nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
故障の備忘録
自分備忘録

負傷から24日目。
もう、こんなに日数がかかっているのか…
転倒翌日は一週間ぐらいで良くなる感じだった。でも、1週間後の日曜日に右肩の痛さは増して、何も手に付かなかった。以来、痛さは続いている。

今も起きている間はずっと痛む。でも、肩は回せる。利腕の右肩なので何かと不自由だと思われる。でも、箸は使える。書き物やパソコンは出来るが、5分もすれば痛くて休憩。休み休みの作業になるので、当然、機嫌はよろしくない。
歯磨きは大丈夫。髪の毛を洗う時は左手を中心に、でも、右手も使える。髭剃りはようやく休むことなく出来るようになった。
もちろん、会社の若者たちからは『50肩』と失笑されている…  自分でも言ってるが…
とにかく一番痛いのは寝起き。寝るのが嫌だ。相変わらず痛くて目が覚める。起きてから
しばらくは痛みが治まらない。

ランはなんとか立ち止まらず3kmぐらいは走れるようになった。でも、痛いので集中出来ない。右手を胸に当てると衝撃が緩和して少し楽になるのを、昨日の朝のランで発見した。国歌を歌いながら走るか…

日曜日の山ランでは、歩きの登りはさほど影響はなかった。ダメだと思っていた下りは走れるが、転倒が怖い。軽い転倒・尻餅でも首や肩に衝撃を受けそう。
ザックは軽くすれば右肩の痛さは我慢出来る。仕事用のリュックは重たくてダメ。肩が痛い。でも、カバンを手に持ったり、右肩にかけたりするのはもっとダメ。なので、仕事はリュックにしている。

バイクは痛くて乗れず。乗っても右手をハンドルから離す回数が多くなる。なのでリハビリバイクは出来ない。バイクは肩の痛みがなくなってからになるね。

まあ、走れるだけいいとは思うものの、いつまでこの痛さが続くのか… だんだん不安になって来る。どうやら何人かの人たちから言われている神経系かも知れない。痛い部位が肩から肘に移って来ている。

再通院とも思っているが、わずかながら改善している。病院に通ったとしても、この手の故障はすぐに良くなるとも思えない。いつものように、とりあえず自然治癒である。

短い時間ならキロ6分半ぐらいのペースで走れる。トレイルレースならばペース的には問題ないだろう。だけど長時間は辛いな。
『おごせ・ときがわ』まであと10日ほどである。50kmを制限時間の11時間以内でフィニッシュしなければならない。日曜日は35kmを7時間以上かかった。決して手を緩めたわけではない。しかも累積標高はレースより優しかった。日曜日の状態だと、今の時点では完走は難しいと思われる。

じゃ、止めとく?…  まあ、これもひとつの選択。だけど、昨年のハセツネ以来、完走レースがないという、たいへんお恥ずかしい、自分的には緊急事態なのである。
ほんのわずかながら改善されているので、10日の間にせめて完走レベルまで持って行きたいところである。
練習も滞っているので、足は鈍っている。だけど、今のところレースに出ようと思っているが…果たして。
c0206177_12215726.jpg
外にいてもそれなりの美しさ。だけど内から外を見るように出来ている…

by nao-yamaniiku | 2018-06-27 21:54 | 健康管理 | Comments(2)
久しぶりに山へ
ワールドカップのグループリーグも半分が過ぎようとしている。ここまでの感想は、オランダやイタリアが予選敗退したのは「運」が悪かったと思っていたが、違ったね。ヨーロッパの出場国はレベルが高いわ。
そんなわけで普段はテレビをあまり見ないが、サッカー中継に釘付けである。

だけど、サッカーばかり観ている場合ではない。首・右肩が痛いなんて言ってられない。山に行かねば・・・ という事で、始発電車で出かけた。
今日は武蔵引田駅で途中下車してみた。ここからロードを走って、弁天山、網代城山方面に行くのである。
走り始めは小雨が降っていた。右肩も痛む。それでも辛抱しているうちに慣れてきたのか痛みは和らいで来た。だけど超スロージョグである。
c0206177_16505710.jpg
c0206177_16511495.jpg
c0206177_18160661.jpg
弁天山の手前には鍾乳洞あり。入れそう…でも、怖い。この場合、keg氏やkojiken氏を呼ばないとね。なんて。
c0206177_16511692.jpg
とにかく今日は転倒だけは気をつけた。尻餅もダメ。身体の感じでは転倒や尻餅は確実に首・肩にダメージを受ける手応え?だった。
たまに肩を回したり、首をゆっくり回したりして固まらないようにした。
登りは大丈夫。下りは?ダメだと思ったが意外と痛みはなかった。下りは走れる。だけど、雨のため路面はスリッピーだし転倒防止のため、ゆっくりと進んだ。やっぱり平地のランが一番苦手かな。

たまに右肩がズキ〜ン、ズキ〜ンとする。右の首筋がピリピリしたり。でも、ザックを背負っていたがそこが痛くなることはなかった。今日は出来るだけ荷物を少なくしたからかな。仕事用ザックだと重たいせいか右肩が痛くなる。

今熊山辺りで雨脚が強くなった。首・右肩の痛みもあるが、一番うざったかったのは前髪である。こいつが目に入る。なんども手で払いのける。チックショー・・・である。特に下り中は邪魔だった。でもね、髪の毛を伸ばし中なのは秘密である。

その後、戸倉城山〜琴平神社と結局、裏山ファイブもどきのコースになった。
いったん五日市の街に出て、再び、網代城山〜弁天山と戻り、山田の交差点から睦橋通りを拝島駅に進んだ。この頃は晴れて暑くなった。実は500円ほどしか有り金がなかった。荷物も軽くで食料は、戸倉のコンビニ補給したので、お金が尽きてしまって電車に乗れず。こういう時に限ってスイカの残高がない。やっぱりオートチャージにしようか・・・と本気で思った。拝島駅に自転車を止めてあるので、拝島駅まで自走するしかないのである。
故障を抱えてもいつものように資金難で苦労するのである。コーラを飲みたかったが仕方なし・・・ ちょっとぐらいガマンである。

35.32km 7時間13分43秒 累積標高1468 m

でも、このペースじゃ、おごせ・ときがわは制限時間オーバーになるな。






by nao-yamaniiku | 2018-06-24 18:29 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
お灸を据える
4年に一度のワールドカップの1ヶ月間 は、トレーニング時間を捻出するのに大変である。
今回は、都合良く?首・右肩を負傷して走れないので、いつもより時間が取れる。でも、そうは言っても走らないとねぇ。(歩きだけど…)

朝は3〜4kmしか走らない。いや、走れない。この二日間はようやくキロ10分を切って来た。だけど1時間が限度かなあ。右肩は鈍痛が続き集中出来ない。それとも、もう少し走れば痛さに慣れて来るかなあ。
c0206177_21293561.jpg
昨日、昔買った『せんねん灸』を右の首から右肩にかけて、テキトーに5個やってみた。使用後は特に変わらなかったが、寝る時にお灸をした箇所がほんのり火照った感じで痛さはなくなった。『おおっ!』と喜んだ。でも、朝はやっぱり痛さで目が覚めて『なーんだ…』だったよ。だけど、今日は昨日に比べて痛さが和らいだ感じだった。なので、さっきまた同じような部位にやってみた。狭い家でもぐさの臭いが充満して家の人達には不評だけどね。明日はどうかな?

ハタと思ったが2週間ほどで、トレニックワールドの『おごせ・ときがわ』のレースがある。制限時間は50kmを11時間。1時間に4.5km進まなければならない。現在、真っ平らなコースを1kmをキロ10分で走るのが精一杯の身としては、トレイルは辛いな。
戦う前にして戦意喪失である。

by nao-yamaniiku | 2018-06-21 22:22 | 健康管理 | Comments(0)
FT100kと定期検診
大会存続が心配されたFun  Trails  100k、50kのエントリーが始まった。
障害を乗り越えての開催は大会関係者に敬意を表します。
この大会が無くなっても仕方ないと思っていたが、主催者、奥宮氏の熱意と勇気にリスペクトである。それだけにわれわれ選手は、レースレギュレーションのどんな小さなことでも守らなければならないという、責任を感じるね。

どれどれと大会要項を見ると、100kは、当日朝の受付は無くなって前日受付のみになったよう。ということは金曜日に休みを取らなければならない。この時期に休めるかどうかは分からんな。しかもエントリー費は26000円だし。投資するにはリスクが大きい。金額的にアウトドアメーカーのそれなりのウェアは買えそうだからね。→ あくまでnaoさんレベルのお話ですが…
大会に出る出ないはエントリー費によるのかよって、だからダメなのである。

5時スタートは変わらず。これが厄介。
第1回に出た時、チキン野郎は車中泊もほとんど寝れず、前半は絶不調だった。後半の八徳からの登りも眠かったなあ。
前回は不幸な事故があって、そのレポートが詳細にまとめられていた。内容はコースや安全対策が多かった。5時スタートが問題…なんて記載はなかったような?
前にも書いたけど、自分のわがままを言わせてもらうと、制限時間が2〜3時間短くなっても7時、あるいは8時スタートにして欲しいなあ。そうしたら絶好調でスタートラインに立てるんだけど。
まっ、誰も聞いてないけどね。

どのみち神宮外苑24時間走の1週間後だからねぇ。だけど昨年のFT50kは、ほぼ全員がレース中止なのに、自分とあっくんは、中止になる前にリタイアなんて珍しい人達だったのである。
リベンジしたいところだが、こちらも13000円。同じ山域で同じような距離のトレニックワールドだと7000円。レースの格が違う? 50kだとコースはトレニックワールドの方がキツイけどね。

まあ、いろいろ言っているが、今年は出ない、と思う。ハセツネ後は24時間走に注力するよ。

今日は脳の定期検診。主治医が神田の方へ異動するというらしい。この場合、付いていくしかないだろう。でも、先生は変わるらしい。まあ、見守ってくれるらしいが…
今の勤務地からは徒歩圏内なので都合はいい。

2年半お世話になった病院も今日で最後になった。意識なく死を待つばかりの自分を生かせてもらって感謝しかないなあ。
c0206177_18210719.jpg
これは何を表している…  答えがないのが答えだという…

by nao-yamaniiku | 2018-06-19 20:36 | 最近のこと | Comments(0)
今の状態
6月3日に転倒して痛めた右肩・首。でも、転倒翌日からは快方に向かって、6月8日には50%くらいに一旦は改善した。この時点では復帰は早く、週末には山歩きが出来ると思った。
ところが、その週末の6月10日(日)に100%の痛さに復活。この日は何も出来ず家のソファで転がっていただけ。

翌日の月曜日も痛さは同じ。仕事が終わってから、予約していた整形外科に行った。診断は首の捻挫だというが、診断結果が分かっただけで痛さはまったく治らず。

だけど、1週間が過ぎ、ようやく80%レベルぐらいまで治まった。毎日、ほとんど痛さは変わらない。少しずつ…って感じである。
一番痛い時は寝起き。というか痛くて目が覚める。これはずっと続いている。
起きてストレッチ。肩をゆっくり回したりする。そのあとワンコの散歩に行って、帰ると痛みが治まって来る。

痛み止めの薬は処方されたが、いよいよ我慢出来なくなるまでは、飲まないようにしている。『いよいよ我慢出来なくなる…』という感じはくも膜下出血の入院中に人生最悪の苦しみを経験しているので、普通の人よりは鍛えられていると思う。
それにロキソニンなどの痛み止めは、絶対、レースでは使わないと誓っている。レースでは薬に頼らないのである。ケガや故障はレースではないが、なんとなく嫌悪感がある。

このところ毎回、ブログで『痛い痛い』と子供のように騒いでいるが、確かに痛い。だけど、痛い右肩は回せるしパソコンも打てる。字も書ける。箸も使える。はた目で見ると分からないと思う。
当初、大きなダメージがあり、回せなかった首は左右に動かせるようになった。

自分処方してみると、右の首の付け根を押すと『あうんっ…』なんて呻き声が出てしまう。ツンと痛む。そこから肩と腕の付け根の外側が範囲のよう。

ブログで騒いでいるので、いろんな方からご示唆頂いている。結構、同じようなご苦労なされた方が多いのにびっくり。くも膜下の時はお仲間がいなかったけど…   肩、腰といった部位はケガや故障の王道なのだなあ。

前回、行った整形外科にもう一度行こうかと思った。でも、有名なところみたいだけど、今回の自分には合わない感じ。

このまま、少しずつでも良くなってくれればいいけど。毎朝、痛みで目が覚めるとガッカリだよ。
まあ、足は元気。歩ける。ランは衝撃があるのでNG。今週末は山歩きしてみたいものである。

by nao-yamaniiku | 2018-06-18 06:38 | 健康管理 | Comments(0)
京都
去年は奈良に行って、早いうちに京都も行ってみたいと思っていた。でも、なかなか機会はなくて… 結局、一年後になってしまった。
c0206177_15483577.jpg
c0206177_15490338.jpg
当たり前だけど京都は奈良と比べて色彩豊か。歴史をたっぷり堪能したよ。
今回のメインは比叡山延暦寺。最澄、千日回峰行、信長による焼き討ち… など自分の興味がいっぱい詰まっているのである。京都寄りの滋賀県に位置し、ちょっと寄りづらい場所なのでなかなか行けなかった。
c0206177_15492814.jpg
c0206177_15494166.jpg
うん、まあ、なるほど…という感じ。厳かな雰囲気をたっぷりと味わった。
今回の社寺仏閣では『肩、首の完治のお願い』必死に祈ったさ。
c0206177_15500316.jpg
嵐山近くの宿泊だったが、なんでこんなに嵐山へ観光客が来るのか分からなかった。しかも、外国人比率は50%は楽に超えている。どうしてここが…とググってみても答えは分からなかった。。川と橋と低山があるだけじゃん、と思ってしまう。
宿泊の場合、早朝ランが楽しみだけど、今回は2km歩いただけでめげた。
まあ、今はいいや。

来週は良くなっていないかなあ…

by nao-yamaniiku | 2018-06-17 23:52 | 最近のこと | Comments(2)
報われないなあ…
報われないなあ…
小江戸大江戸、UTMFショックから立ち直ったつもりで、秋のハセツネと、神宮24時間に向けて歩みだしたのに…
ところが、待ってましてだとばかりに怪我だよ。転倒した週は日に日に良くなったが、先日の週末からは日に日に痛さが増している。
c0206177_15033687.jpg
痛い部位は右肩横。写真の指で指している辺り。範囲が狭いので一見、大したことないだろうと思うだろう。ところがこれが痛いのなんの。起きている間は痛み続けている
痛さでなかなか寝れず、寝れたと思ったら夜半に痛さで目が覚める。睡眠不足。

こんな時に飲み会が重なる。3日連続で同年代のおっさん達との会である。酒を飲まない自分にはやっかいな会である。喫煙率は高く、飲むほどに声がデカくなり、会話は鉄板なお下品。逃げ出したいよ。自分年代のおっさんの飲み会は迷惑だよなあ。最近は飲み会と名の付くものには苦手になった。
若い女子がおじさん達に拉致られた気分である。

ほとんど練習が出来ないので体重に気を付けなくてはならない。三食共、少しずつ減らして60.0kg台をキープさせている。が、どーでもよくなって、思いっきり食いたい気分にもなる。まったくストレスが溜まるぜ。

この週末は京都へ行くので練習はお休み。どうせ山なんて行くどころではない。だいたい走れないし。危ないからトレイルランなんてしねーよ。
京都でリフレッシュ?そんなのないな。とスネまくりなのだ。


by nao-yamaniiku | 2018-06-15 22:30 | 最近のこと | Comments(6)
オオタカの巣
c0206177_18265369.jpg
自宅のそばに緑地がある。
その緑地にこの3年ぐらいかなあ、オオタカが巣作りしている。自宅から300mほどの距離である。

駅への道沿いのため、毎朝、通る。この時期は、カメラマン、バードウォチャーがオオタカの巣を見守っている。
c0206177_18263923.jpg
なんでこんなところに?と思う。巣立ちが終わってもこの巣は壊れることなく春を迎える。大雨、台風、積雪を切り抜けている。冬になると葉が落ちるので、この巣は目立つ。あと、何年、この巣を使うのかなあ。
c0206177_18300181.jpg
カメラマンの方に幼鳥を見せてもらった。どうやら2羽確認出来ているとのこと。
無事に巣立ってもらいたいものである。

だけど、そんな気持ちの余裕があるわけでなく。すさんでいる。今日も朝から右肩が痛くてダメ。ジョグノートは空欄ばかりになっているが、どうでもいい。この痛さがなくなって欲しいよ。


by nao-yamaniiku | 2018-06-12 21:54 | 最近のこと | Comments(0)
肩が痛くて重症
土曜日は左肩が痛かった。痛むけど沼津〜箱根へドライブ。ちょっと仕事で確認したいこともあったのだ。運転には支障なかったけれど、この1週間で一番辛かった。
c0206177_06542407.jpg
c0206177_06574322.jpg
人気の店で海鮮丼を食べた。そのぐらいはたまにはね。

ところが昨日の日曜日の朝になると、今度は右肩が痛くなった。土曜日あんなに痛かった左肩は、違和感はあるけれど大丈夫。何故だか分からん… あまりにも痛く何も出来ず… ほぼ一日、横になっているだけだった。

パソコンやスマホは打つのが辛い。テレビも面白くないし…  もう一度、観たかった『風と共に去りぬ』を3時間50分ほど鑑賞。普段、休みの日にこういうのんびりな時間はないからね。愚息がamazon primeに契約しているのである。これは便利。
貧乏学生の頃は、頻繁に名作映画館などで寝ていた。昔は入替もなかったし、夏は涼しく冬は暖かいからね。
ある時、『風と共に去りぬ』を終盤、起きて観ていた。エンディングは呆気なかったが、ビビアン・リーがラストの名言。『tomorrow is another day』と言ったのに反応した。翻訳では『明日は明日の風が吹く』だけど、受身的ではなく、自分で希望を創り出す明日って感じじゃないかな。悶々としていた若い頃だったのでハッとさせられた…懐かしい思い出があるのだ。
ちなみにこの映画は1939年製作。日本はノモンハン事件で大戦に近づいていた。ヨーロッパでは第二次大戦が勃発した。そんな時代にこんな映画を作れたアメリカと我が国は、あらゆる面でハセツネトップとnaoさんぐらいのレベルの差があったのである。
愚息が帰ったら、amazon primeから199円使ったメールが来たようで叱られた。最近は子供達に叱られることばかりである… お見舞としては安いだろ、と返しておいた。

夜は痛さで寝れず、階下のソファで寝る方が少しは楽だったので、ワンコ2号と寝ていた。というかまどろむだけ。ヤツの身体に右腕を置くと案配がいいのである。

朝の通勤電車に乗るまでは痛かった。が、会社に着く頃、痛みは少し柔いだ。条件反射か?でも、都合はいい。

昨日ほどの居ても立っても居られない痛さはなかったが、それでも痛いものは痛い。いや、痛すぎる。
仕事が終わって、昨日、ネット予約していた会社近くの整形外科へ行った。
割と有名な整形外科でリハビリが売りみたい。首と右肩のレントゲンを撮って、骨には異常なしとのこと。結局、首が原因の捻挫でしようということで、リハビリをするか聞かれた。が、面倒くさいので薬と湿布を1週間分、処方してもらった。この世界は分からないなあ。早く治りたいよ。

この1週間は、歩いた日はあったがノーラン。土日に山に行けなかったのは残念だけど仕方ない。今は、首、肩を治すのが優先である。次の週末は予定があるので山には行けず。

とにかく昨夜は痛くて寝れず、睡眠不足で今日は一日中眠かった。さっさと寝るわ…

by nao-yamaniiku | 2018-06-11 21:45 | 健康管理 | Comments(0)
過去の大怪我と故障
c0206177_11274412.jpg
だいぶ雪解けが進んでいる… 頭の問題があるので2年間ほど行っていないが、今年は行けるかなあ…

長く運動を続けていれば、怪我や故障を覚悟しなくてはならない。その度合いが最悪の場合、命にかかわることもあるし、競技が出来なくなる場合もある。

特に山走りやバイク(この数年ちょっとだけど)は、毎年、何人もの方が事故で亡くなっている。歳も歳だし最悪のことも考えておかなければならない。その前に最悪にならないように日々注意すべき。もっとも人様からは、そんな危ないのは止めればいいのに…と言われるだろうが、生きて行く上での"生きがい"に選んだ場合、仕方ない…で片付けるしかないのである。

自分が最悪な怪我や故障は過去2回。
2004年と2006年に経験した。

2004年は5月にバイクでコーナーに突っ込み、左肩を強打。脱臼して包帯が取れたのは夏が終わった頃だった。時期が時期だったので痛いけど、痒くてもかけないもどかしさを思い出すなあ。
2006年は今まで縁のなかったなかった腰痛。あまりにも酷くて歩くのもままならず。夏頃、ようやくバイクに乗れるようになり、秋頃、少し走れるようになった。結局、完治までは1年近くかかった。
これは辛くて、もう、二度とハセツネに出れないと思って、泣いた夜も一度じゃなかったなあ。当時、二十歳だっかな?長女に慰められたことを今でも感謝している。彼女は忘れているだろうけどね。

歩きなら大丈夫なので、今朝は時間が少し取れたこともあり朝ラン、いや歩きをした。
小走りにゆっくり走る、歩く分なら何とか痛みは我慢出来る。3kmぐらいするとこなれて来る。試しに走ると首や肩に衝撃があり、痛みが増して、即、スピードを緩める。
小走りしていると前傾姿勢になっているのを気づく。身体を起こすと痛む。前傾が楽である。

11kmを1時間47分ほど。キロ9分40秒ペース。
まあ、これで十分だね。歩ければ山に行ける。
昨日から痛い部位が首から右肩に移動した。でも、走り終わったら左肩も痛くなった。
背中の上部のいろいろな部位が痛くなり、どこが本当に痛いのか分からない。
c0206177_11273195.jpg
ストレッチも首や肩をケアしながらゆっくりである。


by nao-yamaniiku | 2018-06-07 23:37 | 健康管理 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
今後の予定
9月9日(日)
トレニックワールドin外秩父 43km

10月7日(日)〜10月8日(月)
ハセツネ 71.5km

11月10日(土)〜11月11日(日)
神宮外苑チャレンジ24時間走 
  
最新の記事
今日は箱根まで
at 2018-10-18 22:52
UTMFエントリーしてみた
at 2018-10-17 23:04
自分的クールビズ終了
at 2018-10-16 22:44
今日はジム練
at 2018-10-14 21:30
運動会見学
at 2018-10-13 20:02
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ