nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:健康管理( 201 )
故障の備忘録
自分備忘録

負傷から24日目。
もう、こんなに日数がかかっているのか…
転倒翌日は一週間ぐらいで良くなる感じだった。でも、1週間後の日曜日に右肩の痛さは増して、何も手に付かなかった。以来、痛さは続いている。

今も起きている間はずっと痛む。でも、肩は回せる。利腕の右肩なので何かと不自由だと思われる。でも、箸は使える。書き物やパソコンは出来るが、5分もすれば痛くて休憩。休み休みの作業になるので、当然、機嫌はよろしくない。
歯磨きは大丈夫。髪の毛を洗う時は左手を中心に、でも、右手も使える。髭剃りはようやく休むことなく出来るようになった。
もちろん、会社の若者たちからは『50肩』と失笑されている…  自分でも言ってるが…
とにかく一番痛いのは寝起き。寝るのが嫌だ。相変わらず痛くて目が覚める。起きてから
しばらくは痛みが治まらない。

ランはなんとか立ち止まらず3kmぐらいは走れるようになった。でも、痛いので集中出来ない。右手を胸に当てると衝撃が緩和して少し楽になるのを、昨日の朝のランで発見した。国歌を歌いながら走るか…

日曜日の山ランでは、歩きの登りはさほど影響はなかった。ダメだと思っていた下りは走れるが、転倒が怖い。軽い転倒・尻餅でも首や肩に衝撃を受けそう。
ザックは軽くすれば右肩の痛さは我慢出来る。仕事用のリュックは重たくてダメ。肩が痛い。でも、カバンを手に持ったり、右肩にかけたりするのはもっとダメ。なので、仕事はリュックにしている。

バイクは痛くて乗れず。乗っても右手をハンドルから離す回数が多くなる。なのでリハビリバイクは出来ない。バイクは肩の痛みがなくなってからになるね。

まあ、走れるだけいいとは思うものの、いつまでこの痛さが続くのか… だんだん不安になって来る。どうやら何人かの人たちから言われている神経系かも知れない。痛い部位が肩から肘に移って来ている。

再通院とも思っているが、わずかながら改善している。病院に通ったとしても、この手の故障はすぐに良くなるとも思えない。いつものように、とりあえず自然治癒である。

短い時間ならキロ6分半ぐらいのペースで走れる。トレイルレースならばペース的には問題ないだろう。だけど長時間は辛いな。
『おごせ・ときがわ』まであと10日ほどである。50kmを制限時間の11時間以内でフィニッシュしなければならない。日曜日は35kmを7時間以上かかった。決して手を緩めたわけではない。しかも累積標高はレースより優しかった。日曜日の状態だと、今の時点では完走は難しいと思われる。

じゃ、止めとく?…  まあ、これもひとつの選択。だけど、昨年のハセツネ以来、完走レースがないという、たいへんお恥ずかしい、自分的には緊急事態なのである。
ほんのわずかながら改善されているので、10日の間にせめて完走レベルまで持って行きたいところである。
練習も滞っているので、足は鈍っている。だけど、今のところレースに出ようと思っているが…果たして。
c0206177_12215726.jpg
外にいてもそれなりの美しさ。だけど内から外を見るように出来ている…

by nao-yamaniiku | 2018-06-27 21:54 | 健康管理 | Comments(2)
お灸を据える
4年に一度のワールドカップの1ヶ月間 は、トレーニング時間を捻出するのに大変である。
今回は、都合良く?首・右肩を負傷して走れないので、いつもより時間が取れる。でも、そうは言っても走らないとねぇ。(歩きだけど…)

朝は3〜4kmしか走らない。いや、走れない。この二日間はようやくキロ10分を切って来た。だけど1時間が限度かなあ。右肩は鈍痛が続き集中出来ない。それとも、もう少し走れば痛さに慣れて来るかなあ。
c0206177_21293561.jpg
昨日、昔買った『せんねん灸』を右の首から右肩にかけて、テキトーに5個やってみた。使用後は特に変わらなかったが、寝る時にお灸をした箇所がほんのり火照った感じで痛さはなくなった。『おおっ!』と喜んだ。でも、朝はやっぱり痛さで目が覚めて『なーんだ…』だったよ。だけど、今日は昨日に比べて痛さが和らいだ感じだった。なので、さっきまた同じような部位にやってみた。狭い家でもぐさの臭いが充満して家の人達には不評だけどね。明日はどうかな?

ハタと思ったが2週間ほどで、トレニックワールドの『おごせ・ときがわ』のレースがある。制限時間は50kmを11時間。1時間に4.5km進まなければならない。現在、真っ平らなコースを1kmをキロ10分で走るのが精一杯の身としては、トレイルは辛いな。
戦う前にして戦意喪失である。

by nao-yamaniiku | 2018-06-21 22:22 | 健康管理 | Comments(0)
今の状態
6月3日に転倒して痛めた右肩・首。でも、転倒翌日からは快方に向かって、6月8日には50%くらいに一旦は改善した。この時点では復帰は早く、週末には山歩きが出来ると思った。
ところが、その週末の6月10日(日)に100%の痛さに復活。この日は何も出来ず家のソファで転がっていただけ。

翌日の月曜日も痛さは同じ。仕事が終わってから、予約していた整形外科に行った。診断は首の捻挫だというが、診断結果が分かっただけで痛さはまったく治らず。

だけど、1週間が過ぎ、ようやく80%レベルぐらいまで治まった。毎日、ほとんど痛さは変わらない。少しずつ…って感じである。
一番痛い時は寝起き。というか痛くて目が覚める。これはずっと続いている。
起きてストレッチ。肩をゆっくり回したりする。そのあとワンコの散歩に行って、帰ると痛みが治まって来る。

痛み止めの薬は処方されたが、いよいよ我慢出来なくなるまでは、飲まないようにしている。『いよいよ我慢出来なくなる…』という感じはくも膜下出血の入院中に人生最悪の苦しみを経験しているので、普通の人よりは鍛えられていると思う。
それにロキソニンなどの痛み止めは、絶対、レースでは使わないと誓っている。レースでは薬に頼らないのである。ケガや故障はレースではないが、なんとなく嫌悪感がある。

このところ毎回、ブログで『痛い痛い』と子供のように騒いでいるが、確かに痛い。だけど、痛い右肩は回せるしパソコンも打てる。字も書ける。箸も使える。はた目で見ると分からないと思う。
当初、大きなダメージがあり、回せなかった首は左右に動かせるようになった。

自分処方してみると、右の首の付け根を押すと『あうんっ…』なんて呻き声が出てしまう。ツンと痛む。そこから肩と腕の付け根の外側が範囲のよう。

ブログで騒いでいるので、いろんな方からご示唆頂いている。結構、同じようなご苦労なされた方が多いのにびっくり。くも膜下の時はお仲間がいなかったけど…   肩、腰といった部位はケガや故障の王道なのだなあ。

前回、行った整形外科にもう一度行こうかと思った。でも、有名なところみたいだけど、今回の自分には合わない感じ。

このまま、少しずつでも良くなってくれればいいけど。毎朝、痛みで目が覚めるとガッカリだよ。
まあ、足は元気。歩ける。ランは衝撃があるのでNG。今週末は山歩きしてみたいものである。

by nao-yamaniiku | 2018-06-18 06:38 | 健康管理 | Comments(0)
肩が痛くて重症
土曜日は左肩が痛かった。痛むけど沼津〜箱根へドライブ。ちょっと仕事で確認したいこともあったのだ。運転には支障なかったけれど、この1週間で一番辛かった。
c0206177_06542407.jpg
c0206177_06574322.jpg
人気の店で海鮮丼を食べた。そのぐらいはたまにはね。

ところが昨日の日曜日の朝になると、今度は右肩が痛くなった。土曜日あんなに痛かった左肩は、違和感はあるけれど大丈夫。何故だか分からん… あまりにも痛く何も出来ず… ほぼ一日、横になっているだけだった。

パソコンやスマホは打つのが辛い。テレビも面白くないし…  もう一度、観たかった『風と共に去りぬ』を3時間50分ほど鑑賞。普段、休みの日にこういうのんびりな時間はないからね。愚息がamazon primeに契約しているのである。これは便利。
貧乏学生の頃は、頻繁に名作映画館などで寝ていた。昔は入替もなかったし、夏は涼しく冬は暖かいからね。
ある時、『風と共に去りぬ』を終盤、起きて観ていた。エンディングは呆気なかったが、ビビアン・リーがラストの名言。『tomorrow is another day』と言ったのに反応した。翻訳では『明日は明日の風が吹く』だけど、受身的ではなく、自分で希望を創り出す明日って感じじゃないかな。悶々としていた若い頃だったのでハッとさせられた…懐かしい思い出があるのだ。
ちなみにこの映画は1939年製作。日本はノモハン事件で大戦に近づいていた。ヨーロッパでは第二次大戦が勃発した。そんな時代にこんな映画を作れたアメリカと我が国は、あらゆる面でハセツネトップとnaoさんぐらいのレベルの差があったのである。
愚息が帰ったら、amazon primeから199円使ったメールが来たようで叱られた。最近は子供達に叱られることばかりである… お見舞としては安いだろ、と返しておいた。

夜は痛さで寝れず、階下のソファで寝る方が少しは楽だったので、ワンコ2号と寝ていた。というかまどろむだけ。ヤツの身体に右腕を置くと案配がいいのである。

朝の通勤電車に乗るまでは痛かった。が、会社に着く頃、痛みは少し柔いだ。条件反射か?でも、都合はいい。

昨日ほどの居ても立っても居られない痛さはなかったが、それでも痛いものは痛い。いや、痛すぎる。
仕事が終わって、昨日、ネット予約していた会社近くの整形外科へ行った。
割と有名な整形外科でリハビリが売りみたい。首と右肩のレントゲンを撮って、骨には異常なしとのこと。結局、首が原因の捻挫でしようということで、リハビリをするか聞かれた。が、面倒くさいので薬と湿布を1週間分、処方してもらった。この世界は分からないなあ。早く治りたいよ。

この1週間は、歩いた日はあったがノーラン。土日に山に行けなかったのは残念だけど仕方ない。今は、首、肩を治すのが優先である。次の週末は予定があるので山には行けず。

とにかく昨夜は痛くて寝れず、睡眠不足で今日は一日中眠かった。さっさと寝るわ…

by nao-yamaniiku | 2018-06-11 21:45 | 健康管理 | Comments(0)
過去の大怪我と故障
c0206177_11274412.jpg
だいぶ雪解けが進んでいる… 頭の問題があるので2年間ほど行っていないが、今年は行けるかなあ…

長く運動を続けていれば、怪我や故障を覚悟しなくてはならない。その度合いが最悪の場合、命にかかわることもあるし、競技が出来なくなる場合もある。

特に山走りやバイク(この数年ちょっとだけど)は、毎年、何人もの方が事故で亡くなっている。歳も歳だし最悪のことも考えておかなければならない。その前に最悪にならないように日々注意すべき。もっとも人様からは、そんな危ないのは止めればいいのに…と言われるだろうが、生きて行く上での"生きがい"に選んだ場合、仕方ない…で片付けるしかないのである。

自分が最悪な怪我や故障は過去2回。
2004年と2006年に経験した。

2004年は5月にバイクでコーナーに突っ込み、左肩を強打。脱臼して包帯が取れたのは夏が終わった頃だった。時期が時期だったので痛いけど、痒くてもかけないもどかしさを思い出すなあ。
2006年は今まで縁のなかったなかった腰痛。あまりにも酷くて歩くのもままならず。夏頃、ようやくバイクに乗れるようになり、秋頃、少し走れるようになった。結局、完治までは1年近くかかった。
これは辛くて、もう、二度とハセツネに出れないと思って、泣いた夜も一度じゃなかったなあ。当時、二十歳だっかな?長女に慰められたことを今でも感謝している。彼女は忘れているだろうけどね。

歩きなら大丈夫なので、今朝は時間が少し取れたこともあり朝ラン、いや歩きをした。
小走りにゆっくり走る、歩く分なら何とか痛みは我慢出来る。3kmぐらいするとこなれて来る。試しに走ると首や肩に衝撃があり、痛みが増して、即、スピードを緩める。
小走りしていると前傾姿勢になっているのを気づく。身体を起こすと痛む。前傾が楽である。

11kmを1時間47分ほど。キロ9分40秒ペース。
まあ、これで十分だね。歩ければ山に行ける。
昨日から痛い部位が首から右肩に移動した。でも、走り終わったら左肩も痛くなった。
背中の上部のいろいろな部位が痛くなり、どこが本当に痛いのか分からない。
c0206177_11273195.jpg
ストレッチも首や肩をケアしながらゆっくりである。


by nao-yamaniiku | 2018-06-07 23:37 | 健康管理 | Comments(0)
この時期恒例の人間ドック
梅雨の時期の恒例行事は人間ドックである。

もう、何十年も通っているので手慣れたものである。以前は小心者らしく白衣高血圧もあったが、今は全然大丈夫。オレ様の血圧を見てくれって感じである。入院経験で散々看護師さんにいじくられたので慣れた。

今回は、2日前に痛めた首、肩の問題はあるが、その辺は人間ドックには関係ない….と思っていた。ところが、バリウム飲んで胃の検査で、やれ『横向け、仰向け、伏せ、一回転…』なんて非情だぜ。バリウムのゲップの我慢なんて、それどころでなく忘れてしまったよ。危うく人間ドックへ行って、さらに首を痛めたなんてことになりそうだった。
想定外…

午後の医師との面談は、全部検査結果は出てないが、とりあえず分かる範囲では問題はなかった。
血圧は123-76と正常範囲内。体重は59.5kg。レースではあとマイナス1kg減らしたいが…  
体脂肪は10.5。おうちの体重計だと18とかなんだけど。差があり過ぎる。体脂肪は何が正解なのか信用出来ないのである。
血液検査は、糖尿部分がBだけどあとはAだった。血液は酒を飲まなくなってから良くなった。
炎症反応はB。これがBだといつも『風邪とか引いてますか?』と聞かれる。一昨日、山で35km走って、顔面強打したのは秘密である。炎症だらけである。
今回、肺と腎臓にカルシウム?って言ってた気がするが…が少し溜まってるとかでBがあったが、よく分からん。年齢のせいだと言われた。

オプションで前立腺ガンと大腸含め消化器系の検査もしたけど、その結果は3週間後だという。
今度、脳の検診時に脳のMRIをお願いしてみようかな。なんせ顔面強打したからね。

早く行かないと早く終わらないという検診センターなので、8時からだけどいつも1時間前の7時に着いている。終了は13時半。トータル6時間半ほどかかるが、ほとんど待ち時間である。なので文庫本は必携なのだ。

しかし、歳を取ったし、大病もしたし、結果が気になるのかくたびれる。以前は終わってからガンガン仕事をして、人間ドックに行ったことなんて忘れてしまっていた。
やはりそれ相応の歳になったようである。
まずは速報結果だけどホッとしたよ。

今朝は、様子見で30分、3kmほど歩いてみた。歩く分なら長時間でも大丈夫そう。ちょっと小走りすると、首というか右肩よりの奥の骨が響き、疼く。まだ、走るのはNGか。左の太腿も痛むし。
週間天気では☔️マークが出て来た。梅雨は面白がって、雨の中を走るのが好きなのだが…
早く治りたいよ。

by nao-yamaniiku | 2018-06-05 22:11 | 健康管理 | Comments(2)
転倒後1日目の状態
布団から起き上るのが大変だった。
こりゃ、入院時代と同じで人様の支えがないと起きれないかと思ったぜ。

固まっていたのだろう、起き上がったら、立つ、歩くは大丈夫だった。痛いけど…
首は回らず、会社ではすぐにバレた。左のこめかみに青タンならぬ、赤タンも不審がっていた。ウニャウニャと誤魔化すも、余計、不審がられた。

状態としては、肩こりの強烈なやつだと思う。なんて"肩こり"は経験なく分からんが…  経験者から無理して動かさない方がいいと言われた(かつて医者に言われたらしい)ので、首は回さず身体ごと向く。右太ももも打ち身。これだけでも走れない理由になるが、なんせ首が重症なので軽く感じる。

今日は甲府までの往復仕事あり。甲府滞在時間は、わずか2時間だけ。新宿から特急かいじだと片道1時間40分ほどの車中となる。座っている分にはいいけど、寝てしまうと首が固まって動き出しが辛い。覚えたのは、頬杖をつくと首が楽なこと。ただ、ひ弱な手と腕が痛くなるけどね。

さっき髪の毛を乾かしていたら"ジャリ"って首から音がした。そうしたら少し首が楽になった感じ。昨日も梅の木林道から都道に出る手前で同じような音が首からして、少し痛みが治まった。そんなものなのかなあ…分からん?

明日は人間ドック。タイミングがいいのか悪いのか?

そんなに長引かないと思うが、歳が歳なので相応に時間がかかるかも知れない。まあ、歩けるので(痛いけど….)まだ、マシか。
しばらくランは難しそう。せいぜいウォーキングかな。

昨日、大岳山から日の出山まで登山者が多いと嫌だなあ….なんて書いたけど。実は日の出山から羽村までの道のりに乗り気がしなかった。大岳山から来た道を戻ろうと思った。日の出山へ向かっている時も金比羅尾根から五日市へ行くかとも思った。どうも日の出山から羽村まで嫌な感じだった。
虫の知らせ…
素直に従えば良かったかもね。
山は不思議…

by nao-yamaniiku | 2018-06-04 22:48 | 健康管理 | Comments(2)
疲労モード
昨日は『落とし前だぜ』なんて勢いのいいこと書いていたが…
ちょっと、いや、かなり疲れ気味である。

昨日は仕事で出歩いたが歩行者に抜かれてばかり。夕方は埼京線の南古谷駅に到着。目的の場所は駅の近くだと思ったら、はるか先、といっても300〜400mぐらいだけど…  がっかり。
どっぷり疲れて家に着いた時は22時を少し回った。しばし動けなかった。仕事疲れは走るよりキツイ時がある。精神的なこともあるしなあ。

今朝は少し時間があったので2時間のランを予定していた。
だけど、ペースが上がらん。月、火と休足したのに。キロ6分で走っているつもりも6分40秒以上… ガーミンがおかしいと思ったよ。疑ってきっちり1kmのコースを走ったが、ガーミンくん、ちゃんと1kmを計測していた。おかしいのはオレ様の身体だった。
走ると相変わらず下腹が痛くなるのも気になる…

こうなると抗っても疲れを溜めるだけ。1時間14分、11kmほどで止めた。
ストレッチもだるくてやる気が出ず。

月末だし、仕事も詰まるものである。今宵もヘロヘロでやっと家に到着。日本代表も自分と同じような不甲斐ない試合をしたみたい。観れなくて良かったかもね。
金曜日まではこんな状態が続きそうなので土日はロング走どころか、身体を休ませた方が良さそう…な感じ。
まあ、週末のことより、まずは明日のプチ勝負仕事をどうするかだよ。

とにかく眠い。



by nao-yamaniiku | 2018-05-30 23:31 | 健康管理 | Comments(0)
まだ、治らない…
まだ、治らない…
4月の初めに咳が出て喉が痛くなってから、学生の夏休みぐらいの期間になってしまった。
どうしたのだろう?

月曜日は悪化したので病院へ行った。長期間、咳が続いたのでレントゲン検査をしたが異常はなかった。薬を処方され快方に向かうと思ったがダメ。そりゃ、月曜日ほどではないが、咳・喉の痛みは続いている。もう、いい加減にしてほしいよ。

そのせいもあり4月からのトレーニング量は減っている。予定の半分ぐらい。今週の平日は今のところラン0km。雨が続いたしこの体調じゃ、悪くするだけ。

3月頃、朝の電車内で花粉症の方々が咳き込む姿を見て『たいへんだなあ…』なんて優越感があった。でも、今は真逆。数少なくなったマスクマンになって、周りの乗客に気を使いながら咳き込む自分に、イライラな日々なのだ。

この時期は、秋から冬のエントリーが始まりつつある。この数戦の不甲斐ないレースにリベンジすべく立ち上がるか、いったんレースを止めてみるか…  連休中から連休明けに考えて決めようと思っていた。
ところがそんなことを考える余裕もなく、咳・喉の痛みに耐える日々である。

まったく弱ちぃなぁ。

by nao-yamaniiku | 2018-05-10 21:30 | 健康管理 | Comments(0)
風邪をこじらせた。
風邪をこじらせた。
GW最終日に調子が悪いのに、山へ行って風邪を悪化させたなんて誰にも言えん。昨日は全く頭は回らず。人の話を聞いているだけだった。

でも、一方で山の走りが今ひとつだったのは風邪だったから…という言い訳が出来て安心している自分もいるのである。

あまりにも怠いので、昨日、会社近くの健保組合の病院に行った。ここだと1.5割で済むのだ。ちょうど1ヶ月前にも咳が酷くて行った。咳が長く続いていたので、レントゲンを撮ったが異常はなかった。脳疾患以外に変な病気にかかったら悲劇なので安心したよ。たっぷり薬をもらって帰った。
c0206177_06281136.jpg
帰ったらハセツネのハガキが到着していた。
えーっ、もうこんな時期かよ。
調子も悪いせいか気持ちがハセツネに行かず…というところである。

寝る前は熱が出る兆候だったのでくつ下を履いたり、ティシャツを一枚着たり。そのせいかおかげで熟睡出来た。

今日は少し快くなった。でも、平常には遠い状態。夕方にはしっかり喉の痛みが増して来た。GW明けで何かと仕事も詰まっているので休めないからね。
明日の朝も休足して、まずは身体を戻すことが大事だよ。

しかし、身体が弱いなあ。がっかり…

by nao-yamaniiku | 2018-05-08 21:12 | 健康管理 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月8日(日)
おごせ・ときがわ50km
  
最新の記事
暑さに勝て
at 2018-07-18 20:38
三連休はトータル100km
at 2018-07-16 19:07
三連休の練習
at 2018-07-15 19:45
真夏の憂鬱
at 2018-07-11 21:54
おごせ・ときがわレース
at 2018-07-09 22:35
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ