人気ブログランキング |

nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:レース備忘録( 28 )
レース後
とりあえず今後の試金石と思っていたオクムとTGGか終わった。まあ、力なくリタイア…というのでなくて良かったよ。 

今後の目標は、事前に調整レースも考えているがkoumiである。しかし、TGGでも笠取山までで、『こりゃ、100マイルは無理だ…』と降参状態。でも、何とか勝負出来る状態で当日迎えないとね。

オクムとTGGで今の自分のペースでが分かった。オクム8時間44分、TGG12時間30分。両方とも前回はくも膜下前の2015年である。それぞれ1時間・2時間以上タイムを落としている。

冴えないタイムだけれど、良かったことは痙攣は兆候すらなかったこと。このペースなら筋肉に変な負荷がかからないのだろう。
これから手に入れるのは、当たり前だけど持久力だね。このペースで走り続けられるようにすることである。
だけど、暑い日々はすぐそこまで来ている。暑くなったらペースは考えない。普通のペースじゃすぐ撃沈だよ。何しろジッとしていてもゼーハーするのが夏だからね。距離よりも時間だね。

6月は、週末にオクム78km、ロード40km 、TGG65kmと多少はロング走をした。いつものように野暮用多数だけれど、8月までの2ヶ月はロング走、まあ、時間走になるか…を続けよう。

右のかかとの痛みは、レース翌日になって、あら不思議?まったく痛みがなくなった。分からないなあ。今日は"かかとにパット"もしなかった。でも、ケアしておかないとね。先週の今頃はジッとしているとジワジワ痛んでいた。あれだけ痛んだから、完治したと思わない方がいいだろう。
喉は、やはり風邪を引いたようで鼻垂れ、咳もあり。でも、これ以上の悪化はなさそうな感じ。
年齢を重ねると障害がたくさん出て困るよ。ほんと、めげる… なんか競技を辞めてい行く気持ちも分かるよなあ。
c0206177_12440050.jpg
鬼さんのJRさんより頂き。鬼さん達の下りを駆けるあまりの速さは、自分と違い過ぎてがっかりするよ。

by nao-yamaniiku | 2019-06-26 22:41 | レース備忘録 | Comments(2)
TGGは出るよ
右かかとの痛みはあるけれど、TGG(多摩川源流ぐるり)は出場することにした。ただ、5時スタートだと完走は難しそうなので、4時スタートと1時間、早くして頂いた。

右かかとの痛さは変わらず。ただ、"かかとにパット"のおかげで着地時の痛みは軽減した。これはなかなか優れものだった。
今朝は本番を想定して、テクニカ、ドライマックス、かかとにパットで3km ほど走ってみた。走った…といっても超〜スロージョグ。途中で右のシューズの締め付けがキツかったので、かかとにパット分だけ緩めた。これでしっくり。

だけど65kmも持つのかなあ? 日中は出歩いたが、座るとかかとが疼き出す。
とりあえずリタイアポイントをチェックしながらコースタイムのシュミレーションを考えてみた。

まずは前飛竜までの8km、1300mほどの登り。ここでリタイアした時は力なく2時間25分もかかった。でも、今回はこのぐらいかな。登りだと、かかとはさほど痛みそうもないと楽観しているが…

笠取山まで最速は4時間16分。ここまでで6時間でどうだろう。
さらに柳沢峠。最速は6時間36分だけど、だいたい7時間30分前後かかっている。ここまでで9時間かな。
時刻は13時。ここの制限時間は14時まで。この柳沢峠までが最後のリタイアポイントになる。ここから先は行くしかない。

ここまでの距離は約40km。残りは25km。制限時間は18時までである。痛みを我慢出来れば5時間あれば何とか行けるかもね…なんて。
残り約25kmを5時間。大菩薩嶺の46km地点から先は下るだけである。まあ、その下りが問題だけどね。

4時スタートだと14時間が制限時間になる。だけど、自分的には13時間で行きたいと思う。全力で頑張るよ。
明日は孫2号の面倒を見なくてはならない。これが強敵なので要注意である。
c0206177_20512391.jpg


by nao-yamaniiku | 2019-06-21 22:21 | レース備忘録 | Comments(0)
23日はTGG(多摩川源流ぐるり)
c0206177_14355213.jpg
23日は、4年ぶりの開催になる多摩川源流ぐるり、通称TGGである。この大会は自分が出るレースとしてはレベルは高い。それなりの選手が集まるからねぇ。

コースは丹波村から奥多摩主縦走の前飛龍まで登り、唐松尾山、笠取山といった分水嶺の山々を進み、いったん柳沢峠に降りて、大菩薩嶺への登り、そして丹波村まで下る一週コースである。距離的には約65km、累積標高は4000mを超える。コースとしてはキツイ。

スタートは3時半から7時半の時差スタート。当然、実力者は遅いスタートになる。たくさんの鬼さん達にどこで捕まるか、また、逃げきれるのか、ということである。制限時間は18時まで。コースと制限時間からそれなりの実力でないとスタートには立てない。

レースに出るには、窓口実行委員の推薦が必要で、過去4回は推薦されるのをジッと待っていた。だけど年齢を考えると限られた回数しか参加出来ないかも知れない。今回は積極的にkojiken師にアプローチしたのである。

過去の成績はというと
2012年11時間32分 萎縮して場違いな感じ 
2013年前飛龍でDNF 生き恥、戻る時たくさんの選手とすれ違った。来年はないなと思った。
2014年12時間13分 またもボコボコ。実はこの時、禁酒するしかないと本気で思った。実施までは3ヶ月かかったけど…
2015年10時間17分 ようやく人様並み

今回は、このところの落込みを考え、良くて12時間ぐらいと思っていた。スタートは5時なので17時がフィニッシュ予定である。

ところが… 火曜日からの右かかと痛のため、出走が難しくなった。座っている時など、ジッとしているとジンジンかかとが痛む。昨日は帰宅時に"かかとにパット"なるものを買った。さっそくジムで4kmほど走って確かめてみた。痛みはだいぶ防げるが、果たして65kmも持つのかよ…
今日も1日"かかとにパット"を履いていた。だけど状態は変わらず。パットのおかげで歩行時の痛みは和らぐけれど、痛さの改善はない。
さて、どうするかなあ。
c0206177_06512506.jpg
TGGの名物。トラックの木。
久しぶりに見たかったが…

by nao-yamaniiku | 2019-06-20 22:35 | レース備忘録 | Comments(5)
オクム諸々…
オクムの忘備録的に…

スタートから北向地蔵までは登れたが、ユガテ辺りでいったん下り、そこからの上りがキツくなった。OTKもそうだったが、年明けからの累積標高獲得作戦の効力なし。でも、やったからこの程度で済んだと思っておこう。がっかりしても仕方ない。
35km辺りでは、とても残り43km行ける気は起きなかった。
35kmからほぼ抜かされた。まあ、人様のことはいいが、ウルトラのレースは後半走れた方が面白いに決まっている。
現時点での走力はよーく分かったので、今後のレース展開をどうするか…
今回の序盤のペースで20kmを1時間49分で走って、その後、いかにペースダウンしないようにするか。それとも序盤ペースを緩めて、中盤、後半の落ち込みを無くすか…
なんにせよ、ロングラン対応が出来ていない事は間違いない。そういう意味ではこのレースがいい練習になったと思う。

撃沈レースとセットの痙攣はなかった。いつ来るか?なんて思っていだけれど、兆候もなく、そのままゴールまで。それほど追い込んでなかったのか、追い込めなくなったのか?

身体のダメージは足の筋肉痛。これは当たり前。昨日は歩く速度は遅々たるもの。今日は寝起きはカチカチだけど、今朝30分のラジオ体操からのストレッチでだいぶ解れた。ストレッチをするしないでだいぶ違うと感じた。いつもの今更である…
頭の方は大丈夫。後頭部の痛み・違和感はない。

エイドについて
摂取したのは、ほぼフルーツ類ばかり。スイカ、バナナ、メロン、オレンジ、キウイなど。おにぎり、そば、パンも食べたけど固形物はあまり食べる気はしなかった。それでもお腹は空いたり、ハンガーノックにはならなかった。
水分はコーラ、オレンジジュース、カルピスっぽいもの。さほど暑くなかったのでそれ程、多くは飲まなかった。
酒を止めてから胃の不調はなく今回も大丈夫だったが、オナラは出たねぇ。前に女子がいても関係ない。そーっとするが音が出る。最後の方は、ブッ、ブッ、ブーと軽快な音を立ててやったさ。
トイレ小は鎌北湖先のトイレ(ここは空いている)それから折返しの見晴し台エイド(並んでなかったので)の2回、大はなし。まあ、9時間近くの行動なので仕方ないね。

かぶり水は、手ですくって顔を洗った。シャキッとするね。手のベタベタも取れる。
レース中は声を発することも出来ず。エイドの方々の暖かいお声がけにあまり応えられなかった。でも、感謝しています。オクムのエイドは最高…!ですね。

高山エイドを過ぎてからヘアゴムを取り出して髪を結んだ。まあ、気分転換よ。灼熱の太陽にはならなかったが、髪の毛が長いと真夏はどうしよう?なんて。

嫌な思いは折返しを走っている時、応援ランの6人の集団がいた。彼らもゴールに向かっていて、後ろから大声で会話が聞こえ、しばらくすると抜かされる。エイドで彼らも止まっている。自分が先行、また話し声が聞こえる。抜かされる…の繰り返し。
そのうち、後ろから女の人が自分に向かって『あの人ずっといるね…』だって…  後ろの連中、笑い声… 聞こえるよ…  へっ、 どうせ遅いさっ…  後半のキツイ所なので立ち止まっての声援は嬉しいが、平行しながら会話や笑い声が聞こえると気になるよ。しかも、某エイドでお知り合いがいたみたいで、エイドで飲み物や食べ物を手にしていた。まったく…  

選手のレベルは高い方だと思う。78kmと中途半端な距離だけど、主催者調べで累積標高は2127mある。制限時間は12時間。キロ9分ちょっとが完走ペース。昨年の神宮24時間走の時のように1時間で3〜4kmしか進めなくなったらアウトである。
それだけに出場選手はいろいろ経験して来た強者が多い。

さて、来年は出るの?
60歳になってからは、ちょっと思うこともあり。今はなんとも言えないかなあ。
c0206177_08270821.jpg
J子女史&ほえる女史から。本物の女子には女子化のおっさんは負けるわ。

by nao-yamaniiku | 2019-06-04 23:45 | レース備忘録 | Comments(0)
オクムの目標
あと4日に迫った奥武蔵ウルトラマラソン。
明日から夜が遅くなるので、オクムの目標を語るのは今日しかないのである。
このレースは『たのしい…』という変な御仁が多いが、自分的には今まで出場したレースの中では最大級のキツさである。近場なのに毎年出ないのは、『恐ろしくて… 』というのが本音である。

今年は、50代最後だから嫌がる自分にムチ打ってエントリーしたが、すでに後悔。4月からロードの上り下りのロングを…という思惑も、何だかんだありで滞ってしまった。
先週、いつものように付け刃的に序盤の25kmほどを試走したが、『やはり現実を突きつけられた…』という結果になってしまった。

過去の大会は
2011年 8時間24分25秒
2012年 8時間36分20秒
2015年 7時間39分2秒

当初から目標は7時間台だった。
2011年は後半撃沈。
翌年2012年に7時間台を出して卒業(このレースから逃げる…)と思っていたが、さらに撃沈…
結果、7時間台はもう無理と逃げた。

2015年は、今までの全てのレースの"落とし前"をした年だった。当然、しぶしぶオクムもターゲットにした。コースは変わって距離が延びた。だけど6月に変更になって気候的には楽になった。
折り返しからは下り基調だけど、とてつもなくキツく、それでも何とか8時間アンダー。これで、オクムはお終いと決めた。

あれから4年。大病もしたし歳も取った… どのくらいを目標にするか決めかねる。この2年間のレースは不甲斐ないものばかりだしね。冷静に今の自分の走力と向き合わなければならない。
もちろんnaoさんはファンランはしない。全力で挑むべし。

ペースは、序盤は先週ぐらいかな。調子に乗って飛ばすこともなかったし。そういう意味では試走して良かった。
鎌北湖から北向地蔵までの急登は、キツイが年明けからの累積標高獲得作戦が効いている感じ。走り切れる。まあ、本当は歩いた方がいいのかも知れないが…

そこから25km先まで登りが続くけど、どうだろうねぇ。長いよなあ。ここを走り切りたいよなあ。だけど、前回は下り基調になってキツかったし… 要はずっと辛いのである。オクム恐怖症…

救いは、トレイルレースに比べれば天国エイドのこと。グリーンラインに入れば2〜3km毎にエイドがある。しかも、ランナーの事をよく分かっている食料ばかり。故に空身で走れる。主催者はマイコップ持参を推奨しているけれど、今年も『ごめんなさい…』である。でも、これはそろそろ本気で考えなければ、とも思う。
応援は多く励みになる。それをバネに頑張るしかない。

ということで目標はタイムでなく、『出し切る』ということかな。今の実力を出し切って、どうなのか?を確かめるのである。それにはどうすれば実力が出せるかという事だけど… 今後の試金石になるようにしたい。
当日、スタート前は、すでに負け犬のごとく怯えた表情をしていると思うけれど、みなさん、よろしくです。

by nao-yamaniiku | 2019-05-29 22:52 | レース備忘録 | Comments(0)
小江戸大江戸はDNS
昨夜、小江戸大江戸の作戦なんて書いたばかりだけど、今朝になって諸事情のためDNSになった。
止める決断は早いものである。『そう、じゃあ止めるわ』である。
何せこのレースは丸2日拘束されるからね。用事のため、途中離脱もありだろうが、なんかそれじゃねぇ… 中途半端なら出ない方がいいだろうという結論。

自信はなかったが、それなりに準備して来たつもりである。主に心構えだけどね。
がっかりだけど仕方ない。
こういう時に冷静に対応しないといけないのである。半年間、目標にして目前にしてこの仕打ちだが、まあ、ここまで楽しませてもらったではないか。結果はどうか分からなかったが、それは次でいいじゃん。

幸いレースによるダメージはないので普通に生活や練習が出来るさ。

by nao-yamaniiku | 2019-02-21 12:26 | レース備忘録 | Comments(0)
小江戸大江戸の作戦
小江戸大江戸の一般エントリー日は10月25日だった。ちょうどその日に小江戸91kmを走った。11時間31分もかかってしまい。さらに足はいっぱい、一歩も走りたくない状態だった。
今回は、ロードのロング走をしていない。最長距離はたったの20kmだよ。心配だけど、レースは3日後なので心配するより、どうレースを乗り切るかを考えなくては。
おそらく10月の小江戸91kmの試走と同じ…だったらまだいいだろう。たぶん、それ以下だなあ。

ランニングレースの作戦なんて難しいことはない。相手は自分だから。どう自分をコントロールするか、そして、最後に頑張れるか、だけである。
まっ、そんなこと言っても負け続けだけど…

いつものようにスタートは最後尾付近。絶対前は追わないこと。最初はキロ6分30〜7分の間で楽に、気持ち良く走れるラップを刻むことだけを考える。周りの選手は気にしない。でも、これが難しい。あおり運転されると、(実際は背後にいるだけなんだけど…) チキンのオレ様はそれだけでペースを乱してしまう。思い返せば前回の60kmリタイアも40km付近から浄恩寺エイドまで、後ろに付かれたせいでペースがおかしくなったのも原因だと思う。

今回はレース要項に入っていた小谷氏の小冊子を参考にする。普段、給食はあまり摂らない方だけど、10kmごとに300kcalを目安に補給してみよう。そのためコンビニ補給も積極的に利用してみる。自信がない時は人様の言うことを聞いてみるのである。しかし、そんなに食べれるのかなあ。

タイムはねぇ…分からん。
今回はまずは完走したい。いつも目標タイムが難しくなって気持ちが切れるからね。もっとも目標タイムが実力以上なんだよな。厳しすぎるのだよ。
目指すは35時間59分59秒だよ。そう、制限時間いっぱいまで。
このレースは完走すれば勝利者である。

過去のレースは…

2014年小江戸でリタイア11時間30分台
2015年27時間40分完走
2016年230kmエントリーもくも膜下のためDNS
2017年エントリーせず
2018年60kmでリタイア
と4試合。1勝2敗1DNSと大苦戦である。
勝敗数を並ばせたいところであるが、リタイアする確率の方が高い。
まずは小江戸パートだね。そして完走。

いつもより1週間早い開催だけど、来週は自分的憎っくき東京マラソンがある。コース的にバッティングするために手前にズレた。そのため例年よりは寒いはず。
そして、土曜日の天気は雨のようである。雨は日中だけのようなので別にいいや。山での雨じゃないし、ユニクロ辺りを探して下着から全部用意しても1万円で足りるだろう。あっ、ワークマンの場所を確認しておくか…
ウェアはパーサライトの上下になるかな。

面倒くさいのは、スタート前に雨が降っていた時だね。みんな屋根の下に集中するだろうから、お友達の少ないオレ様は居るところがない。この手のレースは常連さん同士が多いからね。なにせ生存競争に弱いからなあ。雨だと仕度も厄介だし。お寺にでも隠れているか。
レースそのものよりスタート前をどうしょうか?と心配しているおバカなのである。

なんかこう、今ひとつやる気が出ない。今週から毎日、自分のフロアでインフルエンザ発症者が出て、非常事態?らしい。みんな騒いでいる。いっそのことnaoさんに移してよ。DNSの理由になるわ。


by nao-yamaniiku | 2019-02-20 22:03 | レース備忘録 | Comments(0)
今年のレース総括
今年のレースは語るに至らず。なので総括出来ずなのだ。
目標レースの小江戸大江戸、UTMF、ハセツネ、神宮外苑24時間走と4レース、すべて途中離脱だった。
まったく…ひとつぐらい何とかしろ…だよな。まさかの酷すぎる結果だけど、力が無かったと真摯に受け止めるしかない。

がっかり過ぎて、恥ずかし過ぎてもう辞めたくなったが、恥を忍んで再チャレンジと気力を取り戻しつつある。が、軽そうだけど故障続きだとめげるね。天はオレ様をどうしても辞めさせたいようである。

まあ、いろいろ語りたい事もあるけれど、結果を出せ、ということになるね。

この年末年始は、闘病生活で会社を休んでいた時期を除き、学生生活終了後から最長の9日間の連続休暇になりそう。昭和のおじさんはどうしても休むことに罪悪感がある。ソワソワしながら休むより仕事に行った方が気が楽だ。今も誰かに怒られないか…とビクビクしているのである。
c0206177_17574469.jpg
ハセツネリタイアで上川乗まで降りて来たところ。ふん、呆然だよな。

by nao-yamaniiku | 2018-12-28 23:40 | レース備忘録 | Comments(0)
トレニックワールドin外秩父の作戦
9月9日(日)はトレニックワールドin外秩父である。今日を入れてあと4日に迫った。といっても特に緊張はない。というのは良くないことだけどね。

昨年は7月10日、夏の初めの開催だった。暑さでボーッとして痙攣もありで大苦戦だった。結果は8時間46分、62位/399人。
自分的には、だいぶ抜かされた感があったので80位ぐらいかと思っていた。暑かったせいで選手のみなさんも苦戦したようである。

ロード率が40%ほどだけど、ロードといっても平坦ではない。開けて直射日光が当たるのでキツかった。木陰で陽が隠れるトレイルの方がいい。ロードを進みながら、『あそこから山に入る』と待ちわびた。

一番キツかったのは最終エイドからの登りだった。ここで完全にグロッキーになり、立ち止まること数度。
最後はヘロヘロでフィニッシュ。ベンチで喘いでいたら、度付きサングラスを忘れてしまうという失態であった。

エイド間は10kmはなく、水はボトル1本で足りる。だけどルールで『1リットル以上持参』とあるので、スタートは1リットル持って行く。ボトル2本のうち、マルトデキストリンを溶かしたのを1本。

食料はジェル系を4個。あまりエイドはあてにしないようにする。エイドは充実しているけれど、何百人もの選手が使うからね。エイドをあてにしている選手は多いだろうから、そういう人に譲るのがベテランランナーなのである。
実力がない分、いつものごとくエイドのスピードだけは、トップ選手並みの速さで行こう。

当日は、30度を越えるようなので、今回はノースリーブが勝負服か。あとはランパン。指切りグローブは着用する。シューズは使い古ししかない。HOKAかイノベイトか考え中。どっちにせよ限界間際のシューズである。トレイルシューズが欲しい… が最近、ディスカウント品はあまり見なくなった。

今回はエントリーをミスって、ミドルの部43kmになってしまった。目標タイムは、去年のタイムマイナス1時間の7時間45分ぐらいかなあ。でも、7月のおごせ・ときがわが故障明けとはいえ、全体の1/3に入らない順位だったので自信喪失中なのである。

まあ、苦しんでレースに挑む自分を楽しむよ。
今は疲れ気味なので、とにかく疲労抜きだなあ。

by nao-yamaniiku | 2018-09-06 22:55 | レース備忘録 | Comments(2)
9月のレースは間違えた…
昨日の夜、そろそろブログに秋のレース予定など入れようと思った。
ハセツネ、神宮外苑24時間走の前に、「トレニックワールドin外父」をエントリーしていた。いや、はず… 思わず確認をした。
そうしたら、確かにエントリーはしていたが、ロング(50㎞)でなくミドル(43㎞)だった。
まったく集中してエントリーしろだよ、バカモノ…

だいぶ実力は弱って来ているとはいえ、まだ、現役を宣言しているのでミドルではプライドが許さん…
でも、これは仕方ない。今さらどうすることも出来ない。とっくにエントリーは締め切られている。これでやるしかないのである。
あ~あ、後ろからロングの強者に抜かされると思うとガッカリである。

そんな週初めは昨日の山ランとプチジム錬で心地よい筋肉痛だった。山通いしていないとすぐに筋肉痛になるな。
平日にスピード練が最近のパターンであったが、今朝は疲労抜きジョグに変更である。毎度のことだけど、午前の会議中に筋肉が固まって午後には筋肉痛になる。
来週も少し山に入れそうなので今週は疲労を取るよ。
c0206177_18194154.jpg
ジメジメな日が続いているのでキノコ達は嬉しいだろう。



by nao-yamaniiku | 2018-08-13 21:38 | レース備忘録 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
今後の予定
6月2日(日)
奥武蔵ウルトラマラソン
78km

6月23日(日)
TGG
約60㎞
  
最新の記事
夏休み
at 2019-07-21 21:40
神宮24時間走は中止…
at 2019-07-20 21:32
お伊勢参りへ
at 2019-07-19 20:01
久しぶりに晴れ間が見えた
at 2019-07-17 22:37
三連休3日目
at 2019-07-15 20:18
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ