nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2018年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2018年3月のこと
3月はロードラン、313.6km。山ラン、100.6km。合計414.2kmだった。
c0206177_16281671.jpg
今年、初戦の小江戸大江戸はわずか60km地点で敗北。情けないレースだった。年明けから小江戸大江戸に向けて練習していたが、今ひとつ完走のイメージが湧かなかった。
レース翌日から走り始め、罰として3月はUTMFに向けて毎日練習を科した。
小江戸大江戸はさっさとリタイアしてしまったが、完走していればダメージは大きく残っただろう。実際、完走したお知り合いのランナー諸氏の状況を見ると大変みたい。そういう意味では、練習が続けられて良かったかも。

小江戸大江戸の後にUTMFが決まったからね。60kmでリタイアなら、山ラン中心で初めから小江戸大江戸の完走は考えない方がオトナの対応かも知れない。中途半端なこのオレ様が一番アホだなあ。

山の練習を始めたが、長女が第二子出産のため帰省中。そのため、せめて休みの日は孫1号の相手をしてあげたいので時間が限られた。
山は五日市へ。始発で行き11時2分発で帰る。4時間20分ぐらいの山ランが続いた。8時間ぐらいのロング走をしたかったが、まあ、仕方ない。出来ることで対応するしかない。
昨年は8回も試走したハセツネ30kは一度も試走せず。時間もなかったが、コースに入る気もなかった。

UTMFは4月27日スタートなので、もう、走力の向上は考えない。体調を整えるのが第一である。
ただ、4月の前半で一度、ロング走の対応は確かめたいな。それをもってレースシュミレーションを考えたい。
c0206177_16255944.jpg
なんと言ってもトピックスは孫3号の誕生。今度は女子である。彼女に好かれることがUTMFより重要なのは当たり前である。

by nao-yamaniiku | 2018-03-31 17:10 | 今月の考察 | Comments(0)
かたくりが咲いたけど不調...
3月が決算月の企業は多い。そして、組織変更・人事異動と何かと動きのある時期である。動きのない人達も含めて、いったん今までのやってきた事のまとめと、これからの新しい事を考える。これは学生さんも同じ。
送別会もあり、何かと慌ただしいのである。自分的には赤ちゃんや孫1号も気になるしね。

組織変更はあったが、例年通り自分の仕事自体、大きく変わることはない。だけど、時期的なことなのか、取引先の企業さまが急な難題を出してくることが多い。
過去の経緯とかあるけれど、例えば大きな投資を一括経費でその年度で落としてくれればいいが、償却されるとあとが大変なことばかりである。わずかな償却残でも『今』処理をすることになると、文句を言う輩が多く、社内で『バカヤロー』と戦いになる。
このような過去話は関わって来たことが多いので、口では強気のことを言っても内心は穏やかではない。『やはり、あの時反対していれば良かった』『こうすれば良かった...』と自責の念にとらわれる。脳みそにヒジョーに悪いのである。血管が切れるぞ...

こんな時のルーチンの早朝ランは身体が重い。本当は休めばいいのだけど...  小江戸大江戸が終わった3月は休まず走るという目標を断念すると、これがまたストレスになってしまうのである。

UTMFで100km過ぎて身体が重い状態を想定して頑張って走る...  と思っても精神的なことはUTMFに置き換えられないのである。
『よし、身体はだるいけどここを頑張ろう』と思っても、『そういうことじゃないよな』と歩き出してしまう。

そんな早朝ランが続いている。
今朝は某所にて決戦の交渉があり、1時間ほど遅い出勤だった。そのため、朝は少し時間があった。
わが街も気がつけば桜が満開になった。そうなると地元の野山北公園のかたくりが気になる。いつもの早朝ランでは暗いので、明るい下で見るには今日しかなさそう。
c0206177_08282127.jpg
c0206177_08284389.jpg
c0206177_08291740.jpg
この数年間、気のせいと思いたかったが、間違いなく群生範囲は狭まっている。かたくりの群生が出来るのは何年もかかると言われている。大事に管理されているはずなので、何とか盛り返して欲しいものである。
c0206177_08323489.jpg
桜やかたくりが咲くと同時に新葉がつき始める。
c0206177_08334062.jpg
野山北公園自転車道も桜のトンネルになった。
まだ、早朝は寒い日もあるけれど、ようやく待ち続けた季節になった。
深呼吸すれば新鮮な空気と気持ちが入るだろう。がんばろっと。

by nao-yamaniiku | 2018-03-29 21:25 | 最近のこと | Comments(0)
夜桜
桜、桜と周りが言っているので、恒例の夜桜見物に行った。
c0206177_21520112.jpg
今日は上野公園。例年だと一晩で夜桜のハシゴをするが今年は上野公園を動かず。
今夜は風がなく暖かい。夜桜鑑賞をするのには絶好のコンディションであった。桜も満開で花びらも落ちていない。まさに今夜だけ...みたいな桜だった。タイミングはバッチリだったのである。
c0206177_21551789.jpg
歩いている人は多かったが、宴会をしている人は予想よりは少なかった。会社帰りに花見なんて風習もなくなりつつあるのかなあ。

でも、冬が去り暖かい春の夜に出歩くというのはよろしい。歩いている人達も久しぶりに寒くない夜歩きを楽しんでいるようで、うきうきした顔をしていた。
c0206177_21593039.jpg
四季が体験できる国に生まれて良かったよ。

by nao-yamaniiku | 2018-03-27 23:10 | 最近のこと | Comments(0)
3週連続戸倉城山
昨日の日曜日は3週連続で、武蔵五日市駅の一番電車で行き、そして、帰路も11時2分発の電車に乗る。始業時間と退社時間が同じ。残業したいが出来ず...といったところか。
c0206177_07145320.jpg
冬の拝島発の武蔵五日市への始発は暗かったが、今はだいぶ明るくなった。

トレイルラン時間は4時間20分ぐらい。時間が限られているのでキツイやつをする。要は累積標高にこだわるのである。本当は、上り下りの間に平坦を加えるのがいいが、平坦地を走る時間がもったいない。平らな道は平日に走ればいいや。

戸倉城山ぐるりを7周。このコースは光厳寺からの登りが急登。ゆっくり行ってもゼーバーしてしまう。檜原街道までは行かないぐるりで、一周は2kmないぐらい。標高は220mほど。自分のタイムは24分から30分。頂上の戸倉城山で息を整えて立ち止まるか、そのまま行くか、写真ロスもあり... これで一周のタイムが変わる。
c0206177_06550176.jpg
短いが自分的には、書いてある通り(急坂)である。

戸倉城山まで行くのに、武蔵五日市駅から檜原街道を進むのも面白くないので、往復は金毘羅山経由で行っている。ウォーミングアップにはちょうどいい。
c0206177_07135357.jpg
昨日は、ランナー・登山者は、ラスト一周の7周目と帰りの金毘羅山からの下りで会っただけ。天気がいいのになあ。まあ、ランナーはハセツネ30kコースに行ってるだろうけれどね。
c0206177_07141467.jpg
5周目を下った八雲神社の先で、年配の男性から『何周だ?』と声をかけられた。6周目で今度は女性にも声をかけられた。うーん... 目立つのかなあ。あまり地元の方に遭遇して鬱陶しい奴と思われたくない。9時過ぎたらぐるりをやめてピストンにした方がいいかなあ。

今回の7回の登りは、自分としては力強く登れたと思う。強弱をつけて登っても、あまり変わらない。どのみちキツイ。
下りパートは右足首の捻挫に気をつけてゆっくり。捻挫してなくてもスピードは変わらないけどね。下りのスピードが遅いのが、言い訳にはなる。

21.9kmを4時間17分。累積標高は2057mだった。標高は稼げる。

3月11日(日)24km、   4時間22分、1803m
3月18日(日)21.7km、4時間18分、1948m
3月25日(日)21.9km、4時間17分、2057m

毎週、同じ時間、同じようなコースだけど昨日が一番累積標高があった。そして、翌日の疲労度は一番少なかった。11日は久しぶりの山だったので、なかなか筋肉痛や疲労度が取れなかった。18日は少し改善。筋肉痛はあまりなかった。今回は、翌日の今朝のランは、疲れてはいるけれど走れた。でも、山では痛くなかった右足首が少し痛み出した。そして、日中に徐々に太もも辺りが重たくなって来た。遅っせえよ...  やはりダメージはあるんだなあ。


だけど、山は通わないとダメだね。世の中にはロード練習しかしないのに、山で結果を出す御仁もいるけれど、そういう人達を羨んでも自分が強くなるわけでもない。地道にやるしかないのさ。

昨日は、家に戻ってからがてんこ盛りの状態。山に行ったのをすっかり忘れて動き回った。21時前にはくたびれ果ててダウンであった。
c0206177_07184461.jpg
孫1号と赤ちゃんを沐浴。沐浴なんて単語は久しぶりである。写真を撮られた後、ガーミンをしていたのを女性陣から怒られた。
孫1号のお兄さんぶりがnaoさんの涙腺を緩くする...

by nao-yamaniiku | 2018-03-26 21:30 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
春らしい
春らしい週末になって来た。

山に行くにはいい気候であろう。でも、今日は(今日もか...)早朝ラン。この時期の朝ランは日中は暖かくても身体が冷えて寒い。まだまだ寒さを感じながらのランである。

帰省中の長女は、生まれたばかりの赤ちゃんの面倒で忙しい。まだ、体調も戻ってないようだし。おっぱいを3時間ごと、おしっこやうんちの始末など...  今更ながら母親は大変だなあ...なんて思う。

そうなると孫1号がかわいそう。かまってもらえない。我慢している姿が健気なのだ。仕方ないんだけど...  家の人達が休みでない日は孫1号は寂しいだろう。
ジィジとしては、休みの日に知らん顔して山には行けるわけがない。日中は孫1号と一緒にいないとね。という休日が続いている。
c0206177_16061068.jpg
多摩動物公園は思ったより空いていた、が、最近、孫と来て思うのは...  このぐらいの山坂はこのオレ様にとって何でもないはず... ところが最初の昆虫館の登りで足は終わってしまう。あとはヘロヘロよ...  なぜだろう?
c0206177_16054983.jpg
コイツらはいつも人間に見せつけているようにだらだらしている。羨ましすぎるのである。

明日はアカさんと日の出ロゲで、ハリーコッチャーと対決するつもりでいた。でも、アカさんの故障箇所が良くならずDNSになった。
12月初めからの予定だったので、家の体制は万全。明日は時間が取れる。ならばロングの山と思うだろう。
ところが、一日中、べったり一緒にいた孫1号が『ジィジあしたもおやすみ?』
『うん...』ウソはつけず... 
『じゃ、あしたもあそぼ』だって。

明日の山行きは、先週と同じ武蔵五日市駅11時2分発で、帰ることが決定である。山に行けるだけマシ。自分もそうだったけれど、まったく時間が取れない人も多い。
さてと、まずは早く寝るのである。

by nao-yamaniiku | 2018-03-24 21:28 | トレーニング全般 | Comments(0)
今週前半は雨のラン
今週は月曜日から水曜日までは、いわゆる寒の戻り。寒さが戻った。しかも雨が続いた。そして、朝より日中の方が寒かった。早朝ランナーとしてはその方がいいけれどね。

寒い雨のランが体験出来て良かった。UTMFが雨になれば1ヶ月後とはいえ、レース会場の標高から、このぐらいの寒さと思った。
山のレースは晴天を祈るより、雨と思っていた方がいい。だけど、練習での山の雨は走り終わってからが面倒である。その点、自宅周辺のロードランなら問題なし。嫌なら家へ逃げかえればいい。路面はトレイルとロードでは全然違うけれど、雨に当たる感じは変わらない。濡れ感も同じ。ザックを背負えばなおさらいい。

今朝の4時からのランは、UTMFの雨の感じを確かめたくて、トレントフライヤー&パーサライの上下にinoxを背負ってのラン。走り始めから1時間ぐらいは雨足が強かった。

最近の雨は、ユニクロのブロテックパーカーを着ていたが、やはり全然違うね。
ブロテックパーカーは熱がこもり、汗の外出しが弱い。運動をしながらの着用は蒸れる。
街着としてはいいかも知れないが、街で雨が降ってこれで雨をしのいでも、濡れて電車や駅ビルでの人混みで迷惑なだけ。街で雨が降ったら傘を差せばいいだけよ。製品としては悪くはないが、アウトドアでは今ひとつというところかな。ランナーにとってちょっと中途半端な製品だけど、今後のユニクロさんに期待である。
でも、雨のロードランはトレントフライヤーじゃもったいないので、プロテックパーカーを使うのである。もう少し季節が進めばティシャツでOKだけどね。

トレントフライヤーは2012年のUTMF用で購入したので、もう6年が経過する。さすがに劣化して少し雨を通したりもするが、まあ、まだ使える。後継モデルもトレントフライヤーかパーサライト。でも、少しぐらい重くても、高くても、快適さでトレントフライヤーになるかな。

ランの方は、日曜日に軽い捻挫をした右足首の痛み、というか違和感が続いている。
今朝は走り出しが速かったのか、痛み出したので少し歩いて痛みが引くのを待つ。どうもキロ6分半以上でないとダメみたい。深刻な感じではないが、深刻な故障にならないように足首を固定して、蹴らない、足を置くだけを心がけた。

右足首の調子が悪く、それに眠くて、かったるくて止めたくなったが、なんとか辛抱して15kmほど走った。
そして、今日で山とロードのランは300kmを超えた。練習は距離ではないと言ってるが、練習成果の目安にはなる。

第二子を出産して長女は入院中である。婿さんも休暇を取っているが、孫1号の面倒云々で家族内シフトを組んで、交代で仕事を休んで対応している。naoさんは昨日、仕事だった代休というわけでもないが、今日が仕事休みの家シフトである。ちょうど退院で、応援に来た次女と共に連れて帰った。ここのレディースクリニック(今は産婦人科とは言わない...)は入院中に赤ちゃんを抱っこ出来なかったので、初抱っこ...
c0206177_12250216.jpg
子供3人、孫3人目であるが、相変わらず慣れないなあ...   
 ド緊張である...

by nao-yamaniiku | 2018-03-22 19:06 | トレーニング全般 | Comments(2)
UTMFライト決定
夜のレースで未確認物体からサーイライトで照らされたか...と思うほど明るいライトの人がいる。後ろからやられると自分の影で路面が見にくくなる。ウザいのである。1人で夜中の山に入って欲しいよな。
ちょっと前は明るいライトだと鼻が高い思いもしたが、今はどれもそれなりの明るさである。
c0206177_17352145.jpg
小江戸大江戸の夜パート用にジェントスのCP-095Dを買った。ロードで使うので前を照らせて軽ければいいと思った。
95ルーメン、点灯時間7.5時間、65g、単三1個、購入価格1345円。
これを小江戸大江戸練習で少し使ってみたことがあったが、軽くて光量もそれなりでなかなか良かった。山でも使えるかと思った。

先日の土曜日に地元の野山北公園のトレイルでテストしてみた。早朝4時からなので60分以上は里山とはいえ真っ暗な山である。
c0206177_17235754.jpg
100マイルペースなら十分な明るさである。遠近の調整は出来ないが問題ない。ライトの角度を調整したら、登りも下りも角度を変えなくても大丈夫だった。なにしろ軽い。

ライトはずっとジェントス。外国製は倍ぐらいの値段がする。同じ名前のペルツNAO+なんてのも興味はあるが2万円だって。750ルーメン、端末と連動出来るらしいが... 面倒くさそう。まあ、オレ様レベルではお呼びでないな。
彩の国でガンビットが壊れたので、今のヘッドライトはHW-999Hを使っている。230ルーメン、単三3個、2207円。重さは3倍なので頭にライトの重さはある。

UTMFはCP-095Dで十分だろう。レースではハンドライトもあるし。一晩で替え電池も2本あればいいだろう。
Midモードだと20時間らしいが少し暗いかな。
c0206177_17351055.jpg
写真で見るとあまり変わらないみたいだけど、使ってみると差が出る。

気になるのは防水対応だけれど、カタログに雨マークがあってIP64と記載されていた。
調べてみると防水・防塵の等級のようである。最初の6は防塵の級で6級。これは0〜6級で最上級。『粉塵が中に入らない』とある。
後ろの4は防水の級で0〜8級。4なので中ぐらい。『あらゆる方向から飛まつからの影響がない』とある。ちなみに8は長時間水に浸けても大丈夫らしい。
どうなのかなあ?少しぐらいの雨なら大丈夫そう。まっ、65gなので予備に1個ザックに入れてちゃえばいいのである。

ということでUTMFに採用内定である。
c0206177_17480803.jpg
明るくなったら、自分的桜のカタクリのつぼみが膨らんでいるのが見れた。もう少しだ。
けど、今日は雨だったが朝の方が暖かかった。夜は寒かったよ。武蔵村山市の明朝は⛄️マークなんだけど...  寒い1日になりそうだけど、仕事だから別にいいや。

by nao-yamaniiku | 2018-03-20 21:10 | ランニンググッズ | Comments(2)
山の時間が欲しい...
昨日の日曜日は先週と同じ。
同じ時間に一番電車で武蔵五日市駅へ行き。帰りの電車も先週と同じ、11時2分発に乗るのが絶対条件である。同じようなコースだけれど今熊山へは行かず。先週は今熊山への往復共、沢戸橋でハセツネ30kの試走軍団に出会った。試走者に会うのはなぜか惨めな気持ちになりそうなのである。別に堂々としてればいいが、そこらあたりが気の弱いオレ様なのである。ゆえに脳疾患野郎ということさ。
c0206177_06392456.jpg
まずは金毘羅山辺りでうろうろする。登ったり降りたり...  調子を確かめる。緩い登りは走れるのでまずまずと思った。
4時間ほどの時間なので、めいいっぱい身体を動かそうと、撃沈歓迎であった。

先週辿った戸倉城山のぐるりコースを5回城山に登る。
ぐるりは2kmないぐらい。累積標高は230mほど。1周目は24分だった。まあ、30分ぐらいでひと回りかな。
しかし、戸倉城山は遠目で見てもとんがってる。標高は400mちょっとだけど急登。登りながら自分にとっては、戸倉駒ケ岳、あるいは戸倉槍かな、なんて思った。
c0206177_06460437.jpg
標高が低いので、たいがい五日市方面は眺められる。

先週より登り降りはいい感じ。今日は登りでのバランスを崩さないように意識した。いい加減な足付きはしない。大股にしないけどスピードは落とさない。

ランナーは1人だけ。登山者も少ない。静かな山行きだった。休日の低山で人のストレスなく歩めるのはいい。
c0206177_06512367.jpg
4時間18分。21.71km。累積標高は1948mだった。
追い込みが足らずか、まだ走れそう...  距離はともかく、せめて6時間ぐらいの山行きが出来るといいが... 累積標高も3000mぐらい稼ぎたい。

時間を捻出するには夜中に走るしかないか。今一番欲しいのは、山へ6時間行ける時間である。
来週は予定していた日の出ロゲがDNSになったので、その分、山に入れるかも...

by nao-yamaniiku | 2018-03-19 21:35 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
孫3号(女の子)誕生
孫3号が誕生した。
今度は女の子だった。
c0206177_20022482.jpg
まずは長女に感謝。出産までの苦労を労った。それからお兄さんになる孫1号。これからしばらくパパとママは赤ちゃんの面倒で忙しくなり、寂しい思いもするだろう。それから婿であるパパにおめでとうのひと言。

ホントこういうことがあると2年前、くも膜下で逝かなくて良かったと思うよ。生きていると辛いことや試練が多いけど、たま〜に嬉しい事があると生き甲斐を感じるよなあ。

さてさて、孫1号2号はうまく手懐けたが今度は女子だぞ。作戦を練らないと...
まずは孫3号に『ジィジかっこいい』と言われるようにUTMF、頑張らなくっちゃ。

by nao-yamaniiku | 2018-03-16 20:30 | 最近のこと | Comments(2)
UTMFの準備開始
さてと、UTMFの準備でも始めるか、ということで、改めて大会要項をじっくり読んでみた。

やはり必携品の中で分からないのがあるなあ。大会要項をそのままコピペ。
  • 保温のためのフリースなどの長袖シャツ。綿素材は認められません。(*4)
  • *4 保温のための上半身の衣料は=「暖かい空気の層」を作ることができる起毛したミッドウエアと称されるフリースやウール、薄手のダウンなどのことです。薄手のアンダーウェアは認められません。

これって、ウィンドブレーカーのようなジャケットじゃダメなのかな?  このオレ様は『起毛したミッドウェアと称されるフリースやウール』なんて持っておらん。っていうか、何のこっちゃ分からん?  naoさんレベルの低山野郎には不要なのである。『起毛』という単語は何だ?聞いたことがないぞ。

帰りに御徒町に寄って復活したアートスポーツとお隣のモンベルへ行ってみた。
c0206177_07165066.jpg
アートスポーツのウィンドウはUTMF仕様になっていた。

なるほど、キミたちのことか...  
で、どうする?買う?    でも、もう少し情報収集してウィンブレーカーでもいいのか調べるか。いつものもったいない病が発症...
それでもせっかくだからとソックスを買って帰った。練習用は、どいつもくたびれているのである。

それよりも問題は、大会会場の富士山こどもの国まで、どうやって行くかだ。どうやらUTMFのHPにあった富士急のバスは、もう満杯のようである。みんな早いなあ...   当たり前か。
一瞬、いろいろ面倒なことばかりだからDNSにするか、なんて思ったり。
相変わらずトロいので取り残されてしまうのである。
さて、どうするか?   あー面倒っちぃ。

ちなみに御殿場駅から18kmほどのよう。走るか...  ふん、ウォーミングアップさ。
いつもの朝ランは、UTMFの大会会場まで走るためのトレーニングなのか...

by nao-yamaniiku | 2018-03-14 21:38 | UTMF | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
今後の予定
9月9日(日)
トレニックワールドin外秩父 43km

10月7日(日)〜10月8日(月)
ハセツネ 71.5km

11月10日(土)〜11月11日(日)
神宮外苑チャレンジ24時間走 
  
最新の記事
三連休の過ごし方
at 2018-09-24 22:19
村山会ハセツネ前の巻
at 2018-09-21 23:03
ブログ9年経過
at 2018-09-18 22:35
東飯能〜巾着田の曼珠沙華〜顔..
at 2018-09-16 19:07
ジム練はやり切れる
at 2018-09-15 21:23
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ