った戸倉城山のぐるりコースを5回城山に登る。
ぐるりは2kmないぐらい。累積標高は230mほど。1周目は24分だった。まあ、30分ぐらいでひと回りかな。
しかし、戸倉城山は遠目で見てもとんがってる。標高は400mちょっとだけど急登。登りながら自分にとっては、戸倉駒ケ岳、あるいは戸倉槍かな、なんて思った。
c0206177_06460437.jpg
標高が低いので、たいがい五日市方面は眺められる。

先週より登り降りはいい感じ。今日は登りでのバランスを崩さないように意識した。いい加減な足付きはしない。大股にしないけどスピードは落とさない。

ランナーは1人だけ。登山者も少ない。静かな山行きだった。休日の低山で人のストレスなく歩めるのはいい。
c0206177_06512367.jpg
4時間18分。21.71km。累積標高は1948mだった。
追い込みが足らずか、まだ走れそう...  距離はともかく、せめて6時間ぐらいの山行きが出来るといいが... 累積標高も3000mぐらい稼ぎたい。

時間を捻出するには夜中に走るしかないか。今一番欲しいのは、山へ6時間行ける時間である。
来週は予定していた日の出ロゲがDNSになったので、その分、山に入れるかも...

by nao-yamaniiku | 2018-03-19 21:35 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
低山の山でトレーニング
c0206177_18341183.jpg
ようやく朝からジャケットを脱いで山に入れるようになった。

昨日は早朝の20kmがキツかった。足は動かない、大した寒さじゃないのに身体が冷え冷え...
7時半から用事を済ませて2回戦と思っていたが、疲労を蓄積させてもと思って止めておいた。

でも、そうなると孫攻撃が始まる。娘2号が用事があるというので孫2号も合流。
家の近くに緑地があって、そこで冒険ごっこをさせられる。面倒なものを教えてしまったのである。
ちびっ子なので、道がないところを進んでも枝が当たらない。追いかけるジィジは大変。枝に阻まれ遅々たる歩み。孫2人と離れてしまう。『ちょっと待って』から、終いにゃ『待ってろ!』だよ。自称、トレイルランナーも孫には追いつけないのである。子育ては若いうちだなあと実感。
『アイス食べよー』と誘い、コンビニへ逃げた。
c0206177_16205887.jpg

昨日がヘロヘロランだったので、『どうしょう』と思っていた。でも、UTMFまで山に行く日も限られるので、いつものように一番電車で武蔵五日市駅まで行った。
午前中だけ時間をもらって、11時2分の電車で帰るのがマストである。休みの日は孫と一緒だよ。
c0206177_17240780.jpg
c0206177_17240839.jpg
c0206177_17241084.jpg
駅近くのコースをチョイス。時間が限られている時は時間調整が便利だからね。
昨年の彩の国の時は100マイルペースで、ゆるゆるトレイルを走って、いや、歩いていたけれど、今年はスピードアップ。
最初の金毘羅山は走って登る。戸倉城山も急登まではなるべく走るようにする。
走り始めからジャケットは着ず。心拍数を上げていたので、結構、汗はかいた。

金毘羅山2回、今熊山1回。戸倉城山はぐるりのコースを3回。
沢戸橋あたりでハセツネ30kの試走軍団と出会ったりする。コースと違う方向に行くので、『あいつ道分からねーな』と思われたに違いない。まあ、いいさ。

4時間22分、24km。累積標高は1803m。
時間の割に距離は進んでいないけど、自分的には結構がんばった。最後までダレることなく進めたのでよろしいだろう。
来週も山に行く。

戸倉城山へ登った時、震災から7年経ったのを思い出した。山に入ったら忘れてしまっていた。今でも地震という言葉が出るとあの日のことを思い出す。地震=3.11

by nao-yamaniiku | 2018-03-11 19:05 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
ロードと裏山ファイブ
いつもより少し早い4時から早朝ランニング。今朝は寒いが、いつもの厳寒ということはなかった。小江戸大江戸が1ヶ月後に迫って来たので、レーススタートからのペース、キロ6分30秒のつもり。
だけどこのペースはダレる。キロ6分ぐらいで走らないと身体が暖まらない感じ。
20km走ったけど、とても疲れた。

珍しく複数人での山行き予定だったが中止になった。やっぱり1人なんだよ。100%に消費税の8%加えて、いつも108%、1人での練習である。
それならとロードのロング走へと8時過ぎにシューズを履いた。でも、ハタと家のカギを忘れたのに気づく。
シューズを脱ぐのが面倒くさい。いい加減な脱ぎ方をしたら、右の足首の関節技が決まってしまい痛さで悶絶...  
もともと右足首は痛め気味だったのでサポーターを巻いていた。キチンと紐を解かないとねぇ。いい加減に脱いでも、履く時は紐を緩めないといけないから同じなのに。
まったく...自分DVである。アホ。

走り出すが100mで痛くてストップ。いったん家へ戻る。気を取り直して再スタートするが痛い...  参ったなあ。でも、さほど大きな故障でもなさそう。
走っているうちに治るかと思いゆっくり走りだす。それに歩く分なら痛さはない。
まっ、走ったり歩いたりすればいいかなと思った。
でも、1kmも走ればつまらなくなる。気持ちも失せた。また、家に戻る。わずか2.8kmでおしまい。

結局、10時20分に武蔵五日市駅に降り立った。あちこち忙しいのである。
歩けるので山歩きのつもりでいいやと思った。裏山ファイブのコースを入る。
c0206177_15271825.jpg
積雪なのでモンベルのリバーシブルグリッパーを持参した。これは脱着が簡単なのだ。裏山ファイブのコースはロードも多いしね。
c0206177_15293952.jpg
1山目の天竺山から下って林道に入ると先行者2つの足跡。動物の足跡も1匹。琴平神社への登りも2つあったので同じ人だろう。おバカは自分を入れて3人と1匹である。
c0206177_15323659.jpg
c0206177_15331120.jpg
大悲願寺では節分会が開催みたい。出店の準備もしていた。
c0206177_16050302.jpg
高尾から網代城山に向かうが、ランナーとすれ違い。『イノシシのようなのがいたので気をつけて』という有難いご忠告をもらう。
『イノシシかあ...』(クマより怖い...)  
ランナーが遠ざかったところで『ウォーッ!』『アーッ!』とか大声を上げながら進む。戦う準備は出来ているが、動物を虐待するのもね...なんて。
c0206177_16424471.jpg
先週は雪がなかった急登もバッチリ積雪だった。当然、ペースは上がらず。まあ、仕方ないし右足首の調子を考えればね。だけど、不思議?山に来たら足首の痛さは気にならなくなったよ。やはり山とロードでは違うのかなあ。
c0206177_16503807.jpg
2山目の網代城山でいつもの写真。
ここまでちょうど60分。

今熊山の登りはさほど積雪はなかった。南側だからね。しかし、下りは...  今熊山からの下りはハセツネ30kと同じコース。雪は多かった。しかも柔らかいのでスパイクはあまり利かず。チェーンやアイゼンのほうがいいみたい。でも、何も付けないより、リバーシブルグリッパーをしている方がはるかにいいだろう。
c0206177_16550964.jpg
別ルートが開通していた。でも、足跡がない。迷ったがいつものコースをチョイス。弱いなあ...
c0206177_16560498.jpg
しかし、下りにくい。この場合、速く下るより上手に下った方が身のため。慎重に進む。うーん、トレイルの練習にはならないなあ。以前は雪道を面白がっていたのに、今日はそうでもないや。

しかし、今日は滑り止めを付けたり外したりである。こんな条件だから仕方ないか...

戸倉城山の登りも今熊山と同じ南斜面のため積雪はあまりない。
c0206177_17011424.jpg
城山から五日市方面。左の山が天竺山、右が網代城山。1山目と2山目の山が見える。ずいぶん遠くから来たんだなあ。
ここまで2時間54分。タイムがかかるのは仕方ないね。
c0206177_17042166.jpg
ここからの下りもよく滑った。ローブを手繰りながら下る。まったく...
だけど、この下りを降りてからは、滑り止めを使うことはなかった。

ラスト5山目は琴平神社の登り下り。
c0206177_17071769.jpg
あまりスピードを出さなかった、いや、出せなかったので疲労はあまりないよう。UTMFはこんな感じのペースかな。

20.14kmを4時間4分10秒。
累積標高は1268mだった。

給食はマルトデキストリンの自作ジェルとゼリー1個だけだったので腹が減った。今日は節分なので武蔵五日市駅近くのコンビニで恵方巻きでもと思った。だけど結構なお値段である。これならラーメンを食べた方がいいに決まっている。結局、家まで我慢したさ。歳を取ると節約が出来るようになった。

朝の感じからどうなるかと思ったが、やっぱり身体は山を欲しているみたい。だけど小江戸大江戸の練習をどうするか。なんか市街地のロードを走りたくないのだが...  

by nao-yamaniiku | 2018-02-03 19:07 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
気持ちはブルー...
ちょっと、いや、だいぶ気が落ち込むことが出来ちゃった。あっ、身体は元気ですよ。
くよくよしても仕方がないが、チキン野郎なので心臓にグサっと刺さってしまっているのである。

だけど走りの方は快調な感じ。
今朝はいつもの時間に20kmほどキロ5分32秒ペースで走る。スマホの今朝の気温は−6℃だったけど、もう慣れた。手は冷たくなって悴むけれどね。ガマン強いのだ。

今朝は935の充電を確かめてみた。ロングレースがあるからね。
c0206177_16564812.jpg
タイムを止めてバッテリーに繋ぐと上部に充電量が表示され、充電されているよう。
c0206177_16573263.jpg
だけどラップを取り始めると充電量が表示されない。
このまま10kmほど走って充電量を見てみる。充電前は92%だった。だけど88%だって。少なくなっている。充電されていない。むむむっ...  
こりゃ、当てが外れた。この後の小江戸大江戸やUTMFはどうしようか?
ちなみに昨年の12月になって、スマホと同期しなくなっている。いろいろやってみたがダメ。今回のガーミン君の相性は良くないみたいだ。

10時半からは武蔵五日市駅の駐車場へ。
積雪があるだろうが、山慣れしていないとね。裏山ファイブなら積雪が少ないと思った。
c0206177_17034311.jpg
c0206177_17040680.jpg
登りは問題ない。
c0206177_17042445.jpg
でも降りは若干滑る。
c0206177_17044908.jpg
林道部分の積雪は問題なし。カチカチじゃないのでガシガシ行ける。
c0206177_17052506.jpg
網代城山への急登は積雪あり。
あまりペースが上がらず、身体が冷えて来た。
c0206177_17063360.jpg
元気そうだけど、ダメ...
ここで気持ちがなくなった。気に病む事も考え始めたしね。武蔵五日市駅の駐車場へトボトボ歩いて戻る。
わずか7.9kmほどの山行き。1時間33分で終了。
c0206177_17093014.jpg
滑り止めのスパイクが仲良く両足共、同じところが取れていた。もう使えないなあ。
手の平を出したらおバカ犬がお手をして来た。お前は呼んでないぞ。

相変わらず冴えない休日だったけど、1月の走行距離は山とロードを合わせて424kmになり、400kmを超えた。走行距離じゃないと言いつつ気になるのは仕方がないなあ。

by nao-yamaniiku | 2018-01-28 19:10 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
五日市周辺の山を走る
東京は今年一番の寒さだという。だけど、積雪・極寒地帯のランナーから比べれば恵まれ過ぎている。周辺の山も積雪はない。山に通うしかないだろう。

とは言うものの病気持ちで虚弱なので、今日は早朝からの山行きは止めておいた。なんでぇ、弱々じゃねーの。

だけどきちんといつもの早朝ランを13kmほど走った。いったん家に帰り家の用事(家事ともいう)をして、9時過ぎに武蔵五日市駅に降り立った。オレ様的には遅い出勤である。

今日はいつも通り過ぎて行かないところの調査。5時間ほど低山でトレーニングである。
まずは金比羅尾根をいつものコース。いつも下らない所を下りいったん市街へ。
朝のランのせいか少し腿が重たい。
自分の備忘録的写真
c0206177_16282075.gif
そして金比羅尾根をコンクリート橋を過ぎて瀬音の湯の分岐まで行く。
c0206177_17024340.jpg
日の出山から五日市に向けて走ると、コンクリート橋から500m?ほどのところに瀬音の湯の標識がある。いつかは?と思っても一度も行ったことがないのである。今日はお初である。
作業車が入れる幅のトレイル。下りやすい。
c0206177_18022114.jpg
c0206177_17283630.jpg
今日の行動食はチャーハンおにぎりを3個。昨日、余ったご飯で作った。でも、作業手順に手違いあり...  さんざん炒めてからふと見ると、溶き卵が鎮座していた。慌てて入れたけど食感は変。でも、旨いと言うことにしておこう。
10年以上前の行動食は手弁当だった。半分づつ食べるのがマイルールだったな。

いったん十里木まで下りる。瀬音の湯から高明神社跡まで行く。
c0206177_17291595.jpg
瀬音の湯の駐車場脇から登るけど、この登りは意外とキツイのである。逆も下り難い。大岳山から最後、瀬音の湯フィニッシュという登山者も多いと思うが、結構たいへんだと思う。
c0206177_17311235.jpg
十里木への分岐。
ここで下ってもいいけど、せっかくだからさらに高明神社跡まで登る。
c0206177_17330147.jpg
ここから十里木まで下る。ここの下りが本道。瀬音の湯へのトレイルより下りやすい。
c0206177_17340698.jpg
里山の風情はいい。
今日はルートを探しうろうろすることも多いが、走りは快調な感じ。
c0206177_17355683.jpg
再度、十里木へ。
ここから城山へ登る。
c0206177_17364088.jpg
光厳寺でいつもの写真を一枚。

さらに沢戸橋から金剛の滝へ行く。
c0206177_17425599.jpg
c0206177_17431012.jpg
金剛の滝から今熊山へ登り武蔵五日市駅へ下る。
28.7kmを5時間9分ほど。
累積標高は1839mだった。

今日はロードと合わせて40km以上走ったのでよろしいだろう。
来週末は用事があって微妙だけど、週末はロング対応しなきゃ。


by nao-yamaniiku | 2018-01-13 19:38 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(3)
Xデー2年目と裏山スリー
くも膜下出血からちょうど2年が経過。
今日は倒れた時間の13時20分は家にいた。ちょっとドキドキだったなあ。

今日は12時までには帰宅厳守だったので、武蔵五日市駅へは、いつもの6時14分着の一番電車で行くつもりだった。
だけど、昨日は20時半前に就寝。早く寝過ぎたか、1時過ぎにいったん目覚めてしまう。その後、くも膜下出血の時の事をあれこれ考えてしまった...   寝付きが悪いのは珍しい。再び ハッと目を覚ましたら6時過ぎていた。あちゃー、寝過ごした。まあ、たくさん寝たからいいか。

この時間から山に行くのも面倒なので、地元の里山かと思ったが、くも膜下2周年だし少しの時間でもいいから、山で元気な姿を見せたいと思った。でも、いったい誰に見せんだよ...

武蔵五日市駅に着いたのは8時20分頃。11時2分発の電車で帰りたいので、そんなには時間がない。
結局、裏山ファイブコースを選択。これだと駅まで戻るのが楽である。

このコースは春まで使いそうなので、途中の神社仏閣に挨拶の参拝をした。
c0206177_12394112.jpg
c0206177_12395740.jpg
c0206177_12402463.jpg
三内神社、大悲願寺、高尾神社...
大悲願時はすごい名前だけど、蚊遣豚さんのブログでうんちくを知ったのだ。
c0206177_12424183.jpg
天気予報の予想気温は低くはなかったが、寒かった。首の後ろが冷たかったのでBuffを頭まで覆う。大げさなのだ。でも、カッチョ悪くても命を守る方が大切なのである。

走りの方は、まあまあ。平坦地はしっかり走れ、登りもそれなりの歩き。
今日は前回忘れた足首のサポーターを右足首に付けた。
c0206177_12521205.jpg
『どうなの?』と言われても分からん。でも、付けないよりはマシだと思いたい。

弁天山を下って今熊神社までロードを走るけど、naoさん的には小峰公園からトレイルに入った方がいいと思う。でも、今日はタイムを確かめたかったので、マニュアル通りロードを走る。

このコースは今熊山の登りは元より、弁天山・城山への登りがそれなりに角度がキツく、下り難いところもありコースとしてはなかなかいい。山から山へ繋ぐロードが邪魔とも言えるが、逆にそこをスピードアップして走ればオールアラウンドの走力が鍛えられるかな。
里山の登りは短いけど、短いから急登になる場合が多い。繋げばアップダウンでしごかれる。冬の間はいいトレーニング場になりそう。

今熊山山頂で1時間34分だった。距離は10kmぐらい。裏山ファイブコースの中間点ぐらいになるのかな。参拝しなければ1時間30分切ったと思う。従って全コース3時間そこそこが自分の走力かな。

沢戸橋まで行ったところでちょうど2時間。時間は10時20分過ぎ。今日はこれで終わり。武蔵五日市駅まで歩道を走る。

16.02km、2時間19分45秒。
累積標高は763m。

この3連休は用事が重なり、まとまったランが出来なかった。でも、健康であれば練習はいつでも出来る。健康が一番。
このブログを読んで頂いている方々も自分の身体を何よりも優先して欲しい。

とりあえず無事に2年が経過するようです。
そして、naoさんの2018年が始まりました。

by nao-yamaniiku | 2018-01-08 18:26 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
地元のロングトレイルラン50km
at 2018-05-27 19:01
秋の目標レース
at 2018-05-23 23:40
彩の国とロード練
at 2018-05-20 20:50
彩の国応援と奥武蔵トレイルラン
at 2018-05-19 20:39
訃報
at 2018-05-17 21:27
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ